オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

欧州

珍しい本格オーストリア料理に注目、ビストロ・ロートリッシュ

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

Bistro L'autriche_inw

Bistro L'autriche_exw

2013年6月にオープンした店。店名にある”ロートリッシュ”は、フランス語で”オーストリアの”という意味だが、なぜわざわざフランス語で”オーストリアのビストロ”という名前をつけたのだろう。謎の答えは単純。オーナーは3人で共同パートナー制で、うちシェフ2人はフランス人とオーストリア人ということなのだ。ちなみにもうひとりのオーナーでフロアを取り仕切るポーリーンはオランダ人。
というわけで同店ではシドニーでは珍しい本格オーストリア料理をはじめ、フランス、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパ各国の家庭料理が楽しめる。内装もヨーロッパ調で、鹿の剥製がどーんと壁にかかっていたり、こちらも鹿の角の形にデザインされたシャンデリアなど、ヨーロッパ田舎風の洒落た雰囲気。中庭もカラフルで居心地のいい空間を演出している。
朝食/ランチメニューはフレンチ・トースト($10.90)、パンケーキ($8.50)、1人用の小型の鉄製フライパンで焼かれそのまま出される熱々メニューが5種($12.90〜$15.90)など、どれもヴォリュームたっぷり。フライパン料理にはパンは添えられず、代わりにいずれもジャガイモの千切りを焼いたロスティがフライパンの底に敷かれ、サクっとフワっとしたロスティは食べ応え充分。
さらにヴォリュームがたっぷりなのはディナー。イェーガー・シュニッツェル($22.50)は20センチ以上に広げた巨大なチキンにたっぷりのマッシュルーム・ソースが。さすがシュニッツェル発祥のオーストリア人シェフ作とあって、シドニーで食べるそのへんのシュニッツェルとは比べ物にならない美味しさ!みっちりとジューシーなチキンにピタっと張り付いた薄い衣はカラッとしている。シュニッツェルはほかも2種類あり、いずれもロスティと赤キャベツのサラダ付き。
ハンガリーの煮込み料理のグヤーシュ($20.50)はカイエン・ペッパーがスパイスになっているが特に辛いわけではなく、牛肉はほろほろ。こちらもロスティが付いてきて大満足。
ドイツ名物ポーク・ナックル($25.90)は自家製のザワークラウトもたっぷり添えられ、皮がパリッパリの骨付き豚の大きさに圧倒される。
日本人にはいずれもかなりヴォリュームなので、例えば3人で行ってアントレとメインを2品ずつシェアするといった食べ方をおすすめ。またはあれこれそろったアントレをタパス感覚でいくつかオーダーして、こちらも単品でオーダー可能なロスティ($5.90)やザワークラウト($5.90)などと楽しんでも。アントレにはカマンベールのフライ($11.90)、マッシュルームのパン粉焼き($11.90)、ビーフ・コロッケ($9.50)、ダック・テリーヌ($13.90/パン付き)などが。サラダもスイスのソーセージ・サラダ($12.90)、チキン・シュニッツェル・シーザー・サラダ($15.90)、フランスのニコイス・サラダ($15.90)など6種。
デザートもすべて自家製で、オーストリア名物のアップル・パイ、アップル・シュトュルーデル($7.50)は、リンゴがゴロゴロはいっており、ホクホクしてあっさりした美味しさ。ほかにもスティッキー・デイツ・プリン($7.50)、クリーム・ブリュレ($6.90)など自家製なのに料金も良心的だ。
金土は予約不可なのでその点だけ注意。

Bistro L’autriche
509 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 8399-2827
月3PM~10PM、火~金10M~10PM、土日8AM~10PM
酒類ライセンスあり、ワインのみBYO可

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)

広告

朝昼晩オールマイティに楽しめる店、オリオ

プルド・ポーク・バーガー($19)

プルド・ポーク・バーガー($19)

リングイニ・プッタネスカ($20)

リングイニ・プッタネスカ($20)

タイのグリル($29)

