オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

中華

スタイリッシュな雰囲気の中で味わう本格中華、四川ガーデン・レストラン

海老とイカのソルト&ペッパー風味($26.90)

海老とイカのソルト&ペッパー風味($26.90)

麻婆豆腐($19.90)

麻婆豆腐($19.90)

スパイシー・ステーキ・フィレ四川スタイル($26.90)

スパイシー・ステーキ・フィレ四川スタイル($26.90)

szechuan_inw

szechuan_ex2w

モダンでスタイリッシュな内装、使用している食器は英国製とエレガントな雰囲気のレストランで、四川、湖南、北京の本格料理が楽しめる。ランチ時にはビジネス・ランチ客で溢れ、夜には間接照明が美しい店内にローカル客が集う。
海老とイカのソルト&ペッパー風味($26.90)は、衣が薄くカラっと揚がっている。絶妙の揚げ具合のおかげだろう、全く油っこくない。海老の中はレアに近いふわふわ加減でイカも軟らい。ソルト&ペッパー風味は通常イカが多い中、海老とイカ2種類のミックスなのが嬉しいが、それぞれのメニューもある。
「メニューには載っていませんが、ぜひ頼んでくださいね。」という麻婆豆腐($19.90)は、日本人のビジネス・ピープルに圧倒的に人気のメニュー。日本人には少し辛口めで、それが逆にあとをひく。絹ごし豆腐のプルプル感がソースとマッチしてご飯がすすむ。
スパイシー・ステーキ・フィレ四川スタイル($26.90)は、ペッパーのピリ辛さと甘めのソースでこちらもご飯がすすむ一品。
ジョンドリー・フィレ($36.90)、スリー・チリ・ポーク($26.90)、ハウス・スペシャル・ダック($29.90)なども人気。
大小さまざまな丸テイブルはそれぞれ8〜10名、10〜12名、12〜14名用。バンケット・メニューは$30、$40、$50と揃っていて、パーティや家族や友だちとの食事に大活躍してくれる。

Szechuan Garden Restaurant
Shop 1 / 599 Pacific Highway, St Leonards
☎ (02)9438-2568
ランチ月~金12pm-3pm
ディナー6pm-10pm
酒類ライセンスあり

*2014年3月の情報です。(Japaralia April 2014 クロウズ・ネスト特集掲載記事)
Score 13.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


噂の“焼き”肉まん、新上海(ニュー・シャンハイ)

新上海パン・フライド・ポーク・バン(8pcs $9.20)

ヴェジタリアン・ダンプリング(4pcs $4.50)

新上海蟹粉小龍包(4pcs $5.80)

クリスピー・スキン・チキン($11)

すべて手作り

初めて食べる際、一口にはおおぶりすぎるサイズなためかじると勢いよく中の汁が飛びでてきてあわてる人が多いのが、シグネチャー・ディッシュでもあり一番人気だという「新上海パン・フライド・ポーク・バン」。小龍包と肉まんを足して、スライパンで焼いた一品というと分かりやすいだろうか。小龍包と同じく熱々の汁がまず口に入り(ヤケドに注意!)モチモチの皮とポークの味わいが口に広がる様は肉まん風で、何ともいえない幸せな瞬間♪

「新上海蟹粉小龍包」はご存じ汁がじゅわっと口に広がる小龍包だが、サイズが一口に丁度いいので、前述のポーク・バンみたいに吹き出す心配はない。皮がモチモチした「ヴェジタリアン・ダンプリング」はニラやシイタケなどの優しい野菜がギッシリ。取材時ちょうど同店のスタッフが一つひとつ丁寧に包んでいた最中だった。全部で21種類の点心は当然のようにいずれもすべて手作り。
「クリスピー・スキン・チキン」はパリパリの皮とあっさりの鶏肉という意外なの組み合わせにソースがマッチ。麺類、ごはん類は合わせて7種類。その他メインも7種類、デザートは5種類。
ウエストフィールド・ショッピング・センターの5階のフード・コートに位置するが、ここのフードコートはかなりハイ・レヴェルで、椅子もテイブルも高級感溢れるし、窓際からはシティ・ヴューも楽しめる。新上海には客がひっきりなしに来店していて、点心は作り置きせず毎日同店で作ったものを、オーダーを受けてから5分蒸すだけなのでだいたい7分くらいでできあがる。ボンダイ・ジャンクションのほかにはアッシュフィールド、チャツウッド、チャールストン・スクエア(ニューカッスルの近く)とどんどん店舗を増やしている勢いのあるレストランだ。

