オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

東南アジア

あのテツヤさんが足繁く通った店、ジンジャー&スパイス・シンガポール・レストラン

ハー・ミー($17.80)は海老のダシがたっぷりの海老そば。

ハー・ミー($17.80)は海老のダシがたっぷりの海老そば。

ノウ・ヒャング($19.80)。海老とカシュー・ナッツ入りの豚ミンチが5種のスパイスと一緒に湯葉に包まれている。

ノウ・ヒャング($19.80)。海老とカシュー・ナッツ入りの豚ミンチが5種のスパイスと一緒に湯葉に包まれている。

豆腐トロー(写真はL$28.80/R$22.80)。揚げた自家製卵豆腐に海老ペーストのソースが美味。

豆腐トロー(写真はL$28.80/R$22.80)。揚げた自家製卵豆腐に海老ペーストのソースが美味。

gingerandspice_ex_w

gingerandspice_in_w

シドニー市内にある一流レストラン、テツヤズの和久田哲也さんがシンガポール・ベイスになる以前、足繁く通ってたというシドニー北部ニュートラル・ベイにあるシンガポール料理店。オーナー・シェフのアレックス曰く「海南チキン・ライス($17.80)をいつも召し上がっていました」。9年前のオープン以来、「グッド・フード・ガイド」に必ず載る常連店でもあり、週末は予約なしには入れないほど人気。内装はモダンで高級感があり、盛り付けも味もクォリティが高い。
シグネチャー・ディッシュは、シンガポール・チリ・クラブ(時価、2日前までに要注文)。予約しそびれた人はソースが同じシンガポール・チリ・プロウン($23.80)を。
「シドニーいち」と絶賛する日本人も多い人気の海老麺ハー・ミー($17.80)は、なるほど海老のダシの効いたスープを飲んだ途端、海老の風味が口いっぱいに広がる。トッピングの海老もほんの少しだけ衣がついていて、天ぷらみたいにスープと絡んでトロミがあり、旨みが凝縮されて口の中で弾ける。
海老とチェストナッツ入りの豚ミンチを5種のスパイスと混ぜて湯葉に包んだものを揚げたノウ・ヒャング($19.80)は、シャリシャリとしたチェストナッツの歯触りがたまらない。
スペシャル・メニューの豆腐トロー(L$28.80/R$22.80)は、ふんわり軟らかな自家製卵豆腐を揚げた物が山形に盛られ、海老ペイストのピーナツ風味のソースをたっぷりつけていただく。、6人からのバンケット・メニュー、2人用のセット・メニューもあり。

Ginger & Spice Singapore Restaurant
240 Military Rd., Neutral Bay
☎ (02)9908-2552
ランチ火~日12pm-3pm ディナー5:30pm-10pm
酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可)

*2014年5月の情報です。(Japaralia June 2014 ニュートラル・ベイ特集掲載記事)
Score 13.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)

広告

24時間煮込んだスープが決め手のフォー、アイ・ラヴ・フォー

 

レア・ビーフ・フォー($11.90)

レア・ビーフ・フォー($11.90)

ilovepho3w

豚のグリルと春巻きのヴァーミセリ($14.90)

豚のグリルと春巻きのヴァーミセリ($14.90)

ilovepho_in2w

ilovepho_exw

スープの味わいをしっかり味わって欲しいので味の邪魔になるスパイスはあまり入れていないという秘蔵のスープは、OX牛の骨を使い24時間煮込んで毎日作っている。店名にもある通り、シグネチャー・ディッシュはフォーだ。まだ肉が赤いうちに運ばれるレア・ビーフ($11.90)と、いろんな部位が入ったスペシャル($14.90)が同店の2大人気フォー。胸を張るのもうなづける抜群の味なのでランチは単体で、ディナー利用の際にも食事のシメにぜひオーダーを。乳児検診所が近くにあるため、ランチ・タイムには赤ちゃん連れのママたちがよく訪れるそう。
フォー以外のメニューももちろん充実しており味も本格的。見た目以上にあっさりといただける豚のグリルと春巻きのヴァーミセリ($14.90)、ヴェトナミーズ・クリスピー・パンケーキ($13.60)も人気のメニュー。
シェイキング・ビーフ・スペシャル($28)は木曜から日曜のディナー・タイムのみのスペシャル・メニュー。角状のアイ・フィレ牛にタマネギとガーリックのソースがたっぷりかかって出て来る。記者を含め3人がその美味しさに驚いたほどの一品で、大人気なのがうなづけるメニューだ。ラップンロールという、自分で巻く生春巻きのメニューも人気。
クロウズ・ネスト店のほか、ノース・シドニーに半年前にオープンしたばかりの姉妹店もある(Berry Square, Shop21A, 77 Berry St., North Sydney)。

