オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

投稿者アーカイブ

いつ食べても安定した美味しさのラーメン各種、めんやチャイナタウン

プリンス・センターのアルティモ・ストリート側の正面エスカレイターの左脇にあるラーメン専門店。スープの味を常に一定に保ち、いつ食べても安定した美味しさから日本人ファンも多く、午後3時や4時といった中途半場な時間も客足が途絶えることがない人気店として定着。
ラーメンのスープはとんこつと鶏ガラの2種類をベイスに、それぞれしょうゆか味噌が選べるほか、鶏ガラの塩もあり、定番人気はなんといっても店名を冠した「めんやラーメン」(塩$10〜とんこつ味噌$11.50)で子供や少食の人のためにミニ・サイズ(同$8.50〜$9.30)があるのは嬉しい限り。
めんや塩ラーメン($10)は、しっかりした鶏ガラ・スープながらあっさりしていて非常に食べやすく、女性にファンが多いのもうなづける。
つけ麺($12.90)は、魚介の風味が食欲をそそるコクのあるスープが太麺とよく絡んでツルツルいただける。
一方、パンチの効いた辛さがやみつきになる辛味(からみ)ラーメン($13.30)も4種類のスープから選べるが、とんこつは肉味噌の辛味をマイルドにさせ、鶏ガラは逆に辛さを強調するそうで、その日の気分で食べ分けられる。
ほかにも九州出身の本紙記者も太鼓判の本格博多とんこつ($10)は替玉1玉無料だし、とんこつしょうゆまたは鶏ガラしょうゆのめんやラーメンにギョウザ4個、そして4種類から選べるミニ丼のお得なセット($16.90)、蕎麦やうどん、丼ものにカレー、一品料理にサラダ各種もそろっていてヴァラエティが豊かなメニュー構成。

menya1_w
つけ麺(とんこつしょうゆ$12.90)

menya2_w
めんや塩ラーメン($10)

menya3_w
辛味ラーメン(とんこつしょうゆ$13.30)

menya_ex_w
めんやチャイナタウン
Menya Chinatown
Shop TG8, 8 Quay St., Haymarket
☎ (02)9212-1020
11:30am-9:30pm 無休

*2016年11月の情報です。(Japaralia November 2016 Chinatown特集掲載記事)

広告

こだわりのコーヒーとお洒落なカフェごはん、ブリュウリスタス

グリーブのグリーブ・ポイント・ロード沿いのカフェ、ブリュウリスタス。店内すぐのテイクアウェイのコーヒー・カウンターう抜けると奥には長テイブル、そしてさらに奥にはテラス席があり、日中はほとんどの客がテラス席でくつろぐカフェ。コーヒーは、エスプレッソ($3.5)だけではなく、サイフォン式($6)やコールド・ドリップ($5)もある本格派。
料理は1日中楽しめる朝食とランチ・メニューから成り、カフェには珍しく自慢はカニ。エッグ・ベネディクト($14)は、ベイコンやサーモンなど6種から選べるが、その中でブルー・スウィマーというカニ・コロッケ($6)が一番人気で、フィッシュ・マーケットでも働いた経験もあるシェフのアダムが、缶詰ではなく新鮮な生のカニを使って手作りする揚げたてのコロッケに、大根のピクルス、オランデーズ・ソースにポーチド・エッグは斬新な組み合わせだ。カニ・バーガー($16)もそのコロッケを使っていてこちらもイチオシ。
「ザ・ファット・ボーイ」($15)は、ふわふわのスクランブル・エッグ、ボッコンチーニ・チーズ、アヴォカド・マッシュをブリオーシュに挟んだ一品で、チリ・ジャムのパンチが魅力的。
アヴォカド&ゴート・チーズ($14)は、サワードウの上にアヴォカド・マッシュとクリーミーなゴート・チーズがパラパラとかかった香り高い一皿で、ほんのりチリの辛味が効いており、追加でポーチド・エッグ($2.5)、ベイコン($4)を加えることもできる。
ブラウニーなどのケーキやカップ・ケーキ($5)も常時7~8種あり、流行りのデリシャス・デザート・シェイク($16)もあるので、ティー・タイム利用にもオススメだ。
夏にはアルコールのライセンスを取り、ディナーもオープン予定で、ますます楽しみ。