New Shanghai
Shop FC04, Level 5, Westfield, 500 Oxford St., Bondi Junction
☎(02) 9386-4623
月~水、金10AM~8PM、木、土10AM~9PM、日10AM~7:30PM

*2012年8月6日の情報です。(Japaralia September 2012 ボンダイ・ジャンクション特集掲載記事)
Score 13/20 by SMHGFG2013 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2013)


日本人の口に合う台湾の家庭料理と麺の店、ヌードルス・ユア・ウエイ

スパイシー・ビーフのヌードル・スープ($9.80)

ポーク・リブ入りのヌードル・スープ($9.80)

煮込みビーフのヌードル・スープ($9.80)

ワールド・スクエアの地下1階、コールスやアジア・スーパーマーケットがある一角、ナンドス(ファスト・フード)の隣りにドアがない店がある。オーナーのアニーさんは昨年9月の同店オープンのことを知人にさえ知らせず、当然広告展開も一度もしないながら、ふらりと来た客が常連になったり友達や知り合いを連れて来たりでオープンから1年弱の今では大人気店へ。記者も一度でファンになってしまったのは、台湾の優しい味わいが日本人の郷愁に触れるからなのだろう。特に日本食と似ているわけではないのに、家庭料理が持つ万国共通の何かがそうさせるのだろうか。アニーさん曰く、「韓国の客もタイの客も”お母さんの味”と言うから不思議」
卵麺を使うスープ・ヌードル各種はあっさり鶏のスープや、辛いスパイシー・スープなどさまざま。載せる具も豚の角煮や豚挽肉、煮卵、豆腐煮など。さらに、新登場の麺が6種あり、台湾で人気の3カップ・スープの麺も3種登場だ。しょうゆ、砂糖、油をそれぞれ1カップずつ使用しているから”3カップ”と呼ばれているのだそう。人気メニュー「煮込み(braised)ビーフのヌードル・スープ」はクリアなスープであっさり味。「スパイシー・ビーフ・ヌードル・スープ」は汗が出るほどの辛さだが、味は決してクドくない。記者がファンになったポーク・リブ入りのヌードル・スープは唐揚げなのにこちらも全く油っこくないのだ。スープ・ヌードルの上に載っていてもカラっとしているから不思議。
スープ・ヌードル以外にも、ドライ・ヌードルやご飯ものも揃っているが、その他、2種または3種のおかずを選ぶライス付きのディッシュが人気だ。日替わりの10種類程のおかずから選べる。前述の通り家庭料理をベイスにしていて野菜も豊富だから毎日食べても飽きず、中には1日2回も来る客もいるそう。レストラン・クォリティの料理がフードコート価格なのは本当に良心的だ。

Noodles Your Way
Shop 18, Ground Level, World Square shopping centre
☎(02) 9383-8688
11AM~10PM(無休)


ポピュラーで旬な上海レストラン、テイスト・オブ・シャンハイ(上海天国)

上海小龍包($8.80)。オーダーが入ってから皮を練り、伸ばし、包み、そして4分蒸してサーヴするフレッシュさが売り。

豚の角煮と煮卵の自家製しょうゆ煮込み(金牌紅焼肉)($22.80)。甘く濃厚なしょうゆベイスのソースに絡まった軟らかい肉が魅力。ヴォリュームたっぷりで、なるほどオイリーではない味付け。

ライス・ケーキと挽肉の炒め物($9.80)。ベタつかない米粉の団子を薄切りにしてキャベツと細切りのポークのみで炒めてあるシンプルな料理。

担々麺($9.80)

