オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

コンテンポラリー

6コースが今時驚きの$69、ビショップ・セッサ・ビストロ&ワイン・バー

帆立のセビィチェ($18)

帆立のセビィチェ($18)

アスパラガスとゴート・チーズのパンナコッタ($16)

アスパラガスとゴート・チーズのパンナコッタ($16)

アイスバーリー・ダックの胸肉、ラザーニャ($32)

アイスバーリー・ダックの胸肉、ラザーニャ($32)

bishopsessa_inw

bishopsessa_exw

サリー・ヒルズのクラウン・ストリートに2012年にオープンしたレストラン。1階にはカウンター席もあり、カウンターでお酒を楽しむ人、食事を楽しむ人もいるという。

食材には徹底したこだわりがあって、肉は豚とラムは丸ごと、牛は半身買い、それも農家から直接買い付ける。魚介も産地から直接仕入れる。それらを店で解体し、全身をくまなく料理に使用しているという。そういうわけでメニューは週に4〜5回変わる。飾り野菜も仕入れ状況でその都度新鮮な素材が使われるからマンネリ化がない。
料理はヨーロピアン・キュージーンの色が強いモダン・オーストラリアン。オントレの帆立のセビィチェ($18)は、キュウリの汁の甘酸っぱさに新鮮な帆立とアヴォカドのピューレ、レモン&ジンジャー・ソルベという天才的なセンスを感じさせる組み合わせ。上にのった薄い膜は手作りのライス・ペイパーで「それが旨味なんだよ」と説明してくれた。今では日本語の”旨味(UMAMI)”はシェフの間では一般的に使われている言葉。
アスパラガスとゴート・チーズのパンナコッタ($16)はスムースな食感に鼻から抜けるゴート・チーズの香りが見事。
メイン・ディッシュのアイスバーリー・ダックの胸肉($32)は、添えられたダック・コンフィのラザニアにも注目でふわふわサクサクな舌触りとコクで感動。
同店の6コース・デガステイションは今時驚きの$69で、これだけ高いクォリティの料理をこの料金で食べられるのは昨今のシドニーで奇跡的(マッチング・ワイン付きで$119)。

Bishop Sessa Bistro & Wine Bar
527 Crown St., Surry Hills
☎(02) 8065-7223
月~土12PM~10PM、日はプライベートファンクションなどイベントのみ
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
Score 14.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)

広告

3ハッツ常連の最高峰の料理、マーク

ウナギのスモークとパルメザン・ニョッキ(デガステーション8コース$160から)

ウナギのスモークとパルメザン・ニョッキ(デガステーション8コース$160から)

和牛とキャベツ(デガステーション8コース$160から)

和牛とキャベツ(デガステーション8コース$160から)

ココナツ、マンゴーとマスタード(デガステーション8コース$160から)

ココナツ、マンゴーとマスタード(デガステーション8コース$160から)

marqui_inw

marque_exw

日本でもお馴染みビル・グレンジャーのビルズ・サリー・ヒルズ店とカイリー・クォンのビリー・クォンというセレブ・シェフ2人が構える店に挟まれたサリー・ヒルズで最も格式のある一流レストラン。シドニーに居るなら絶対試したいファイン・ダイニングのひとつでSMHGFGの3ハット常連でもあり、ニューヨーク・タイムスにも絶賛されている。
ウナギのクモークとパルメザン・ニョッキは、目でも美味しく、そして舌が感動する一品。
和牛とキャベツの一品は10秒間だけ火を入れた和牛の完璧な火加減をほんのりと発酵させたキャベツの酸味が引き立てる。
デザートのココナツ、マンゴーとマスタードも、まさに衝撃の味で、マスタードをデザートに取り入れるというアイディア自体、脱帽だ。
さらに、シグネチャー・ディッシュでもあるソーテルヌ・カスタードは仏ボルドー地方の甘口の白ワイン、ソーテルヌの香り豊かなデザートで、ほろ苦いキャラメル風味の大人のカスタードだ。
8コースのデガステイション・メニュー($160)には、マッチング・ワイン付き(プラス$85)、沢山お酒を飲めない人におすすめなマッチング・ティー付き(プラス$45)もあり、さすが一流店の料金設定だが、ほかに5コース($95)、さらに金曜日のランチは3コース($45)など、比較的お得な価格もあるので記念日などにぜひ足を運んでみたい。

Marque
4/5 355 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 9332-2225
ランチ金12PM~2:30PM(ラスト・オーダー)
ディナー月~金6:30PM~Late、土6PM~Late
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
2 hats, Score 17.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


1ハット店の洗練された料理をお手頃価格で、ザ・デヴォンシャー

レッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

レッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダ(ランチ3コース$35)

ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダ(ランチ3コース$35)

フリー・レンジ・チキン($36)

フリー・レンジ・チキン($36)

ヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)

ヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)

ビター・スウィート・チョコレート・ムース&ソルベ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

ビター・スウィート・チョコレート・ムース&ソルベ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

TheDevonshire_inw

TheDevonshire_exw

入り口を入ると壁一面にさまざまな鏡がかけられ、壁と落ち着いたトーンのシックなインテリアが雰囲気抜群の中、ヨーロッパのギャルソンのような綺麗な少年たちがソフトにサーヴィスをしてくれる1ハット店。
デガステイション・メニュー($90/マッチング・ワイン付き$130)からレッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョの美しさとさわやかな味に酔いしれる。マッチング・ワインは、フランスのサヴォワ産の白で。
ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダはランチの3コース($35)の1コース目(メニューは週変わり)。フェンネルと揚げた蕎麦の実のトッピングとサーモンの組み合わせが斬新。
ア・ラ・カルトのメインから、フリー・レンジ・チキン($36)は、トルテリーニがふわふわでコーンの味わいとアスパラガスとの相性が抜群。
デザートのヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)は、ヨーグルトとマンゴー、ミルク・ゼリー、ブルーベリーとナッツという贅沢な一品。もうひとつのデザート、ビタースィート・チョコレート・ムース&ソルベは一変して大人の味わいで、ほろ苦さと冷たさがたまらない美味しさ。
ランチは金曜のみだが前述の通り3コース$35、「これだけクォリティが高いのに、この金額でいいの?」という驚きの料金だ。
ディナーにおいては、6pm〜8pmでのプレ・シアター・スペシャルもあり、こちらも2コース$47というリーズナブルさ。アントレとメインから一品ずつ選べてお得感たっぷり。

The Devonshire
204 Devonshire St., Surry Hills
☎ (02) 9698-9427
ランチ金12PM~2:30PM
ディナー火~土6PM~10PM
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
1 hat, Score 15/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


2011年ベスト・バー・ワイン・フード賞受賞、ブラッドウッド

ブレイズド・ポークのサラダ($21)

ブレイズド・ポークのサラダ($21)

ベイクド・バラマンディ($32)

ベイクド・バラマンディ($32)

ブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)

ブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)

bloodwood_ex2w

bloodwood_inw

bloodwood_in2w

2011年度SMSGFGでベスト・バー・ワイン・フード賞受賞の本格店。看板が古いドアをカットしたもので、独特のおしゃれな雰囲気を漂わせている。中は入り口にバーがあり、奥の2階がダイニング・ルーム、そしてその奥にテラス席があり、下には個室がある。天井に使い古した戸と裸電球がぶら下がっていたり、壁から鋭角な電球が突き出していたり、プライヴェート・ルームの仕切りに空のボトルを使用したりと斬新なデザイン。インテリア・デザイン・エクセレンス・アワードのベスト・ホスピタリティ&サステナブル賞を受賞したデザイン。
独創性満点なメニューの中でも、一番人気はゴルゴンゾーラ・ソースをディップして食べるポレンタ・チップス($9)。ひよこ豆のパンケーキのソッカ($18)の人気も高い。ブレイズド・ポークのサラダ($21)はいきなり口のなかにポークがとろけて驚く。チリの効いた自家製のマヨネイズとキュウリ、クレソンと青リンゴがさわやかなサラダだ。ベイクド・バラマンディ($32)は味噌と水菜をソテーして、ブロッコリーナや自家製ベイビー・ロータス・ルート・ピクルスと合わせた一品。日本人には懐かしくもありながら、それでいて新しい味。
デザートでは大人の味のブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)がおすすめ。エッグノッグとチェリー、パウンド・ケーキとポート・ワイン・ゼリーにヨーグルト・マスカポーネという抜群の組み合わせ。フレンドリーなスタッフがそれぞれの料理に合うワインもすすめてくれるので、ぜひトライしてみたい。

bloodwood
416 King st, Newtown
☎ (02)9557-7699
■月・水~木5PM~Late、金土12PM~Late、日12PM~10PM
◇酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia January 2014 ニュータウン特集掲載記事)
Score 14/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


