オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

1月, 2010 のアーカイブ

スタイリッシュで暖かい隠れ家、ランブータン

Thai steamed dumpling w chicken, prawn & sweet corn w plum sauce (4) $12

Miang (betel leaf) w smoked trout & grilled chilli eggplant relish (g) 各$ 4.5 (グルテンフリー)

Salt and pepper squid w Thai dipping sauce (g) $14 (グルテンフリー)

flaming ginger & lemon pina colada i scream $16

入り口から見えるおしゃれっぽいオープン・キッチンのタイ・レストランは外から見てもモダンでスタイリッシュな雰囲気。オープンして2年半の同店でまず驚かされるのが、スタッフの対応。なんとフレンドリーで真摯で温かいのだろう。階下のカクテル・バーはムッソーニの照明が華やかで、壁もムッソーニのフリンジで包まれムッソーニ特有の色使いがナチュラル感を出しているが、カウンターにある仏像などでエキゾチックかつアジアな雰囲気も醸し出されている。一歩階下に踏み入れると、ここがオックスフォード・ストリートということはすっかり忘れてしまいそう。
まずカクテルから。シグネチャー・カクテルである「アップル・マティーニ」は飲みやすい大人の味。そして驚くのがパフォーマンス性抜群の「ジンジャー・ピニャ・コラーダ」。ライムの上にジンジャーを乗せ、強いアルコールをふりかけ火をつけて、ピニャ・コラーダの中へ沈没される。わくわくと楽しめる演出もさることながら、味がフレッシュで美味しさに身が震える程。夏の暑い日には(取材当日は40度の日だった)、暑さも吹き飛ばしてくれるだろう。アルコールが飲めない方にはモクテルも豊富にそろっている。
料理は、NSW州で一番のタイレストランなだけあり、そして、オーストラリアでも5本指に入るだけある! オーナーが好きな日本人関係レストランは「Tetsuya’s」「吉井」なだけあり、そこら一流店と並んでも劣らない味わい。
ビートル・リーフのオントレは、ヴェジタリアンにもノン・ヴェジタリアンと同様に楽しんでもらえるようにメニューが作られている。ノン・ヴェジタリアンのティー・スモークド・トラウトとビートル・リーフの味わいは絶妙。
ほかも、オーナーが「料理にパッションを感じる人に食べに来ていただきたい」と言うのがうなづける質の高い料理ばかりで、トラディショナルなメニューにも裏切りがないどころか、新たな味わいの発見がある。例えば「ソルト&ペッパー・スクイッド」というメニューはどこの中華やヴェトナム、タイ料理店にもあるありきたりなメニューなのだが、同店の「ソルト&ペッパー・スクイッド」を一口食べてみれば違いが一目瞭然だ。タピオカの粉を衣にすることで、脂っこさを激減させ、驚くほど軟らかなイカがソフトな衣で包まれていて、そのままでも口に入れた瞬間驚きがあるが、レモンの効いたディッピング・ソースのフレッシュさが新たな驚きをくれるだろう。それはシュウマイ(dumpling)も同様。チキンと海老にスィート・コーンを混ぜるという斬新さが口の中で炸裂。ナッツ・アレルギーの人にも優しく、グルテン・フリーのメニューも用意されているところが、万人に楽しんでもらいたいというオーナーの心意気を感じさせる。
スタッフの温かさにもオーナーの意志が繁栄されていて、オーナーはスタッフを家族のように接する。すると、スタッフはお客様を家族のように温かく迎え、その心が必ず客にも伝わる、というオーナーの人間性が同店のサーヴィスの素晴らしさに繋がっている。
料理、雰囲気、サーヴィスともにオックスフォード・ストリートで一番のレストランを目指すだけある、絶対に一度は訪れたい店だ。そして一度訪れたら間違いなくリピーターになるだろう。この味わいでこの料金はラッキーとしかいいようがない! 8人以上だと1人$55というお得な10コースのバンケット・メニューがあるのも嬉しい。

rambutan 
96 oxford st, darlinghurst nsw 2010 
☎(02)9360-7772
ランチ、金曜のみ ディナー火~土 6時~11時(金曜日は午前1時まで)
カクテル~午前3時
酒類ライセンスあり

Score 13.5/20 by SMHGFG2011

広告