オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

04/05/2011 のアーカイブ

美味しく飲める料理が勢揃い、サケサケ

キング・フィッシュ・ハラペーニョ($18)

ビーフたたきテンダーロイン($14)

とんかつ($18)

サケサケ弁当(ランチ)($28)

黒糖ブリュレ($7)/グリーン・ティ・パンナコッタ($9)

マットな黒が基調の店内、日本の布地で作られたクッションが何段にも重なり合うシート、高い天井…。レストラン、デリ、カフェ、スーパーが中庭を囲んで並ぶ、キャメレイに位置する近代的でお洒落なコンプレックスの中にあり、5月で1周年を迎え、週末は満員の人気レストラン。
店名にあるように古酒、甘めの食前酒、焼酎、生原酒、濁り酒などを含めた日本酒が40種類そろっている。月曜日は日本酒のみ2杯目は無料というサーヴィスがあり、さまざまな種類を飲みたい客に好評を得ている。ワイン・リストもは80種類という充実度。
お酒と一緒におすすめのメニューは「ビーフたたきテンダーロイン」。塩コショウして焼いた牛肉に大根おろしを挟み、しょうゆと野菜べイスのソースで白髪ネギと一緒にいただく。日本人の口に合う食べやすい一品。一方、軟らかくて驚いた「とんかつ」は特別なポークロインと生パン粉を使用(そのせいか、油こくない)、とんかつソースと八丁味噌ベイスの2種類のソースが楽しめる。ほか、脂の乗ったブリをあっさりといただける「キングフィッシュ・ハラペーニョ」もおすすめ。
ランチで大人気のサケサケ弁当は、驚きのボリュームで、お刺身の盛り合わせは4種類、海老2本と野菜5種の天ぷら、白身魚の西京焼き、チキン照り焼き、カリフォルニア・ロール、卵焼きと豪華絢爛。「お子様連れのお母さんたちがよくランチにいらっしゃいます」とマネージャーのアレックス。なるほどビジネス・ランチにもいいが、豪華なママ友ランチにもおすすめ。
フレンチのスー・シェフがいるという同店、シメには欠かせないマスト・イートなデザートが勢揃い。一押しは、沖縄のヤンバルという黒糖を使用した「黒糖ブリュレ」。ほろ苦いカラメルの層を割ると、なめらかでコクのあるカスタードが。もう一品「グリーン・ティ・パンナコッタ」はあっさりとして甘すぎず口当たりなめらかで香り高い抹茶味のパンナコッタと、梅酒を使用した日本梨のコンポートが上品な一品。週末は予約必須。月曜日から木曜日までは、いつも飲めない種類の日本酒を紹介させてもらっている、とのことなので平日もぜひチェックしてみて。

SakeSake
Shop 16, Stockland, 450 Miller St., Cammeray
☎(02)9922-2288
ランチ(火〜日)12PM~2:30PM、
ディナー(無休)5:30PM~9:30PM(金土10PM)
酒類ライセンスあり

広告