美しく洗練された上品な味わいの一流レストラン、ロケット

大きなビルが立ち並ぶチャツウッドの駅からパシフィック・ハイウェイ側の一角にあるガラス張りの明るいファイン・ダイニング・レストラン。清潔なオープン・キッチンを含め、全体に上品かつ居心地が良い雰囲気が漂う。一角にはすりガラス越しにプライヴェート・ルームもある。
日替わりのランチ、ディナーがあり、コース料理を堪能できる。「イエロウフィン・マグロのタルタル」は、食べるのがもったいなくなるような美しさで、絵画の一部のよう。味も抜群で、甘酸っぱいショウガのピクルスの食感とマグロの調和も見事。「ポークとブラック・プリンのテリーヌ」は、リンゴの香りのクリーミィなピューレが美味しさを引き立てている。そのほか、その日のアントレにはゴート・チーズとカリフラワー・スープなどが。
メインはニョッキ、ラム、タイ、アンガス・スコッチ・フィレのメニューのほか、見た目にも美しい「レインボウ・トラウト」。トラウトの味を引き出すクミン・ヨーグルトが効いている。ディナーにはさらに、鴨とアイ・フィレのチョイスが加わる。デザートはチョコレート・タルト、ストロベリー・メレンゲ、チーズなどがあるが、中でもマスト・イートは「ミックス・ベリーのスフレ」で、フワフワ熱々のスフレにスプーンを入れるとミックス・ベリーのソースがとろっと流れ出てくる。リピート率の高いメニューなのがうなずける。
「ディナー・タイムはビルのパーキングを無料で提供できます。事前に電話でお知らせください」と長身でスレンダーなジェントルマンの同店オーナーのピーターさん。

Yellowfin Tuna Tartare w/Radish, Pickled Ginger, Puffed Rice & Black Sesame、イエロウフィン・マグロのタルタル($18)

Confit Pork & Black Pudding Tarrine w/ Apple puree, Red wine caramel & Apple salad、ポークとブラック・プリンのテリーヌ($19)

Baked Rainbow trout w/ Carrots, Veal sweetbreads & Cumin Yoghurt、レインボウ・トラウト($35)

Mixed berry souffle, White chocolate & raspberry Ice Cream、ミックス・ベリーのスフレ($17)

Rocket Restaurant
P1, 1-5 Railway St., Cnr. of Help and Railway Sts., Chatswood
☎(02)9411-8233
ランチ(火~金)12PM~2:30PM
ディナー(火~土)6PM~9:30PM
酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可)

*2012年7月6日の情報です。(Japaralia August 2012 チャツウッド特集掲載記事)
Score 13/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)


マンリーいちの眺めを誇るワンハット受賞店、マンリー・パヴィリオン

フェリー乗り場から湾沿いに西を見ると最初に見える建物がオーシャン・ワールド・マンリーで、その真隣の水際に立つというマンリーいちの眺めを誇るファイン・ダイニング・レストラン。2年前に総工費300万ドルをかけてリニューアルするやいなや、シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイドにおいて2011年度ニュー・エントリーにして1ハット、2012年でも1ハット受賞で、一気にマンリーを代表するファイン・ダイニング・レストランの地位を気づき上げた。水際にはテラス席があり、最高の眺めを楽しめるが、店内席からもガラス越しに素晴らしい海景色を堪能できるようテイブルの配置などに工夫が見られる。
フロア・マネージャーのアーロンさんは、シドニーの一流日本食レストランや、カジノ、ザ・スター最上階の高級レストラン、アストラルを経て同店へ。こちらもアストラル時代から一緒だったシェフでマンリー・パヴィリオンの料理長トニー・ギブソンさんとはチーム・ワークも抜群。
料理人として下地がしっかりしているからこそできることだろうが、トニーさんは料理にユニークかつ新しいアイデアを導入することに熱心で、例えばリキッド・ナイトロジェン(液体窒素)でマイナス60-80度に瞬間冷凍させる技術を取り入れたデザートは人気のメニュー。

「フレッシュ・ブルーベリー、ライチー、ラスベリー、タラゴンとメルト($16)」のラスベリーとタラゴンがそれだ。口に入れるとシュワッと溶けるが、アイス・クリームやソルベとも違う、極めの細やかな軽い味わいで、虜になってしまう舌触りだ。

「梨、抹茶、プラリネ、シャルドネ&レモングラス($16)」の梨もその方法で瞬間冷凍してあり、面白くクセになる食感。

デザートから説明してしまったが、アントレの「ヒラマサのタルタル($24)」はマカダミア・ナッツを挽いて抽出したミルクと、赤いプチプチがたまらないフィンガー・ライムのドレッシングが新しい味わい。

店内スモーク・マシーンで自家製スモークした「ビーフ・ショート・リブ($24)」は口の中でとろけ、オニオンが調理法を変え3種載っていて、その中のひとつ、ほんのりと甘いピューレにしたものが素晴らしい。