05年オープンのアッシュフィールド1号店、そしてこちら08年オープンのワールド・スクエア店、09年にはイーストウッド店と3店舗展開をしているレストラン。「上海フードが今クローズ・アップされているのは、上海は中国の中央に位置しているため、各地の伝統的な食べ物が集まり洗練されていったから」と語るのは、以前はファッション関係の仕事をしていたというオーナーのアーロンさん。「中華はオイリーだし味が濃くなりがちですが、当店はオイルも味の強さも控えめで健康的
」とも。
熱々のスープが口一杯に広がり、細かい挽肉の繊細な味が堪能できる「上海小龍包」は、オーダーが入ってから皮を練り、伸ばし、包み、そして4分蒸してサーヴするフレッシュさが売り。「豚の角煮と煮卵の自家製しょうゆ煮込み」は甘く濃厚なしょうゆベイスのソースに絡まった軟らかい肉が魅力。ヴォリュームたっぷりで、なるほどオイリーではない味付け。「ライス・ケーキと挽肉の炒め物」はベタつかない米粉の団子を薄切りにしてキャベツと細切りのポークのみで炒めてあるシンプルな料理。韓国のトッポギ(”トッポギ”は日本語読み)を連想させるが、味はあっさりで妙に懐かしい。一度お試しを!
人数が集まればいろいろ味わえるから、少人数のパーティによく利用されているという。その場合予約は必須だが、1日を通してオープンしているので、ランチとディナーの間のおやつタイムはウォーク・インでOK。

Taste of Shanghai
Shop 9.07, World Square Shopping Centre, 680 George St., Sydney
☎(02) 9261-8832
11AM~10PM、無休

*2011年8月4日の情報です。


世界一美味しい小籠包をシドニーで、ディンタイフォン(鼎泰豊)

蟹と豚肉の小龍包(6個$15.80)。蟹の風味の熱々の肉汁が口の中でジュワーっとあふれ出す瞬間、あまりの美味しさに言葉を失うほど。

海老炒飯($13.80)。シンプルにネギと海老と卵のみの具で勝負。お米が日本米と同じジャポニカ種なのがポイントで、感動的なツヤと絶妙のパラパラ加減の炒め具合は日本人の舌にも最高に合う。

担々麺($10.80)。ピーナツの風味が香ばしいゴマだれに絡めていただく腰の強いツルツル麺。刻みネギのみのシンプルさと辛さが良し。

ディン・タイ・フォン・ヴェジタリアン・デライト($4.50)。昆布ともやし、春雨、そして固めの豆腐が醤油ベイスのソース和えてあり、ほんのり酢の味がさっぱりさせてくれるメニュー。

ライチー・ミント・ジュース($6.50)。ライチーの香りの甘さにミント風味をミックスし、辛い食べ物をいただく際の口直しにいい感じ。

タロ・ジェラート&ゴールデン・タロ・ブレッド($6.80)。タロあんの温かい揚げパンもついて満足度がさらに高いおすすめのデザート。

台湾台北市に本店を置くレストランで、1974年にオープン、その後、日米を含み世界展開し、米紙ニューヨーク・タイムズに「世界10大レストラン」の一つと評された世界的に有名な点心料理専門店、ディンタイフォン。世界中どの店舗も連日大勢の来客で賑わい、長蛇の列が絶えないくらい人気。こちらシドニーのワールド・スクエア店も同様。平日の昼というのに12時ともなれば満員の人気店で、ディナー時も5時半(木~日は5時)のオープンと同時にドっと客が押し寄せ、6時をちょっと過ぎる頃には席が埋まり待たなければならなくなるが、客数の多い広い造りのため回転率も良く、さほど待たされることはない。
「ディンタイフォンの名は小籠包なくしては語れない」というくらい小籠包の美味しさに定評があり、「幻の小籠包」と呼ばれ世界中の多くのファンから支持されている。門外不出のレシピから生まれる小籠包は、注文から15分以内に“蒸し”に入っていないものは捨ててしまうくらいの鮮度にこだわり、いつでも客が最高の最高の状態の美味しさを楽しめるよう徹底しているという。一口で頬張れる大きさで、熱々の肉汁が口の中でジュワーっとあふれ出す瞬間、あまりの美味しさに言葉を失うほど。まずは何もつけずにそのまま食し、次に千切りのショウガにしょうゆと酢を入れたタレで食べてみることをおすすめ。
「担々麺」はピーナツの風味が香ばしいゴマだれに絡めていただく腰の強いツルツル麺。刻みネギのみのシンプルさと辛さが良し。「セサミ・ヌードル」は辛くないヴァージョン。「ライチー・ミント・ジュース」はライチーの香りの甘さにミント風味をミックスし、辛い食べ物をいただく際の口直しにいい感じ。同じく「ヴェジタリアン・デライト」は昆布ともやし、春雨、そして固めの豆腐が醤油ベイスのソース和えてあり、ほんのり酢の味がさっぱりさせてくれるメニュー。
コクがある「海老炒飯」は、シンプルにネギと海老と卵のみの具で勝負。お米が日本米と同じジャポニカ種なのがポイントで、感動的なツヤと絶妙のパラパラ加減の炒め具合は日本人の舌にも最高に合い、日本人の中には小龍包と並んで同店の炒飯を絶賛する声も高い。
最後は黒ゴマやマンゴーなど6種類から選べるジェラートをおすすめ。「タロ・ジェラート&ゴールデン・タロ・ブレッド」はタロあんの温かい揚げパンもついて満足度がさらに高いおすすめのデザート。