タイのグリル($29)

olio4w

olio_inw

olio_exw

セント・レナーズ駅の中庭コンプレックスにあるレストラン。朝昼夜通しの営業で、朝と午後のティー・ブレイクには極上のコーヒーを、金曜日にはライブ演奏を楽しみながらタパスやカクテルなどがオーダーできる。
中庭に面したテイブルが人気で、ビルの谷間のオープン・スペイスでコーヒーや朝食、ランチを楽しむ人々が溢れている。コンプレックス上階にオフィスがたくさんあることからミーティングなどビジネス系の利用も多い。プリペイドのコーヒー・カードがあり、コーヒーのテイクアウェイ客がひっきりなしに来店する。コーヒーはフルボディのダイ・ガブリエル、コスタリカ、パプア・ニューギニア、ブラジルのジャングルで手摘みされた豆のブレンドで、コクが深くリッチな味わい。
料理も本格的なイタリア/地中海の味を堪能させてくれる。キッチンには最新の調理機材がいろいろあって、その中のひとつ、80度の低温で調理した豚肉を使ったプルド・ポーク・バーガー($19)は、甘めのバンズの下側にバター・ミルクに含ませ、その上にチリ・マヨネイズ、抜群に美味しいサラダ、たっぷりのポークが載っている。
リングイニ・プッタネスカ($20)はトマト・ベイスのソースに白アンチョビ、パルメザン・チーズ、黒オリーブ、ケイパーなどが絡まっている。
タイのグリル($29)は、あっさりのタイにトマト・ベイスの煮野菜がトロトロに絡み合い、まろやかにコクのある味に仕上がっている。

Olio
Shop 1, ‘The Forum’, St Leonards Station, St Leonards
☎ (02)9439-8988
月~火7am-4pm、水~金7am-9pm
酒類ライセンスあり

*2014年3月の情報です。(Japaralia April 2014 クロウズ・ネスト特集掲載記事)


ファイン・ダイニング級のカジュアル店、イーツ・イタリアン・ピッツェリア

プロシュートとロケットのピッツア($21)

プロシュートとロケットのピッツア($21)

アンティパスト・ミストAntipasto Misto($13)

アンティパスト・ミストAntipasto Misto($13)

パンナ・コッタPanna Cotta($10)

パンナ・コッタPanna Cotta($10)

eatsitalian_exw

eatsitalian_inw

テイラー・スクエアをフリンダース・ストリートに入ってすぐのバス停目の前に2カ月前にオープンしたばかり。トスカーナ 地方出身のオーナー・シェフ、ルカさんが本場イタリア式のピッツァを提供。イタリア製の粉を使ったハンドメイドの生地は、他店では未体験なほど軽くて伸びがあり上品な味わい。それに厳選された素材を載せ、最後にエクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルをふりかけてサーヴされる。
ピッツァはトマト・ソースをベイスにした“レッド”と、モッツァレラ・チーズがベイスの“ホワイト”、中に具を挟み折り畳んだ状態の“カルゾーニ”の3つのスタイルが、日替わり2種を含み計19 種類のメニューで楽しめる。プロシュートとロケットのピッツァ($21)は、あっさりとサラダ感覚で、でもしっかり食べ応えのあるヴォリューム。
アンティパスティ(アントレ)とサラダは3種類ずつ。アンティパスト・ミスト($13)は水牛のモッツァレラと甘めのトマトの相性抜群のカプレーゼ、プロシュート、ピリ辛のサラミ、サン・ドライド・トマト、そして手作りのブレッド・スティックの盛り合わせ。黒板に書かれたホームメイド・ラザニア($16)もそそられるメニュー。
ドルチェ(デザート)3種も手作り。パンナ・コッタ($10)は日替わりソースでストロベリーだったりイチジクだったり、ダーク・チョコとアーモンド・スライスだったり。
ファイン・ダイニング級の厳選素材を使いつつ、料金設定は完全リーズナブルで好感が持てる。さらに、コーケージなしのBYOという貴重な店だ。

Eats Italian Pizzeria
24 Flinders St., Darlinghurst
☎ (02)8964-9954
火~日6PM~Late 月休
BYO

*2012年12月18日の情報です。(Japaralia Feburaly 2013 サリー・ヒルズ特集掲載記事)


