オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

ビストロ

珍しい本格オーストリア料理に注目、ビストロ・ロートリッシュ

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

Bistro L'autriche_inw

Bistro L'autriche_exw

2013年6月にオープンした店。店名にある”ロートリッシュ”は、フランス語で”オーストリアの”という意味だが、なぜわざわざフランス語で”オーストリアのビストロ”という名前をつけたのだろう。謎の答えは単純。オーナーは3人で共同パートナー制で、うちシェフ2人はフランス人とオーストリア人ということなのだ。ちなみにもうひとりのオーナーでフロアを取り仕切るポーリーンはオランダ人。
というわけで同店ではシドニーでは珍しい本格オーストリア料理をはじめ、フランス、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパ各国の家庭料理が楽しめる。内装もヨーロッパ調で、鹿の剥製がどーんと壁にかかっていたり、こちらも鹿の角の形にデザインされたシャンデリアなど、ヨーロッパ田舎風の洒落た雰囲気。中庭もカラフルで居心地のいい空間を演出している。
朝食/ランチメニューはフレンチ・トースト($10.90)、パンケーキ($8.50)、1人用の小型の鉄製フライパンで焼かれそのまま出される熱々メニューが5種($12.90〜$15.90)など、どれもヴォリュームたっぷり。フライパン料理にはパンは添えられず、代わりにいずれもジャガイモの千切りを焼いたロスティがフライパンの底に敷かれ、サクっとフワっとしたロスティは食べ応え充分。
さらにヴォリュームがたっぷりなのはディナー。イェーガー・シュニッツェル($22.50)は20センチ以上に広げた巨大なチキンにたっぷりのマッシュルーム・ソースが。さすがシュニッツェル発祥のオーストリア人シェフ作とあって、シドニーで食べるそのへんのシュニッツェルとは比べ物にならない美味しさ!みっちりとジューシーなチキンにピタっと張り付いた薄い衣はカラッとしている。シュニッツェルはほかも2種類あり、いずれもロスティと赤キャベツのサラダ付き。
ハンガリーの煮込み料理のグヤーシュ($20.50)はカイエン・ペッパーがスパイスになっているが特に辛いわけではなく、牛肉はほろほろ。こちらもロスティが付いてきて大満足。
ドイツ名物ポーク・ナックル($25.90)は自家製のザワークラウトもたっぷり添えられ、皮がパリッパリの骨付き豚の大きさに圧倒される。
日本人にはいずれもかなりヴォリュームなので、例えば3人で行ってアントレとメインを2品ずつシェアするといった食べ方をおすすめ。またはあれこれそろったアントレをタパス感覚でいくつかオーダーして、こちらも単品でオーダー可能なロスティ($5.90)やザワークラウト($5.90)などと楽しんでも。アントレにはカマンベールのフライ($11.90)、マッシュルームのパン粉焼き($11.90)、ビーフ・コロッケ($9.50)、ダック・テリーヌ($13.90/パン付き)などが。サラダもスイスのソーセージ・サラダ($12.90)、チキン・シュニッツェル・シーザー・サラダ($15.90)、フランスのニコイス・サラダ($15.90)など6種。
デザートもすべて自家製で、オーストリア名物のアップル・パイ、アップル・シュトュルーデル($7.50)は、リンゴがゴロゴロはいっており、ホクホクしてあっさりした美味しさ。ほかにもスティッキー・デイツ・プリン($7.50)、クリーム・ブリュレ($6.90)など自家製なのに料金も良心的だ。
金土は予約不可なのでその点だけ注意。

Bistro L’autriche
509 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 8399-2827
月3PM~10PM、火~金10M~10PM、土日8AM~10PM
酒類ライセンスあり、ワインのみBYO可

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)

広告

ホーム・メイドのビストロ・メニュー、フォレスト・ロッジ・ビストロ

Tボーン・ステーキ(400g $22.90)

タパス・メニュー。インドネシア風サテ($5.50)、スモーク・サーモン、クリーム・チーズ、バルサミコ・グレイズ($5.50)、牛タタキ($5.50)

海老チリ丼($12.90)

日本人オーナー・シェフのハリー青木さん以下、ウエイターやウエイトレスもほとんどが日本人というユニークなビストロがグリーブにある。カジュアル店だからあえてうたってないがメニューはすべてNO MSGであり、とことんホームメイドを追求している。「オーナー・シェフだからこそ質の高い料理を、できるだけ安く提供したい」というポリシーのもと、グルテン・フリーやヴェジタリアン・メニューが豊富にあるのも嬉しい配慮。青木さん自身の子供がグルテン・アレルギーのため、時代にあわせたメニューを意識して開発している。オーナーとして権利を買い取ったのは4年ほど前だが、それ以前に8年、つまり現在まで12年、同店を担ってきた。
400gの巨大Tボーン・ステーキは軟らかく、ペッパー・ソースはまろやかな味。ステーキには選べる5種類のソースがあり、すべてドミグラス・ソースを4時間煮込むところから手作り、それにペッパーなど各味を加え、サーヴする寸前にクリームをさっと加えるという細やかさで、日本の洋食ファンも満足すること請け合い。
また、一杯飲む時のつまみに嬉しいタパス・メニューも、料金のわりにヴォリュームもあってなお嬉しい。牛タタキはオーダーが入ってから焼き、温かいままサーヴするので、軟らかくて色も良く、あっさりめの照り焼きソースとよく合う。
日本人だけではなくローカル客にも人気の各種丼ものもあり、リピーター続出中の海老チリ丼はプリップリの海老にニンニクとショウガをじっくり炒めるところから始める手作りのソースが優しい味わい。ほかにもカツ丼、照り焼きチキン丼、野菜豆腐丼などがある。とにかくすべて手作りのせいか、いわゆる通常のバブ飯とは比べ物に成らない美味しさ。
毎日あるスペシャルも見逃せない。月曜はディープ・フライまたはグリルのフィッシュ($10)、火曜はパスタ&ガーリック・ブレッド($8)、水曜はランプ・ステーキ280g($11)、木曜は日本のパン粉を使用し、上げるのではなくバターで焼くので香ばしいチキン・スニッツェル($10)、金土はバーガー&ビール1杯($11)、日曜日は10ドルのメニューが3種もある。ファンクションなど予約も可能というから気軽に青木さんに相談してみて。

Forest Lodge Bistro
(Forest Lodge Hotel内)117 Arundel St., Glebe
☎(02)9692-0933
ランチ(月~土)12:30PM~2:30PM、ディナー(月~土)6PM~9PM、日1PM~8:30PM
酒類ライセンスあり