Din Tai Fun
World Square Shopping Centre, Level 1, Shop 11.04 , 644 Geogre St., Sydney
☎(02) 9264 6010
ランチ/月~金11:30AM~2:30PM、土日11:30AM~3PM
ディナー/月~水5:30PM~9PM、木~土5PM~9:30PM、日5PM~9PM
酒類ライセンスあり

*2011年8月9日の情報です。


飲茶もディナーも広々としたゴージャスな空間で、カム・フック・シーフード・レストラン(ボンダイ・ジャンクション)

マーボー豆腐ウィズ・マッドクラブ(時価、取材時は$78/kg)。マーボー豆腐にマッド・クラブが埋もれた一品。チリ・クラブがちまたでは人気だが、この組み合わせも非常に魅力的。人気TV番組「マスター・シェフ」という番組で、審査員の一人が審査を忘れてチリ・クラブを食べ続けてたが、その気持がよく解る一品。取材だということを忘れて食べ続けてしまうほどの美味しさ。

飲茶各種(ハーガウ$7.30、シューマイ、バーベキュー・ポーク・ペイストリー、チキン・パイ$6.50、バーベキュー・ポーク・バン、コンビネーション・ダンプリング$5.50、エッグ・タルト$4.30)。プリプリの海老が口一杯に広がるハーガウ、さくっとした繊細なパイに包まれたチキン・パイ、デザートもパイのなかにたっぷりのコクのエッグ・タルトなどなど、どのメニューもスタンダード以上の美味しさ。

バーベキュー・ポーク・ウィズ・ハニー&ブラック・ペッパー($26.80)。バーベキュー・ポークのハニー&ブラック・ペッパー風味はスィート&スパイシーで、肉の旨味がとてもジューシー。

ディープ・フライ・ミンス・プロウン&スカロップ($33.80)。海老とホタテのすり身を揚げた料理は、フレンチのテリーヌのような感覚。弾力がありふわふわのシーフードの食感とあっさりめの味付けがたまらない。

スティーム・ミックス・ヴェジタブル・ウイズ・マッシュルーム($24.80)。野菜とマッシュルームのスチームは、マイルドで素材の味が引き出される味付けだ。

ウエストフィールド・ショッピング・センターの6階、レストラン街の一角にあり、チャツウッド店同様、こちらのボンダイ・ジャンクション(BJ)店も2005年のオープン以来、飲茶もディナーも大賑わいの中華レストラン。
今回はBJ店マネージャーのエドモンドさんが選んで色々紹介してくれた。まず、マーボー豆腐にマッド・クラブが埋もれた一品。チリ・クラブがちまたでは人気だが、この組み合わせも非常に魅力的。人気TV番組「マスター・シェフ」という番組で、審査員の一人が審査を忘れてチリ・クラブを食べ続けてたが、その気持がよく解る一品。取材だということを忘れて食べ続けてしまうほどの美味しさ。
海老とホタテのすり身を揚げた料理は、フレンチのテリーヌのような感覚。弾力がありふわふわのシーフードの食感とあっさりめの味付けがたまらない。野菜とマッシュルームのスチームは、マイルドで素材の味が引き出される味付けだ。バーベキュー・ポークのハニー&ブラック・ペッパー風味はスィート&スパイシーで、肉の旨味がとてもジューシー。
飲茶各種も相変わらずの美味しさ。プリプリの海老が口一杯に広がるハーガウ、さくっとした繊細なパイに包まれたチキン・パイ、デザートもパイのなかにたっぷりのコクのエッグ・タルトなどなど、どのメニューもスタンダード以上の美味しさ。
昼は2時間、夜6時以降は駐車場は無料。飲茶は予約できないけど、11時前ならOKとのこと。なにか特別な事があればアレンジできるとのことなので、マネージャーにリクエストしてみよう。ウエディングなど300名までのファンクションも受け付けており、特別なリクエストがあればアレンジ可能とのこと。

