オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

ファイン・ダイニンング級タパスをカクテルやワインと、エミロウ・タパス・バー

黒の外観に真っ赤な店内、通りより一段高い位置にある正面入り口前のテラス席からはバーク・ストリートを見下ろす形になる。洗練されてはいるが同時にカジュアルな雰囲気の造りが、オーナー・シェフのクリスがスペインでよく通っていたバル(タパス・バー)に似ているという。
タパスといっても同店ではモダンかつファイン・ダイニング級のクォリティのものを提供している。しかもオリジナリティに溢れていて、特別メニューの16時間煮込んだという「ポーク・ベリー」は、フレンチ・スタイルの極めの細かいスムーズな人参のピューレをソースに、グリルして焦げ目をつけカラメライズドさせたイチヂクを添え、まるでフランス料理のような豪華さ。味も絶品で、煮込んだために油もそぎ落とされ胃にも優しい。
シグネチャー・デイッシュの「ズッキーニ・フラワー」は中に詰められたクリーミーで酸味のあるゴート・チーズとトリュフ・ハニーの濃厚さにとろけてしまう。ほかにも人気のブラック・ガーリック・キング・プロウン、マトウダイと豚のほほ肉のグリルに、イカ墨のパエリア($33)などパエリアも3種。
デザートも極上だ。「チョコレート・タルト」は濃厚で甘くなくビートのチップとオレンジの皮が味のポイントになり、添えられたピーナッツ・バターのアイス・クリームも最高。
カクテルにもひと工夫ある。焦がしパイナップルのダイキリ($18)はここでしか飲めないオリジナル。ポーク・ベリーとマッチするとすすめてくれた。
月曜は全てのカクテルが$14、木曜はパエリアとサングリアで1人$25、金曜はデガステイション・メニューとマッチング・カクテルまたはワインが$99、など毎日スペシャルがあるのも楽しい。
金土は絶対に予約が必要だが、夜遅くまで営業しているのが嬉しい。また、シーフォースにワイルド・バンチ・フード&ワインという系列店もある。

Burnt Pineapple Daquiri 18

Stuffed zucchini flowers w goats cheese & truffle honey 23

Pork belly w spiced carrot & honey puree 30

Chocolate tarte w beetroot & peanut butter icecream 14

Emmilou Tapas Bar
413 Bourke St., Surry Hills
☎(02)9360-6991
ランチ(金土)12PM~5PM、ディナー(月~土)6PM~深夜
酒類ライセンスあり

*2012年2月2日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集)
Score 13/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中