シチリア料理が美味しい訳、テラッツァ・チャツウッド・ピッツア

シドニー北部最大の街、チャツウッドの新名所である複合施設「ザ・コンコース」の中庭に面した店で、オープン・テラスもあり、モダンで明るい造り。日本語の本やDVDもあるザ・コンコース内の大きなチャツウッド図書館や、同じく劇場利用の際のプレ・シアター・ディナーにも利用できる。
イタリア南部のシチリア地方の味をメインに提供。「シチリア料理はイタリア本土の料理程しつこくなくてあっさりして食べやすいよ」と同店オーナーのダニエルさんが言う通り、日本人の舌にもよく合う。取材日は幼児を連れたグループが会食をしていたが、ピッツアを頬張る子どもたちが一様に大人しかったのは、それだけ美味しかったからとも思える。ピッツアの生地は極薄くカリっとしていて、載っている素材の火の通し方も絶妙。16種類のピッツアと13種類のパスタがある。水分の吸収率の高いアルボリオ米を使ったリゾットはふんわりとしていてアルデンテに感動。メインのステーキもばっちりレアで肉のクォリティも良く、あっさりしたソース。そしてスキャンピとの組み合わせにもセンスを感じさせる。デザートもティラミス、パンナコッタ、クリーム・ブリュレーなどすべて自家製だ。ナテラ・ピッツァ(14.90)も大人気だそう。イタリアとオーストラリアのワイン各種が揃っていてアサヒ・ビールもある。キッズ・メニューもあるのが嬉しい。
3月にテレビ番組「ウィークエンダー」に取り上げられ、同店シグネチャー・ディッシュのゴルゴンゾーラのニョッキ($24.90)の作り方をデモンストレーションしている。その動画が同店のサイトで見ることができるので「ぜひ見て」とダニエルさん。

シーフード・ピッツア($26.90)

アイ・フィレ・ステーキとスキャンピ&ヴェジ($36.90)

シーフード・リゾット($28.90)

Terrazza Chatswood Pizza
Shop 3 The Concourse, 405-419 Victoria Ave., Chatswood
☎(02)9419-5304
11AM~11PM 無休
酒類ライセンスあり

*2012年7月4日の情報です。(Japaralia August 2012 チャツウッド特集掲載記事)


「グッド・フード・ガイド」エントリーの実力店、バロック・ビストロ

ラ・ルネサンス・パティスリー・フランセーズ系列のレストラン。店の前には広いテラス席もあり、店内は天井が高い歴史的な建物の古びた感じをうまく使った内装で、丸い照明が釣り下がり、透明プラスティックのイスが並びキッチュかつスタイリッシュな不思議空間。オープンキッチンの向こう側にはペストリー・キッチンもあり、4~5人が作業をしている。シェフはビルソンズを筆頭にハット受賞店出身で、オープンしてすぐの2011年度「グッド・フード・ガイド」にすぐにニュー・エントリーを果たした実力の持ち主。
フランス風に”ギャルソン”と呼びたいウエイトレスはとても親切で、食べ方も教えてくれた。イタリア料理のオッソブーコで日本人にもお馴染みの素材を使った「骨髄(Bone Marrow)のロースト」は骨が輪切りにされたものが3つ並んでいて「中の骨髄を小さなスプーンですくい、サワードウに載せ、塩をパラパラかけるのがベストな食べ方」だそう。
「コンフット・ダック」は鴨の脚のコンフィと首肉のソーセージがケール(青汁でお馴染みの野菜)とパースニップのピューレとイチジクともにサーヴされる。
「メカジキ(Swordfish)のパンフライ」は海老のバターとコールラビのピューレ、そして小さなカブやラディッシュが可愛く並んでいる。メカジキはトロの部分が使われ、レアな絶妙な焼き具合。
ランチの後中休みなしでオープンしていて、ロック・オイスターなどの一品料理と一緒にお酒を楽しむこともできるし、マカロン3個とコーヒー($12)、マカロン2個とシャンパン($20)、ケーキ($15)などのスウィーツも楽しめる。また、5PMから7PMまではハッピー・アワーなので夕食前の軽いお酒とおつまみ利用にぜひ。

コンフッ・ダック($36)

骨髄のロースト($18)

メカジキのパンフライド($34)

キッチュかつスタイリッシュな不思議空間

店の前には広いテラス席もあり

店内からの眺め

Baroque Bistro
88 George St. (corner of Hickson Rd.), The Rocks
☎(02)9241-4811
月~土 12PM~Late
酒類ライセンスあり

*2012年4月13日の情報です。(Japaralia May 2012 ロックス特集掲載記事)
Score 14.5/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2011)


ヨーロッパのカジュアルなダイニング、エッチ

オーシャン・トラウトのコンフィとホタテのスモーク(コンフィット・ペチュナ・オーシャン・トラウト、スモークド・スカロップ、アントレ$25)

イエローフィン・ツナのカルパッチョ(カルパッチョ・イエローフィン・ツナ、スパナクラブ、料金未定)

ピクルド和牛グリル、チャーグリルド和牛スコッチ、コーンビーフ・コロッケ(料金未定)