Kam Fook Seafood Restaurant
Level 6, Westfield Shopping Centre, Bondi Junction
☎(02) 9386-9889
飲茶(無休)10AM~3PM、ディナー(無休)月〜水5PM~10:30PM、木~日5PM~11PM
酒類ライセンスあり

*2011年1月の情報です。

Score 13/20 by SMHGFG2011 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2011)


飲茶でお馴染みのシドニー北部の中華料理店のヘルシー・ディナー、カム・フック・シーフード・レストラン(チャツウッド店)

ジンジャー&シャロット・フリーレンジ・チキン($68.80)。ソースをかけてスチーム・ベイクしたヘルシーな一品。皮に味が染みておいしく、身もあっさりしている。予約の際ににオーダーすること!

ヴェジタリアン・インヤン($20.80)。あっさりの絹ごし豆腐のキャビア載せと、豆腐の真ん中に卵と野菜、マッッシュルーム、キクラゲを入れて揚げたものを、それぞれオレンジときキュウリのスライスでインヤン(陰陽)の形に盛り付けたシェフ入魂の一品で、ウエディング・ファンクションでも人気だそう。

ジャイアント・スタイル・マッシュルームのアワビ・ソースがけ($11.80)。海老のすり身が巨大なマッシュルームの裏側にスタッフされている。ぷりぷり弾力のある大きなマッシュルームは口に入れると旨味が口の中で弾ける。

シドニー北部チャツウッドの駅前のショッピング・センター、ウエストフィールド内の映画館ホイツ前にある飲茶で有名な中華料理店。平日でもランチ時には常に行列ができ、週末は多い時で2.000~ 3,000 人が来店する。店内は驚くほどに広く(600 席)、てきぱきサーヴするスタッフのおかげで客の回転はよく、それほど待ち時間は長くない(それでもやはり待つことになるだろうが、できるだけ待ち時間を減らすには午前中に行くべし)。広いフロアに加え店内の階上フロアはファンクション・ルームが8 部屋もある。10 人以上から最大120 人まで収容可能なため大小さまざまなパーティに利用できるので幹事は覚えておくといいだろう。
飲茶は既に有名な同店なので、今回は飲茶ではなくヘルシーなディナー・メニューを紹介してくれた。日本人には馴染みがないかもしれないが、ピッキーな中国人が好んで食べるメニューだそう。海老のすり身が巨大なマッシュルームの裏側にスタッフされた、「ジャイアント・スタイル・マッシュルームのアワビ・ソースがけ」。ぷりぷり弾力のある大きなマッシュルームは口に入れると旨味が口の中で弾ける。「ジンジャー&シャロット・フリーレンジ・チキン」はソースをかけてスチーム・ベイクしたこれまたヘルシーな一品。皮に味が染みておいしく、身もあっさりしている。予約の際ににオーダーすること! 「ヴェジタリアン・インヤン」はあっさりの絹ごし豆腐のキャビア載せと、豆腐の真ん中に卵と野菜、マッッシュルーム、キクラゲを入れて揚げたものを、それぞれオレンジときキュウリのスライスでインヤン(陰陽)の形に盛り付けたシェフ入魂の一品で、ウエディング・ファンクションでも人気だそう。もちろんほかにも山ほどメニューはあるし、水槽の中の蟹やロブスターなどのシーフードにしても、調理方法もソースも豊富なので、気軽にマネージャーにリクエストしてくださいとのこと。この機会に、飲茶以外の魅力も堪能してみて!

Kam Fook Seafood Restaurant
Shop 600, Level 6, Westfield Shoppingtown, 28 Victor St., Chatswood
☎ (02)9413-9388
ランチ(無休)/月~金10AM ~ 3PM、土・日9AM ~3PM
ディナー( 無休)5:30PM ~ 11PM
酒類ライセンスあり

Score 14/20 by Sydney Morning Herald “Good Food Guide 2011”