オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

メキシコ

若者に大人気のカジュアルさとボリューム バハ・キャンティーナ

バハ・フィッシュ・タコ($20)

チキン・モール($20)

チキン・サルザ($19)

ボヘミア($8)

パトロン($8.5)

外観も内装も可愛らしい店で、中は赤、黄、オレンジの壁にカラフルなテイブル・クロスがメキシコっぽく、笑顔の似合う明るい雰囲気だ。取材時は裏庭を工事中だったがこの特集が出るころには南国風のビア・ガーデンが完成しているはず。

5年前のオープン以来、開店とともにほぼ満席になるほどポピュラーで、特に若者の団体やカップルが多くみられた。カリフォルニアから国境を挟んで隣がバハという地区。シドニーの若者にとってのフィッシュ・アンド・チップスが、カリフォルニアの若者にはメキシカンだそう。

まずは豊富なメキシコのビールから。10種類の中で、ダントツ人気はコロナ($5)でほかには、ネグル・モデロ($7)、ボヘミア($8)、パシフィコ・ラガー($8)の3本が人気という。テキーラ($6~)とカクテル($12)も豊富な品揃え。ご存じテキーラの飲み方は、ソルトを舐め、テキーラをクイっと飲み、レモンを味わうの順。3種類のエイジがあって、シルヴァーは若く、レポサは半年もの、アニューホは1年半だそう。

料理はボリュームたっぷり。アントレの人気はナチョス($10)、ミックス・ディップ3種($14)。メインの人気は、バハ・フィッシュ・タコ。フラット・ヘッドを衣をつけカラっと揚げ、キャベツとともにタコに挟みサザン・アイランド・ソースでいただく。豆とライス付き。豆はポーク・ビーンかヴィーガン黒豆から選べる。2000年の歴史があるというチキン・モールはメキシコでは一般的。チョコレートとナッツとチリを含めて20~30種の素材で作ったソースで、家庭によってさまざまな味があるそう。プリプリのチキンとこの秘蔵のソースはぜひ味わってみて! チキン・サルザはカリフォルニアでは普通にある料理。チキンをスロウ・ベイク、クリームとチリ・ソースにアヴォカド・サルサとチーズが溶けて美味。

なお、キッズ・メニュー($8~)もあり、ドリンクとデザートをあわせても$12が嬉しいから、家族連れも要チェック!

 

Baja Cantina

43 Glebe Point Rd Glebe

(02)9571-1199

ランチ(土)12PM3PM、ディナー6PM12AM(ラストオーダー10PM

酒類ライセンスあり BYO(ワインのみ)5名まで(6名以上のブループは不可)


広告