オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

クレープ

ギルティ・フリーの美味しくて健康的なクレープ発見、マザーズクレープ

キャラメル・ストロベリー・ソフトクリーム($6.80)

ヴェジタリアン($6.80)

クリーミーなしっとり感が満足の味、チキン・マッシュルーム($6.80)

ストロベリー・カスタード&ビター・チョコ($5.50)

1998年創業、日本に40店舗以上展開する「ヘルシー、おいしい」がキャッチ・コピーのクレープ専門店。シンガポール、韓国、カナダ、そして香港にも展開、ついにオーストラリアへも昨年11月に上陸、年月をかけて開発した同社独自のクレープ生地とホイップ・クリームを使ったあの味がシドニーでも楽しめるようになった。ワールド・スクエア店のほかパラマタのウエストフィールドにも出店。
食物繊維が豊富な小麦粉(ふすま小麦粉)を使用しているからシリアルの50%もの食物繊維を保有。カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛などのミネラルのバランスも抜群なクレープ・ミックスにフリー・レンジの卵を使い、オイルなど一切引かずに焼くヘルシーさ。ホイップ・クリームはなんと動物性ではなく植物性のファットを使用しているため、通常50%含有する脂肪分はマザーズクレープの場合たったの26%、しかもコレステロール値も低い。
と偉そうに書いているが、これだけの能書きを知ったのは実は味わった後。クレープはしっとりとしてモチモチ感があり、薄くてもしっかりしている。そしてクリームはふんわりとコクがある満足の美味しさ。食べた後にクリームで胸焼けしないのはこの秘密のレシピのおかげだと納得!
メニューは、チョコやストロベリー、シナモンなどから選べるホイップ・クリームの「スタンダード」6種、果物をプラスした「デラックス・クレープ」が7種、「プレミアム・クレープ」13種、「アイス・クリーム・クレープ」6種(抹茶白玉あずきクレープという和のメニューも発見)、ラップ・サンド感覚の「デリ・クレープ」もクリーミーなしっとり感がたまらない「チキン・マッシュルーム」($6.80)など、なんと24種もある。さらに暖かいスイート、ヌテラ・バナナなどの「ホット・クレープ」が6種も。そしてベルギー産のチョコレートを使用している「プレミウム・チョコ・クレープ」は「ストロベリー・カスタード&ビター・チョコ」($5.50)といった具合にビター9種、ミルク4種、ホワイト5種、ビター&ホワイト6種と盛りだくさん!

Mother’s Crepe
ワールド・スクエア店:Shop 9 K5B, World Square Shopping Centre, 680 George St., Sydney
日~水9AM~9PM、木~土9AM~10PM 無休
ウエストフィールド・パラマタ店:Shop 1167, Westfield Paramatta, 159-175 Church St., Paramatta
月~水・金7AM~6:30PM、木7AM~9PM、土日9AM~6:30PM 無休

*2011年8月の情報です。

広告