I Love Pho
47 Willoughby Road, Crows Nest
☎ (02)8065-1129
ランチ月~金11am-3:30pm
ディナー11am-10pm、土日11am-10pm
酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可)

*2014年3月の情報です。(Japaralia April 2014 クロウズ・ネスト特集掲載記事)


マリックヴィルのヴェトナム料理店、phd

Vietnamese Creape-style Pancake with Prawn & Pork

Vietnamese Creape-style Pancake with Prawn & Pork

Steam Rice with Braised Chicken with Lemongrass & Chille

Steam Rice with Braised Chicken with Lemongrass & Chille

Pho Rice Noodle Soup with Mediun Rare Beef

Pho Rice Noodle Soup with Mediun Rare Beef

phd vietnamese restaurant
308 Illawarra Road, Marrickville
(02)9559-5078
open 7 days 11am-9:30pm


カジュアルなのにワン・ハット受賞の底力、ママク

長蛇の列で有名なチャイナタウンのママクの2号店がチャツウッドにオープンしたのが約2年前の2010年10月。木~土のディナー・タイムにはこちらも行列ができる人気ぶり。予約不可のカジュアル店ながらシドニー・モーニング・ヘラルド主催の2009年度グッド・フード・ガイドでワン・ハットを受賞。インド料理にインスパイアされたロティが売りの店だ。同店では外からロティをつくっているところを見ることができる。30分程寝かせたドウをかなり薄く大きく伸ばし、畳んで鉄板で焼く。
もうひとつの名物のサティは長い串にきゅっと刺さってサーヴされ、ボウルいっぱいのピーナッツ・ソースにつけていただく。粗く砕いたピーナツやスパイスが入った甘辛いソースは病みつき。人気のメインはラム・カレー($16)、海老の炒め物($19)、フライド・チキン($14)など。ご飯ものの「ナシ・レマク」は香り高いココナツ・ライスの周りにサンバル(チリ・ソース)、ピーナツ、小魚の揚げ物、キュウリが載ったマレイシアの国民的料理。そこに追加で載せてくれた「イカのサンバル風味」は、ふわふわに軟らかいイカのピリ辛味がたまらない。マレイシアの甘い濃い紅茶テ・タリク($3.50)が辛さを和らげてくれる。
ロティ・ティス($9.50)は円錐に形作ったロティでアイスクリームと一緒にサーヴされる。内側にはレモン・ジュースと砂糖がついていて、手で崩してパリパリいただく。
平日はランチ・スペシャルがあり、1人用に小さめのサイズのメインにライスが付いて$10〜$12で楽しめる。

チキン・サティ(1/2ダース$9)

ナシ・レマク($8.50)+イカのサンバル風味($4)

Mamak
Shop P9, 1-5 Railway St., Chatswood
☎(02)9411-4411
ランチ11:30AM~2:30PM
ディナー5:30PM~9:30PM(金土~10:30PM)
BYO

*2012年7月9日の情報です。(Japaralia August 2012 チャツウッド特集掲載記事)
Score 14/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)