brewristas1_wエッグ・ベネディクト($14)にカニのコロッケ($6)をチョイス
Eggs benedict 14, Swimmer crab 6

brewristas2_wザ・ファット・ボーイ($15)
‘The Fat Boy’ 15

brewristas3_wアヴォカド&ゴート・チーズ($14)にポーチド・エッグ($2.5)を追加
Avocado and goat’s cheese 14

brewristas4_wコールド・ドリップ($5)とカフェ・ラテ($3.5)
Cold drip 5

brewristas_ex_w

ブリュウリスタス
Brewristas

73 Glebe Point Rd, Glebe ☎︎ (02)8021-1328
月~金7am-4pm、土8am-4pm、日9am-4pm、無休

*2016年9月の情報です。(Japaralia October 2016 Glebe特集掲載記事)


華やかな盛り付けと味に心踊る、キャヴァリエ・スペシャリティ

クローズ・ネストにオープンしてまだ1年のカフェ、キャヴァリエ・スペシャリティ。ジャズ音楽が流れ、コンクリート打ちっぱなしの天井に一枚板の木のテーブル、一段高いキッチンがハイセンスだが心地よい雰囲気で、オーナーのハリー以下、若いスタッフも全員フレンドリー。週末に人気なのが、テイブルでバリスタのアレックスがゆっくり時間をかけて淹れてくれるコーヒー、テイブル・サイド・ブリュウ($10)だ。コロンビア産ジョージ&ジーザスは軽やかな酸味と口に残るほのかなほろ苦さが優しい味。湯のみ感覚のオリジナルのセラミックで飲むコーヒーも雰囲気抜群。
カフェのレヴェルを超えた、ファイン・ダイニングで食べるようなスパナー・クラブ・ブランチ($23)は、スパナー・クラブの甘さとソースの美味しさ、繊細なアートを見るような飾り野菜にとろとろのポーチド・エッグのハーモニーが絶妙。ハリーがファイン・ダイニング出身と聞いて納得。一流店で7年間働いた経験を生かした一品で見た目も美しく、味も最高。
軽めの朝食またはランチにタヒニとサツマイモのライ・トースト($12)をおすすめ。優しい甘さのサツマイモのマッシュとゴマのペイストを和えたものを軽い感じのダーク・サワードウに塗った一皿だ。
同店完全オリジナルで話題急上昇中のティラミス・フレンチ・トースト($16)にも注目で、中に隠されている甘酸っぱいソースとナッツもポイント。

 

cavalier1_2_w

スパナー・クラブ・ブランチ($23)
Spanner crab branch 23

 

cavalier2_w

ティラミス・フレンチ・トースト($16)
Tiramisu French Toast 16

 

cavalier3_w

タヒニとサツマイモのライ・トースト($12)
Tahini and sweet potato on rye 12

 

cavalier_ex_w

 

キャヴァリエ・スペシャリティ・コーヒー
Cavalier Speciality Coffee
Shop 1, 34 Oxley St., Crows Nest
火~金7am-2:30pm 土日8am-2pm、月休み

 

*2016年8月の情報です。(Japaralia September 2016 Crows Nest特集掲載記事)

 


