オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

トルコ

タパス感覚の小皿料理”メゼ”、エフェンディ・レストラン・アンド・メゾ・バー

メゼのひとつ、エビのシェイド・ペストリー巻き

メイン・デイッシュはチャコールの香りの子牛肉料理($30)

トルコの綿菓子と食べるナッツ入りアイスは抜群($12)

ターキッシュ・コーヒーはターキッシュ・デライトつき($4)

透明なスピリットがマジックでカルピスみたいに! 謎は来店して確かめて

「挽き肉は使わず、このナイフで挽き肉にする」と語るソーマー氏

1階

3年前にオープンし、既にレストラン・ケータリング賞NSW州部門の西地区最優秀レストラン賞、「インナー・ウエスト・クーリエ」の2010年度ビジネス・アチーヴァー・アワードの最優秀レストラン賞を受賞、「グッド・フード・ガイド」でも2010年度と2011 ドイツのビアカフェ、イギリスのチェイン店ワガママなどのレストラン経営に携わって来た経歴をもつオーナー・シェフ、ソーマー氏が故郷の本格的なトルコ料理を出す店の経営に情熱をを注ぐ。自らナタのようなナイフを持ち調理している。「僕たちはチームワークがいいんだ!」と豪語する姿からも、彼の豪快で懐の大きい人柄が伝わりチャーミングだ。ラッキーなことに、オーストラリアで仕入れる素材はトルコのものよりも質がいいのだ、とも。美味しい素材がより調理をひきたてる。
”メゼ’というのは、小皿料理の意味で、タパス・バーや日本でいう居酒屋の感覚で、飲みながらちょっとずついろんな料理を楽しむのだそう。写真の海老料理がメゼのサイズ。小さく見えるが、おおぶりの海老は一口では頬張れないほど。プリプリ、サクサクの海老にオレンジの皮入りガーリック・アイオリ(タヒニを使用)にターキッシュ・ベリーの粉をつけると、コンテンポラリーな天国の味わい。メインはボリューム満点、子牛肉が4枚、その下にはターキッシュ・ブレッドがまるでフレンチ・トーストのような軟らかさで敷いてあり、ソースとヨーグルトと絡めていただく。セット料金は、ひとり$40(メゼ8品)、同(メゾ4品とメイン1品)、$30(メイン1品)。デザートはマスティック・プディングの、もちもちの感触にうっとり。ゆったりとした気持で調理しないと焦げるというから、優しさもたっぷりこもっていて余計美味しいのだろう。
ワインはなるべく地元NSW州のものをそろえているという。近年はマジー、オレンジ、タンバランバー、ヒル・トップスなどハンター・ヴァレー以外のワインも豊富になってきている。また、トル45度のスピリッツも豊富にそろっている。ターキッシュ・ソーセージ、ドライ・ビーフ、卵、ターキッシュ・パンケーキなどの朝食もそそられるメニューだ。土日は混んでいるので予約が必要。
1階は白いテーブル・クロスのエレガントなレストラン、上階はメゼ・バー、あるいはファンクションとしても使用できるスペイス。ファンクションは10~130人まで。内装は強い黄色の壁に、イスタンブルから運んだという皿やランプ、人形などトルコ風情満点。タイルや皿のパターンなど雰囲気抜群で、本格的トルコ調理を現代風の味付けで、メゼを大人数で、または昼のバルメイン探索の際の朝食やランチなど、千差万別楽しめるおすすめのレストラン。

Efendy Restaurant and Meze Bar
79 Elliott St. (Corner of Darling St.), Balmain
☎ (02)9810 5466<
ブレックファスト(土日)9AM~3PM、ランチ(火~日)12PM~4PM、ディナー(火~日)6PM~11PM
酒類ライセンスあり

*2010年10月28日現在の情報です。 

Score 13.5/20 by SMHGFG2011 (Sydney Morning Herald Good Food Guide 2011)