伝統的なタイのストリート・フードを洗練された空間で、ムウム・マアム

サリー・ヒルズのデヴォンシャー・ストリートからホルト・ストリートに入った一角にお洒落な美味しいレストランが何軒も並ぶ。そこに1年程前オープンし、またたく間に「シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイド」にニュー・エントリーを果たしたタイ料理店がこちら。インテリアはイタリアのデザインの影響を受けていて、長いテイブルがどんと店の中央に位置する。壁の一面にはアートが描かれ、反対側はオープン・キッチン。入り口脇にある器械はココナツ・クラッシャー。料理に使うココナツ・ミルクは生のココナツを器械を使って採取するという。すべてのチリ、カレー・ペイストなどのスパイスも自家製だというこだわりよう。
いわゆるオーストラリアで食べるタイ料理とは違い、伝統的なタイのストリート・フードを提供、素材も昔からタイ料理に使われてきたものしか使わない。同店によると、ニンジンやブロッコリーなどが入ったタイ・カレーはオーストラリアに合わせてあるんだそう。例えば「タイ北部のクリスピー卵麺の入ったビーフ・カレー」は、オーストラリアではここだけのメニュー。3時間煮込んだカレーにも新鮮なココナツ・ミルクを加え、しゃぶしゃぶ風にいただくあっさりカレーだ。
「グリーン・パパイヤ・サラダ」は、タイのストリートでは単体ではなく鶏肉と一緒にサーヴされるという。ウズラは軟らかく既に味がついているが甘辛のソースに浸けるとさらに味に深みが出て美味しくなる。
タイのデザートの代表格「スティッキー・ライス」はココナツ・ミルクに浸り、マンゴーとはタイ・エッグ・カスタード・ジェラートを添えて出される。同店で使用しているジェラートは系列店「ジェラート・メッシーナ(www.gelatomessina.com)」の自家製。オリジナルのトロピカルなフレイヴァーのジェラートがそろい、パンダン・ココナツ・ソルベ、ソルティ・パーム・シュガー・カラメル(1スクープ$3.90、2スクープ$7、3スクープ$10)など見逃せない味。
4名からオーダーできるお得なバンケット・メニューもあり、いずれもライスとデザートが付いて料理7種類だと1人$39、9種類で同$59、長いテイプルの同店の造りはパーティーにも最適だ。
カレーの辛さを和らげてくれるトロピカルなカクテルもおすすめで、辛い料理に最高の組み合わせのカクテルが「新鮮なライチとスコッチ・カラメルのラム・カクテル」。
同店Facebookを開いて「いいね(Like it!)」をクリックすると、毎月2人にディナーが当たるキャンペーンを実施中。日替わりのランチのスペシャルもFacebookでチェックできるとのこと。

アントレ3種を写真用に盛り合わせてくれた。ソルト・ペッパー豆腐($12)、スモークド・トラウトのベタル・リーフ(各$4)、ダック生春巻き(3ピース$12)

タイ北部のクリスピー卵麺の入ったビーフ・カレー($17)

ターメリックでグリルしたウズラとグリーン・パパイヤ・サラダ($21)

スティッキー・ライスとマンゴー、タイ・エッグ・カスタード・ジェラート($12)

Muum Maam
Shop 1/50 Holt St., Surry Hills
☎(02)9318-0881
ランチ(月~金)11:30AM~3PM、ディナー(月~土)6PM~10:30PM
酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可)
*2012年2月1日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集)

New Entry, Score 13/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)


「シドニー・ベスト・ラクサ賞」受賞の美味しさ、ジミーズ・レシピ・マレーシアン・ワールド・スクエア

シーフード・ラクサ($9)

ハー・ミー($9)

海南チキン・ライス($9)