コーヒーのみで勝負の本格店、ガンプション

エスプレッソ・コーヒー($4)、写真はフラット・ホワイト

エスプレッソ・コーヒー($4)、写真はフラット・ホワイト

取材の日の豆はコンガを使用したシングル・エステイトのフィルター・コーヒー($5)。

取材の日の豆はコンガを使用したシングル・エステイトのフィルター・コーヒー($5)。

Gumption_ex2w

Gumption_exw

昨年12月にオープンしたばかりだというのに、ひっきりなしにオーダーする客で列ができる。早朝の忙しい時間に10分以上待つ客が常時10人以上。ほとんどがテイクアウェイのコーヒーの注文だ。シドニーのシティのストランド・アーケイドの地上階の通路のちょうど中央にあり、薄いミント色と木目がレトロで品がある雰囲気。通路の席で二層のグラスにサーヴされるシングル・エステイトのフィルター・コーヒーを優雅に味わう客の姿が印象的。
同店はマリックヴィルのカフェ・アルケミーの姉妹店で、アルケミーといえば店内でブレンドやローストをしていてコーヒー通には有名なだけでなく、シドニー・モーニング・ヘラルドで「ベスト・コーヒー・アワード」受賞の実力店なのだ。どちらも食事メニューはなくコーヒーのみで勝負という本格店。主流はエスプレッソ・コーヒー($4、テイクアウェイ$3.50)だが、シングル・エステイトのフィルター・コーヒー($5)、水だしコーヒーのコールド・プレス($5)などでも楽しめる。
ローストしたての豆のブレンドを6種類販売している。記者は強い苦みのあるブレンドが好みなので、ヘアリー・チェスト($12.50/250g)を購入。極上のアロマで強いだけではなく舌の奥にやわらかさが感じられ、後味がなんともクリアで爽やか♪本日のシングル・エステイト($15/250g)もおすすめ。サイトでも購入可能(https://coffeealchemy.com/shop)。

Gumption
Ground Level, Shop 11, The Strand Arcade, 412-414 George St., Sydney
月~水、金8am-5:30pm、木8am-8pm、土9am-4pm、日11am-4pm

*2014年4月の情報です。(Japaralia May 2014 タウン・ホール特集掲載記事)


あのテツヤさんが足繁く通った店、ジンジャー&スパイス・シンガポール・レストラン

ハー・ミー($17.80)は海老のダシがたっぷりの海老そば。

ハー・ミー($17.80)は海老のダシがたっぷりの海老そば。

ノウ・ヒャング($19.80)。海老とカシュー・ナッツ入りの豚ミンチが5種のスパイスと一緒に湯葉に包まれている。

ノウ・ヒャング($19.80)。海老とカシュー・ナッツ入りの豚ミンチが5種のスパイスと一緒に湯葉に包まれている。

豆腐トロー(写真はL$28.80/R$22.80)。揚げた自家製卵豆腐に海老ペーストのソースが美味。

豆腐トロー(写真はL$28.80/R$22.80)。揚げた自家製卵豆腐に海老ペーストのソースが美味。

gingerandspice_ex_w

gingerandspice_in_w

シドニー市内にある一流レストラン、テツヤズの和久田哲也さんがシンガポール・ベイスになる以前、足繁く通ってたというシドニー北部ニュートラル・ベイにあるシンガポール料理店。オーナー・シェフのアレックス曰く「海南チキン・ライス($17.80)をいつも召し上がっていました」。9年前のオープン以来、「グッド・フード・ガイド」に必ず載る常連店でもあり、週末は予約なしには入れないほど人気。内装はモダンで高級感があり、盛り付けも味もクォリティが高い。
シグネチャー・ディッシュは、シンガポール・チリ・クラブ(時価、2日前までに要注文)。予約しそびれた人はソースが同じシンガポール・チリ・プロウン($23.80)を。
「シドニーいち」と絶賛する日本人も多い人気の海老麺ハー・ミー($17.80)は、なるほど海老のダシの効いたスープを飲んだ途端、海老の風味が口いっぱいに広がる。トッピングの海老もほんの少しだけ衣がついていて、天ぷらみたいにスープと絡んでトロミがあり、旨みが凝縮されて口の中で弾ける。
海老とチェストナッツ入りの豚ミンチを5種のスパイスと混ぜて湯葉に包んだものを揚げたノウ・ヒャング($19.80)は、シャリシャリとしたチェストナッツの歯触りがたまらない。
スペシャル・メニューの豆腐トロー(L$28.80/R$22.80)は、ふんわり軟らかな自家製卵豆腐を揚げた物が山形に盛られ、海老ペイストのピーナツ風味のソースをたっぷりつけていただく。、6人からのバンケット・メニュー、2人用のセット・メニューもあり。

Ginger & Spice Singapore Restaurant
240 Military Rd., Neutral Bay
☎ (02)9908-2552
ランチ火~日12pm-3pm ディナー5:30pm-10pm
酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可)

*2014年5月の情報です。(Japaralia June 2014 ニュートラル・ベイ特集掲載記事)
Score 13.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


6コースが今時驚きの$69、ビショップ・セッサ・ビストロ&ワイン・バー

帆立のセビィチェ($18)

帆立のセビィチェ($18)

アスパラガスとゴート・チーズのパンナコッタ($16)

アスパラガスとゴート・チーズのパンナコッタ($16)

