オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

1月, 2014 のアーカイブ

2011年ベスト・バー・ワイン・フード賞受賞、ブラッドウッド

ブレイズド・ポークのサラダ($21)

ブレイズド・ポークのサラダ($21)

ベイクド・バラマンディ($32)

ベイクド・バラマンディ($32)

ブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)

ブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)

bloodwood_ex2w

bloodwood_inw

bloodwood_in2w

2011年度SMSGFGでベスト・バー・ワイン・フード賞受賞の本格店。看板が古いドアをカットしたもので、独特のおしゃれな雰囲気を漂わせている。中は入り口にバーがあり、奥の2階がダイニング・ルーム、そしてその奥にテラス席があり、下には個室がある。天井に使い古した戸と裸電球がぶら下がっていたり、壁から鋭角な電球が突き出していたり、プライヴェート・ルームの仕切りに空のボトルを使用したりと斬新なデザイン。インテリア・デザイン・エクセレンス・アワードのベスト・ホスピタリティ&サステナブル賞を受賞したデザイン。
独創性満点なメニューの中でも、一番人気はゴルゴンゾーラ・ソースをディップして食べるポレンタ・チップス($9)。ひよこ豆のパンケーキのソッカ($18)の人気も高い。ブレイズド・ポークのサラダ($21)はいきなり口のなかにポークがとろけて驚く。チリの効いた自家製のマヨネイズとキュウリ、クレソンと青リンゴがさわやかなサラダだ。ベイクド・バラマンディ($32)は味噌と水菜をソテーして、ブロッコリーナや自家製ベイビー・ロータス・ルート・ピクルスと合わせた一品。日本人には懐かしくもありながら、それでいて新しい味。
デザートでは大人の味のブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)がおすすめ。エッグノッグとチェリー、パウンド・ケーキとポート・ワイン・ゼリーにヨーグルト・マスカポーネという抜群の組み合わせ。フレンドリーなスタッフがそれぞれの料理に合うワインもすすめてくれるので、ぜひトライしてみたい。

bloodwood
416 King st, Newtown
☎ (02)9557-7699
■月・水~木5PM~Late、金土12PM~Late、日12PM~10PM
◇酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia January 2014 ニュータウン特集掲載記事)
Score 14/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)

広告

カフェで食べる最高級のパイとスイーツ、ブラック・スター・ペストリー

ストロベリー&ウォーターメロン・ケーキ($7)

ストロベリー&ウォーターメロン・ケーキ($7)

カネル($3.50)

カネル($3.50)

ラム・シャンク&レッド・ワイン($7.80)

ラム・シャンク&レッド・ワイン($7.80)

オーナー・パティシエ、クリストファー

オーナー・パティシエ、クリストファー

blackstarpastry_ex

ニュータウン、オーストラリア・ストリートのローカル裁判所の目の前にある小ぢんまりとした店。ひっきりなしの来店客を前に、「5年前ににオープンした時はこんなに流行るなんて思わなくて」と控えめに語るオーナー・パティシエ、クリストファーは、ファイン・ダイニングのキー、その後の2ハッツのフレンチ・レストランのクロウズでの5年働いた経歴の持ち主。
同店の一番人気はストロベリー&ウォーターメロン・ケーキ($7)。真ん中にはいったスイカのスライスがあっさりしていて未体験の美味しさ。
ケーキだけではなく、ペストリー、パン、パイ、キッシュなど全部手作り。ラム・シャンク&レッド・ワイン($7.80)はワインの香りのラムが唸るほど美味しく、まわりのペストリーが極上のパリパリ感。リーキとゴート・チーズのキッシュ($6.20)も香り高くコクがある味わい。それでいて食後のヘヴィー感はゼロ。
パンもビートルートとウォールナッツのパン、スイートポテトとラヴェンダーなどアイデア抜群。いずれも通い詰めてすべてトライしたくなる店だ。
いろいろ試して新作ケーキを考えるのが好き、というクリストファー。1月にはローズベリー店もオープンすることになっている。(住所:Cnr Dunning Ave & Hayes St, Rosebery)。そこは店のスペイスもより広く、炭火の釜もあるという。そこでまた新作を考えたい、というのは彼の新作を待っている同店のファンにとって何よりの朗報だ。

black star pastry
277 Australia St, Newtown
☎ (02)9557-8656
■7AM~5PM

*2014年1月の情報です。(Japaralia January 2014 ニュータウン特集掲載記事)