QVB真横の別のグルメ・ショッピング・コンプレックス、ザ・ギャレリーズに7年あるマレイシア料理店の2号店で、ワールド・スクエア店はゴールバーン・ストリート沿いにややひっそりと存在するが、朝の10時から通しで夜まで中休みなしで開いている同店には、好きな時間に自分のペイスで来店する常連客が多い。
同店の売り「ラクサ」はココナツ味のカレー・スープにフレッシュ・チリ、海老のペイスト、レモン・グラス、ハーブとスパイスが入っている、シドニーでは馴染みのあるヌードル・スープだ。麺は細いライス・ヌードルが9割に太い卵麺が1割の割合。「シティ・ニュースで」08年度の「シドニー・ベスト・ラクサ賞」を受賞した同店のラクサは、ヴェジタブル、ビーフ、チキン、フィッシュ、シーフード、海老、コンビネイションと種類も豊富で、辛すぎず、コクがあるがあっさりとしたスープがなるほど納得の美味しさ。
「アッサム・ラクサ」はキュウリやパナップルを載せた、やや酸味のあるスープ。「ハー・ミー」はチリ味の海老のスープ。口一杯に海老の香りが広がるがあっさりとしたスープ。それにさらにお好みでチリ・ペイストを入れるのが通。辛さが苦手なら「イポー・ホー・ファン(IPOH HOR FUN)」も辛くない海老味のヌードル・スープだ。
麺以外では、手作りのロティ・パンと食べる「ロティ・チャナイ&カレー・チキン」、ココナツ・クリームで炊いたご飯にチリ・アンチョヴィー、マレイシアのピクルスとゆで卵とチキン・カレーまたはビーフ・レンダンから選べる「ナシ・レマク」がおすすめだそう。
やはりこちらも人気の、鶏肉の旨みを最大限に引き出したシンプルな料理「海南チキン・ライス」はソフトな皮の鶏肉、ネギとショウガ、鶏肉のスープで炊いたご飯が美味。

Jimmy’s Recipe Malaysian World Square
Shop 9.60, World Square Shopping Centre, 644 George St., Sydney
☎(02)9283-1876
月~土10AM~9PM、日10AM~7PM


タイ北部の上品な味付け、ポメグラネイト・タイ

チョー・マング(ポークとピーナッツの蒸し餃子)(3ピース $12)

グエイ・テオウ・ルイ・サン(ライス・クレープ)(2ピース $12)

バラマンディ&マンゴー・サラダ($29.50)

ダーリング・ストリートの教会を越えて2ブロックスほど先に行くと左側にある、タイ・レストランはシドニー・モーニング・ヘラルドの「グッドフード・ガイド」でも紹介されている店で、週末には必ず予約が必要なほどだが、それだけ繁盛していながら日曜日にはすべてのメニューが15%OFFというサーヴィスを行っている今時珍しい店でもある。ヘリテージ風の建物の中は天井が高く、木のテイブルと椅子、タイ風のアンティークな装飾が落ち着いた雰囲気。
シェフはチェンマイ、チェンライなどのタイ北部出身で、辛いだけではないタイ料理がそれら涼しい地域の特徴だという。なるほど、料理はどれも味が強すぎず、辛すぎず、甘過ぎもしない。素材の持ち味とハーブの上品な香りを生かした味付けだ。モダンな盛りつけも、ほかのタイ・レストランとは違う特徴だろう。
「ポークとピーナッツの蒸し餃子」は薄紫色の上品な一品。ふわふわの皮の中には、ピーナッツの香りのほんのり甘い具が入っている。これは温かいまま食べて欲しいのでテイクアウェイはできないという。「ライス・クレープ」はハーヴの香りの強いチリ・ドレッシングが絶妙。同店の人気メニューのひとつになっている。「バラマンディ」は揚げてあるのにカラっとしていため軽い味わいで、グリーン・マンゴーとハーブ、シトラス風味のチリ・ガーリックでかなり爽やかな一品。こちらも同店の人気メニュー。
上記のメニューは壁のボードにあるスペシャル・メニューから。通常のメニューも3ヶ月ごとに替わる。シグニネャー・デイッシュの「ロースト・ダック・レッド・カレーと、クリスピー・タイ・ホワイト・ベイトは何時でもメニューに入れてますが」、とのこと。そのほか人気は「クリスピー・ポーク・ベリー」、「キング・プラウン・ステアフライ」、「バルメイン・ロール」、「スチームド・スカロップ」「バナナ・フラワー・サラ」ダなど。大人数で行って、片っ端からメニューを楽しみたい。

Pomegranate Thai‎
191 Darling St, Balmain
☎(02) 9555 5693
ランチ金〜日12PM 〜 3PM、ディナー木〜日5:30PM 〜 10PM
ライセンス有り(BYO可)