アイスバーリー・ダックの胸肉、ラザーニャ($32)

アイスバーリー・ダックの胸肉、ラザーニャ($32)

bishopsessa_inw

bishopsessa_exw

サリー・ヒルズのクラウン・ストリートに2012年にオープンしたレストラン。1階にはカウンター席もあり、カウンターでお酒を楽しむ人、食事を楽しむ人もいるという。

食材には徹底したこだわりがあって、肉は豚とラムは丸ごと、牛は半身買い、それも農家から直接買い付ける。魚介も産地から直接仕入れる。それらを店で解体し、全身をくまなく料理に使用しているという。そういうわけでメニューは週に4〜5回変わる。飾り野菜も仕入れ状況でその都度新鮮な素材が使われるからマンネリ化がない。
料理はヨーロピアン・キュージーンの色が強いモダン・オーストラリアン。オントレの帆立のセビィチェ($18)は、キュウリの汁の甘酸っぱさに新鮮な帆立とアヴォカドのピューレ、レモン&ジンジャー・ソルベという天才的なセンスを感じさせる組み合わせ。上にのった薄い膜は手作りのライス・ペイパーで「それが旨味なんだよ」と説明してくれた。今では日本語の”旨味(UMAMI)”はシェフの間では一般的に使われている言葉。
アスパラガスとゴート・チーズのパンナコッタ($16)はスムースな食感に鼻から抜けるゴート・チーズの香りが見事。
メイン・ディッシュのアイスバーリー・ダックの胸肉($32)は、添えられたダック・コンフィのラザニアにも注目でふわふわサクサクな舌触りとコクで感動。
同店の6コース・デガステイションは今時驚きの$69で、これだけ高いクォリティの料理をこの料金で食べられるのは昨今のシドニーで奇跡的(マッチング・ワイン付きで$119)。

Bishop Sessa Bistro & Wine Bar
527 Crown St., Surry Hills
☎(02) 8065-7223
月~土12PM~10PM、日はプライベートファンクションなどイベントのみ
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
Score 14.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


3ハッツ常連の最高峰の料理、マーク

ウナギのスモークとパルメザン・ニョッキ(デガステーション8コース$160から)

ウナギのスモークとパルメザン・ニョッキ(デガステーション8コース$160から)

和牛とキャベツ(デガステーション8コース$160から)

和牛とキャベツ(デガステーション8コース$160から)

ココナツ、マンゴーとマスタード(デガステーション8コース$160から)

ココナツ、マンゴーとマスタード(デガステーション8コース$160から)

marqui_inw

marque_exw

日本でもお馴染みビル・グレンジャーのビルズ・サリー・ヒルズ店とカイリー・クォンのビリー・クォンというセレブ・シェフ2人が構える店に挟まれたサリー・ヒルズで最も格式のある一流レストラン。シドニーに居るなら絶対試したいファイン・ダイニングのひとつでSMHGFGの3ハット常連でもあり、ニューヨーク・タイムスにも絶賛されている。
ウナギのクモークとパルメザン・ニョッキは、目でも美味しく、そして舌が感動する一品。
和牛とキャベツの一品は10秒間だけ火を入れた和牛の完璧な火加減をほんのりと発酵させたキャベツの酸味が引き立てる。
デザートのココナツ、マンゴーとマスタードも、まさに衝撃の味で、マスタードをデザートに取り入れるというアイディア自体、脱帽だ。
さらに、シグネチャー・ディッシュでもあるソーテルヌ・カスタードは仏ボルドー地方の甘口の白ワイン、ソーテルヌの香り豊かなデザートで、ほろ苦いキャラメル風味の大人のカスタードだ。
8コースのデガステイション・メニュー($160)には、マッチング・ワイン付き(プラス$85)、沢山お酒を飲めない人におすすめなマッチング・ティー付き(プラス$45)もあり、さすが一流店の料金設定だが、ほかに5コース($95)、さらに金曜日のランチは3コース($45)など、比較的お得な価格もあるので記念日などにぜひ足を運んでみたい。

Marque
4/5 355 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 9332-2225
ランチ金12PM~2:30PM(ラスト・オーダー)
ディナー月~金6:30PM~Late、土6PM~Late
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
2 hats, Score 17.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)