オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

1月, 2012 のアーカイブ

元ビリー・クォンのヘッド・シェフの店、バー・エイチ

「シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイド」2012年度でニュー・エントリーを果たした、「お洒落で静かなカジュアル・バー」がコンセプトの店。黒が基調の店内、赤い箸がテイブルに並び、カリビアン・ミュージックが流れる。壁一面のワインは、リストに実に50種類ものスパークリング、白、ピンク、赤とあり、ほかにカクテルやビールもそろえている。オーナー・シェフのヘイミッシュ・インガムは、全豪でその名を知られる中国系セレブ・シェフ、カイリー・クォンのレストラン、ビリー・クォンで10年間ヘッド・シェフを務めた実績を誇る。
料理はモダン中華。味は間違いなく中華なのに油こさがなく、生の素材を生かした料理が多い。ヘイミッシュにシグネチャー・ディッシュを尋ねたところ「『タイム・アウト』誌や『トラベラー』誌でも紹介されたように、刺身かな」と。「ヒラマサの刺身」は皿に敷き詰めた刺身の上にエノキ、オイスター、キクラゲと3種類のキノコが和えてあり、たまりじょうゆとオリーブ・オイルで味つけ。日本人にとっては「刺身」と言われると反論したくなるかもしれないが、要するにカルパッチョ風の一品だと思えばいい。「生イカと大根のサラダ」は、こちらもイカの刺身を使っていて、漬けた大根との相性が抜群。味付けはクラゲの和え物を思いださせるようなロースト・ガーリックとしょうゆベイスの味付けで、日本人の舌にもよく合う美味しさ。「蒸し魚」は取材の日は身の詰まった淡白なスナッパー(タイ)。中華しょうゆベイスで基本的中華の美味しさを洋風でモダンな盛り付けで堪能できる。
ア・ラ・カルトのほかヘイミッシュ・バンケット($75)もあり。また、ヘイミッシュは月に1~2度の頻度でクッキング・クラスも開催しており、3コース・メニューと3種類のマッチング・ワイン付きで受講料は$165。日程は公式サイトでチェックを。

生イカと大根のサラダ($21)

ヒラマサの刺身(1人$8/写真は2人前)

蒸し魚(時価)

 

 

Bar H
80 Campbell St Surry Hills
☎(02)9280-1980
火~土6PM~Late
酒類ライセンスあり

*2012年1月31日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集)
New Entry, Score 14.5/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)

広告

情熱的に真っ赤なデザートは爽やかな味わい、フラテッリ・パラディーソ

メランザーネ・クレッシェンサ($19)

パスタ・スキャンピ($34)

デザート・ロッソ($12)

キングス・クロスからポッツ・ポイント方面に歩いて10分ほど、マックレイ・ストリートからチャリス・アヴェニューに入ってすぐの店。早朝から夜までの通しで開いている繁盛点で、予約を取らないイタリアのトラットリア・スタイルのため6時過ぎには店の外に人が並んでいる。メニューは、黒板になっている壁一面に白のチョークで書かれてあり、とてもカジュアルな感じで、わいわいと食を楽しむまさにイタリアンな雰囲気に溢れている。 イタリア在住中にこの店のヘッド・シェフにハンティングされたという日本人のトシさんいわく、「できれば毎日でも食べにきてほしい(笑)」とのことで、毎週メニューを変えるのもそのため。そのかいあってか本当に朝昼晩と1日3回来てくれる常連もいるという。素材もこだわりがあり、オーガニックやワインも多く使用しているが、「オーガニックだけにこだわっているわけではなく、美味しい健康にいいものを求めたらそうなった。」とトシさん。 ヴァレンタインのために作ったような、赤ワインのプラム・コンポート、ざくろ、そしてミックス・ベリーのソルベの真っ赤なスウィーツ「デザート・ロッソ」は、甘酸っぱさが口に広がるさわやかで新鮮な一品。マスカポーネがたっぷりのティラミス($12)もファンが多いデザートだ。 料理ではグリルしたナスとクレッシェンサ・チーズをオリーブ・オイルとバルサミコでマリネしたアントレ「メランザーネ・クレッシェンサ」がおすすめ。クレッシェンサ・チーズは牛が疲れた時に出す特別なミルクで作られたチーズだという。 シグネチャー・ディッシュのひとつ「パスタ・スキャンピ」はニュージーランドの新鮮で甘いスキャンピと究極のアル・デンテのスパゲティがトマト味で絡み合い、フォークが止まらない美味しさ。

Fratelli Paradiso
12-16 Challis Ave., Potts Point
☎(02)9357 1744
月~土7AM~11PM、土7AM~5PM
酒類ライセンスあり

*2012年1月6日の情報です。(Japaralia February 2012 スウィーツ特集掲載)
Score 14/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)