ホワイト・チョコのクリーム・カラメル、ズココ・チョコレート・フォンダン、三層のチョコレート・ケーキ、チョコレート・アイスクリームとチョコ・ミルク・シェイクのスイーツのテイスティング・プレート(取材仕様)

5スター・ホテル、インターコンチネンタル・ホテル・シドニー内のレストラン。ブリッジ・ストリート側(フィリップ・ストリートの角)入り口があるほか、ホテル内からも入れるようになっている。重厚な造りの壁に外側は大きな両開きの木の扉をくぐると、天井の高いアンティーク調のエレガントな空間が広がっている。花をモチーフとし、壁紙や大きな照明の内側に花のプリントがあしらわれ、華やかさを醸し出しているが、壁にかかっている絵はユニークかつアーティスティックで面白い。半地下のような造りで、窓からは見上げる形で通りが見える。「ファイン・ダイニングすぎず、カジュアルすぎないモダン・ヨーロピアンで、新鮮な素材を使っていることが特徴」とシェフのジェイムズ・メットカルフェさん。得意はオーシャン・トラウト料理。
ということで、まずは「オーシャン・トラウトのコンフィとホタテのスモーク」を紹介してくれた。クイーンズランド産の甘いホタテが炙ってあり、舌の奥をピリピリと刺激するワサビ・ソースとそれを緩和させる大根がスライスと角切りの両方で皿の上を華やかにしている。新メニューという「イエローフィン・ツナのカルパッチョ」は、ピスタチオ・ビネガー、スパニッシュ・オニオン、赤黄のピーマン、キュウリという素材が目にも爽やかな夏のメニュー。メインは様々な異なる調理法の和牛で、八角の香りのニンジン・ピューレが添えられている。デザートは4種類どれもパーフェクトだが、特に甘さがかなり控えめなダークな「フォンダン・ショコラ」はナッツとチョコレートの飾りのほろ苦さと生クリームとが記者の心を鷲掴みに。
ア・ラ・カルトのほかワイン付きのランチ・スペシャル($35)、テイスティング・メニュー($90、マッチング・ワイン$140)がある。
Etch Restaurant
62 Bridge Street, Sydney 2000
☎(02)9247-4777
ランチ(月~金)12PM~3PM、ディナー(月~土)5PM~late
酒類ライセンスあり

Japaralia January 2012 CBD北部三角地帯特集)


イタリア各地の味をイタリア・ワインと楽しめるハット受賞店、ヴィニ

サリー・ヒルズのデヴォンシャー・ストリートとホルト・ストリートの角、ホルト側に位置する小ぢんまりとした店。ランチもディナーも予約は取らないが、連日6:30PMの時点で満席となる人気ぶり(火曜日のみ予約可能。また、8~12名のプライヴェイト・ファンクションも予約を受け付けてくれる)。待ち時間用に、グラッドストン・ストリートを挟んで隣には「121BC」というワイン・バー(火~土5PM~)とワイン・ショップ(月~土1PM~9PM)があり、400本ものイタリアのワインが並ぶ。また、シティにある「Berta」という系列店では木曜日は季節の素材の4コース・ディナー($55)が楽しめるという。
こちらサリー・ヒルズ店では「リージョナル・ディナー」といって、イタリアの各地の料理を週替わりで食べられる。本場イタリアや、シドニーのテツヤズでも働いたことがあるというオーナー・シェフ、アンドリューのアイディアと味はずば抜けている。
「ビーフ・カルパッチョ」は素材を生かした味付けで優しい味。「ラム肉のロトロ」は手打ち麺にラム肉の煮込みやキャベツ、赤ピーマンなどのたっぷりの野菜を巻き込んだ一品で、ローズマリーが控えめに主張した、こちらも優しい味つけ。「リコッタ・パンナコッタ」はエスプレッソ・カラメル・ソースと大きくクラッシュされたアーモンドの組み合わせの甘くない大人のデザートで、見事な美味しさ。

ビーフ・カルパッチョ($15)

ラム肉のロトロ($19)

リコタ・パンナコッタ〜エスプレッソ・カラメル・ソースとアーモンド添え($10)

一面の黒板にメニューがある店内

サリー・ヒルズのデヴォンシャー・ストリートとホルト・ストリートの角、ホルト側に位置する

Vini
3/118 Devonshire St.(on Holt St.), Surry Hills
☎(02)9698-5131
ランチ火~金12PM~3PM、ディナー火~土6PM~10:30PM
酒類ライセンスあり

*2012年2月9日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
One Hat★ Score 15/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)