オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

三方を海に囲まれた堂々のワン・ハット店 ザ・ボートハウス・オン・ブラックワトル・ベイ

ベイビー・ビートルートのマリネ($27)

ひらまさキング・フィッシュのスモーク($27)

レザー・ジャケット、アワビとシイタケ、ダック・コンソメ($41)

店内

グりーブ地区、フェリー・ロードの終点、シドニー・シティを背にしょったフィッシュ・マーケット、左手にはアンザック・ブリッジを望める位置にあるシーフード・レストラン。三方がガラス張り、海に突き出しているので眺めは抜群、特に夜はシティのきらめくネオンが一望できて雰囲気抜群。角の席では、まるで夜の海に浮かんでいるような気分で食事が楽しめる。

シドニー・ロック・オイスターで有名な同店、通常2年半程が食べごろの生牡蠣、取材時は5~6年ものを4種も取りそろえていた。日によって仕入れ先が代わるが、当日は9種のシドニー・ロック・オイスターが。シャンパン・ヴィネガーでいただく。その他のメニューは毎日代わるそうだが、2種類だけ代わらないのが、人気のポテト・ブリニ(じゃがいものパンケーキ)にオーシャン・トラウトのキャヴィアを載せた一品(40g$36、50g$45)とスナッパー(タイ)のパイ($48)。
シェフのコリンのチョイス、ベイビー・ビートルートのマリネは、ヴェジタリアンなアントレ。酸味が芯まで効いたビートルートとかぐわしく口当たり滑らかなゴートチーズ、ベイビー・ハーヴとパインナッツの相性はあっぱれだ。ひらまさキング・フィッシュのスモークは脂がのってコクがあり、真ん中はレア、そのままでも充分味わいがあるが、それにトマトベイスの野菜のソースに香ばしいアーモンドとほんのり甘いレイズン、ごく薄切りのチョリソのハーモニーが素晴らしい。
サーヴ時にダック・コンソメを注いでくれるメインのレザー・ジャケットは、まず、ダック・コンソメに身震いが起こる。しっかりとした食感のレザー・ジャケット、噛み心地の良いアワビ、そして、シイタケ、紫ベイビー紫蘇とショウガの薄切り。ゴマ油もすごいアクセントになって、口の中で見事なハーモニーの合唱が起こる感じ。
同店のアルコールはスパークリング・ワインが2種、シャンパンが8種に始まり、ワインは国内、NZ、フランス、イタリアと100種類以上も勢揃い。ハーフ・ボトルが7種あるのも嬉しい。
デザートはアール・グレイのアイスクリーム($18)、白桃のソルベ($18)などがあり、人気はジャム・ドーナッツ($18)だそう。
週末は予約必須。100人までのウェディングなどのファンクションにもよく利用されるそうなので、この上なく贅沢でロマンチックなウエディングを考えている人はぜひお問い合わせを。

The Boathouse on Blackwattle Bay
Ferry Road, Glebe
☎(02) 9518 9011
ランチ(木~日)12PM~、ディナー(火~日)6PM~
酒類ライセンスあり

★1 Hat, Score 15/20 by Sydney Morning Herald “Good Food Guide 2011”

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中