オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

オーストリア

珍しい本格オーストリア料理に注目、ビストロ・ロートリッシュ

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

Bistro L'autriche_inw

Bistro L'autriche_exw

2013年6月にオープンした店。店名にある”ロートリッシュ”は、フランス語で”オーストリアの”という意味だが、なぜわざわざフランス語で”オーストリアのビストロ”という名前をつけたのだろう。謎の答えは単純。オーナーは3人で共同パートナー制で、うちシェフ2人はフランス人とオーストリア人ということなのだ。ちなみにもうひとりのオーナーでフロアを取り仕切るポーリーンはオランダ人。
というわけで同店ではシドニーでは珍しい本格オーストリア料理をはじめ、フランス、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパ各国の家庭料理が楽しめる。内装もヨーロッパ調で、鹿の剥製がどーんと壁にかかっていたり、こちらも鹿の角の形にデザインされたシャンデリアなど、ヨーロッパ田舎風の洒落た雰囲気。中庭もカラフルで居心地のいい空間を演出している。
朝食/ランチメニューはフレンチ・トースト($10.90)、パンケーキ($8.50)、1人用の小型の鉄製フライパンで焼かれそのまま出される熱々メニューが5種($12.90〜$15.90)など、どれもヴォリュームたっぷり。フライパン料理にはパンは添えられず、代わりにいずれもジャガイモの千切りを焼いたロスティがフライパンの底に敷かれ、サクっとフワっとしたロスティは食べ応え充分。
さらにヴォリュームがたっぷりなのはディナー。イェーガー・シュニッツェル($22.50)は20センチ以上に広げた巨大なチキンにたっぷりのマッシュルーム・ソースが。さすがシュニッツェル発祥のオーストリア人シェフ作とあって、シドニーで食べるそのへんのシュニッツェルとは比べ物にならない美味しさ!みっちりとジューシーなチキンにピタっと張り付いた薄い衣はカラッとしている。シュニッツェルはほかも2種類あり、いずれもロスティと赤キャベツのサラダ付き。
ハンガリーの煮込み料理のグヤーシュ($20.50)はカイエン・ペッパーがスパイスになっているが特に辛いわけではなく、牛肉はほろほろ。こちらもロスティが付いてきて大満足。
ドイツ名物ポーク・ナックル($25.90)は自家製のザワークラウトもたっぷり添えられ、皮がパリッパリの骨付き豚の大きさに圧倒される。
日本人にはいずれもかなりヴォリュームなので、例えば3人で行ってアントレとメインを2品ずつシェアするといった食べ方をおすすめ。またはあれこれそろったアントレをタパス感覚でいくつかオーダーして、こちらも単品でオーダー可能なロスティ($5.90)やザワークラウト($5.90)などと楽しんでも。アントレにはカマンベールのフライ($11.90)、マッシュルームのパン粉焼き($11.90)、ビーフ・コロッケ($9.50)、ダック・テリーヌ($13.90/パン付き)などが。サラダもスイスのソーセージ・サラダ($12.90)、チキン・シュニッツェル・シーザー・サラダ($15.90)、フランスのニコイス・サラダ($15.90)など6種。
デザートもすべて自家製で、オーストリア名物のアップル・パイ、アップル・シュトュルーデル($7.50)は、リンゴがゴロゴロはいっており、ホクホクしてあっさりした美味しさ。ほかにもスティッキー・デイツ・プリン($7.50)、クリーム・ブリュレ($6.90)など自家製なのに料金も良心的だ。
金土は予約不可なのでその点だけ注意。

Bistro L’autriche
509 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 8399-2827
月3PM~10PM、火~金10M~10PM、土日8AM~10PM
酒類ライセンスあり、ワインのみBYO可

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)


手作りパンの店で各国欧州料理を、ハート・オヴ・ヨーロッパ

オーダーがきてから、自分で焼いたパンで衣をつくるチキン・シュニッツエル($16)

ビーフ・アイ・フィレに野菜たっぷりのソースを蒸しパンに浸して食べるスヴィッコヴァ($16.50)

後を引くさらさらの豆のスープ。ソーセージ入り($12.50)

かわがパリパリして香ばしいアップル・シュトゥルーデル($4)

ボンダイ・ジャンクション、ブロンテ・ロード沿いのハート・オブ・ヨーロッパはただのカフェではない。手作りパンにケーキも売りの、チェコ・リパブリック、オーストリア、ポーランド、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパ料理が食べられる店だ。
オーストリア料理の「チキン・シュニッツエル」は、同店で焼いたパンでパン粉を作るところから手作りのディッシュ。衣はしっとりとしてチキンを引き立てる味わい。そして、ポテト・サラダはピクルスとスパニッシュ・オニオンが効いている素朴で後を引く味だ。
「スヴィッコヴァ」は、濃いソースにこれまた手作りの昔ながらの製法の蒸しパンを浸して食べる本格チェコ料理。写真では隠れているが中に軟らかなビーフ・アイ・フィレのスライスが3枚。ソースがほんのり酸っぱみがあるのが特徴。
スープは常時2種類あるが、冬の時期には4~5種類あることも。豆のスープにはポテトが入っていて、わりとさらさらのスープ。ソーセージがコクを出していて、食べると汗ばむくらいに身体が温まる。
スウィーツでは手作りケーキの中でも「アップル・シュトゥルーデル」が人気が高い。すべて手作り、グルテン・フリーも多く取りそろえているので、相談してみよう。
ボンダイ・ジャンクション駅からブロンテ・ロードを10分くらいブロンテに向かって歩くと左側。バスなら378がブロンテ・ロードを通る。

Heart of Europe
114 Bronte Rd., Bondi Junction
☎(02) 9387-1677
月~金7:30AM~5PM、土8:30AM~3PM