オーストラリアのメニューでは通常”タラ”と同義の”cod(コッド)”と記載されるが同店曰く、正しくは「ブルー・アイ・トラヴェラ($24)」だという魚料理は、芽キャベツがやはり3種の調理法であしらわれているのが皿の上で確認できる。とくに外側の葉で作られたピューレがなめらか。コクのあるトラヴェラにマッシュルームも部位違いで2種類、甘いスイート・ポテトもピューレとなって皿上の芸術的な円を描く。
ヴェジタリアン・メニュー各種はもちろん、お得なコース・メニューもあり、ランチ、ディナー以外に、人気の「ハイ・ティー」(要予約)は午後2時から4時までオーダー可能で3段重ねのティー・スタンドに入りきらないパンやスコーンが別途添えという、たっぷりの量だ。

Manly Pavilion
West Esplanade – Manly Cove
☎(02) 9949-9011
日12PM~6PM、火~土12PM~Late
酒類ライセンスあり

*2012年5月3日の情報です。(Japaralia June 2012 マンリー特集掲載記事)
One Hat★Score 15.5/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2011)


芸術的なマルチ・カルチャー料理、ベル・モンド

ザ・ロックスの奥、グロウセスター・ウォーク沿いの歴史を感じさせる煉瓦造りの建物を使った一流レストラン。天井の高い店内は広々としていて、客席から一段上にオープン・キッチンがある。窓からはザ・ロックスを見下ろせ、その向こうにはハーバー・ブリッジも見えるので、窓自体がまるで絵葉書のような絶景なのだ。日本から大切な客人を迎えてもてなす際に、総合的に喜んでもらえる店のひとつとしてリストに入れている在住日本人が少なくないのもうなずけるというもの。
さまざまなマルチ・カルチャーの中でインスパイアされた料理は、地中海やスペインなどのテイストを盛り込んだヨーロッパ風でありながら、今や世界へ誇れるレヴェルへと発展したモダン・オーストラリアンならではの仕上がり。どのメニューもプレイトの上は絵画のように芸術的な盛り付けがなされていて、食べる前に思わずうっとりと見とれてしまうほど。
取材時に紹介してくれた5品は、いずれも同店のシグネチャー・ディッシュともいえる人気の高いメニューだ。「チキン・レヴァー・パルフェ」は、滑らかでクリーミーなレヴァー・テリーヌと香り高いピーチ・ワインのジェリーが上品な美味しさで、格子模様の焼き目を付けて軽くトーストされたブリオーシュにつけて食べると、より一層、気品のある味わいになる。
「ビーフ・カルパチョ」は口の中でとろけるビーフ、きっちりソテーしたワイルド・マッシュルーム、アーティチョーク、ブルーチーズなどの組み合わせに極上のセンスを感じる。
メインの「ラム肩肉のスロウ・クック」は、ガーリックとオイルに漬け込んだラム肩肉を24時間以上コンフィして作るのだが、口の中でほどけ、その後ラム特有の濃厚な旨味が口いっぱいに広がり、まさに言葉を失うほどの美味しさ。口直しに清涼感を添えてくれるのが豆とミントのリゾット。さらにカラメライズド・ガーリック&ハニー・ピューレが味わいの奥行きをいっそう広げてくれる。
「ダーク・チョコレート・フォンダン」は人気の高いデザート。フォンダンのほろ苦さに驚く程マッチするビートルート・ソース、熱々のフォンダンと冷たさを同時に楽しめるラズベリーのアイス・クリームの組み合わせにもうっとり。マジョラムとカルダモンのソースをつけると今度はアジアっぽいスパイシーなデザートに変身。「黒ごまのアイス・クリームとレモングラス&ベルガモットのパフェ」は日本人なら思わず和んでしまう味。ライム・リーフ・グラニータがまたプルプルで爽やか。
メニューは2コース($55)、3コース($72)、5コース・デガステイション($95、マッチング・ワイン$145)。週末は要予約。現在ランチは金曜のみだが、夏季は毎日オープンしている。150人までの各種ファンクションが可能。

チキン・レバー・パルフェ

ビーフ・カルパッチョ

ラム肩肉のスロウ・クック

黒ごまのアイス・クリームとレモングラス&ベルガモットのパフェ

ダーク・チョコレート・フォンダン

窓の向こうにハーバー・ブリッジが見える

グロウセスター・ウォーク沿いの歴史を感じさせる煉瓦造りの建物

bel mondo
Gloucester Wk (Take the Argyle stairs.), The Rocks
☎(02) 9241 3700
ランチ(金)12PM~2:30PM、ディナー(火~土)6PM~10PM
酒類ライセンスあり

*2012年4月10日の情報です。(Japaralia May 2012 ロックス特集掲載記事)