オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

フランス

珍しい本格オーストリア料理に注目、ビストロ・ロートリッシュ

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

Bistro L'autriche_inw

Bistro L'autriche_exw

2013年6月にオープンした店。店名にある”ロートリッシュ”は、フランス語で”オーストリアの”という意味だが、なぜわざわざフランス語で”オーストリアのビストロ”という名前をつけたのだろう。謎の答えは単純。オーナーは3人で共同パートナー制で、うちシェフ2人はフランス人とオーストリア人ということなのだ。ちなみにもうひとりのオーナーでフロアを取り仕切るポーリーンはオランダ人。
というわけで同店ではシドニーでは珍しい本格オーストリア料理をはじめ、フランス、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパ各国の家庭料理が楽しめる。内装もヨーロッパ調で、鹿の剥製がどーんと壁にかかっていたり、こちらも鹿の角の形にデザインされたシャンデリアなど、ヨーロッパ田舎風の洒落た雰囲気。中庭もカラフルで居心地のいい空間を演出している。
朝食/ランチメニューはフレンチ・トースト($10.90)、パンケーキ($8.50)、1人用の小型の鉄製フライパンで焼かれそのまま出される熱々メニューが5種($12.90〜$15.90)など、どれもヴォリュームたっぷり。フライパン料理にはパンは添えられず、代わりにいずれもジャガイモの千切りを焼いたロスティがフライパンの底に敷かれ、サクっとフワっとしたロスティは食べ応え充分。
さらにヴォリュームがたっぷりなのはディナー。イェーガー・シュニッツェル($22.50)は20センチ以上に広げた巨大なチキンにたっぷりのマッシュルーム・ソースが。さすがシュニッツェル発祥のオーストリア人シェフ作とあって、シドニーで食べるそのへんのシュニッツェルとは比べ物にならない美味しさ!みっちりとジューシーなチキンにピタっと張り付いた薄い衣はカラッとしている。シュニッツェルはほかも2種類あり、いずれもロスティと赤キャベツのサラダ付き。
ハンガリーの煮込み料理のグヤーシュ($20.50)はカイエン・ペッパーがスパイスになっているが特に辛いわけではなく、牛肉はほろほろ。こちらもロスティが付いてきて大満足。
ドイツ名物ポーク・ナックル($25.90)は自家製のザワークラウトもたっぷり添えられ、皮がパリッパリの骨付き豚の大きさに圧倒される。
日本人にはいずれもかなりヴォリュームなので、例えば3人で行ってアントレとメインを2品ずつシェアするといった食べ方をおすすめ。またはあれこれそろったアントレをタパス感覚でいくつかオーダーして、こちらも単品でオーダー可能なロスティ($5.90)やザワークラウト($5.90)などと楽しんでも。アントレにはカマンベールのフライ($11.90)、マッシュルームのパン粉焼き($11.90)、ビーフ・コロッケ($9.50)、ダック・テリーヌ($13.90/パン付き)などが。サラダもスイスのソーセージ・サラダ($12.90)、チキン・シュニッツェル・シーザー・サラダ($15.90)、フランスのニコイス・サラダ($15.90)など6種。
デザートもすべて自家製で、オーストリア名物のアップル・パイ、アップル・シュトュルーデル($7.50)は、リンゴがゴロゴロはいっており、ホクホクしてあっさりした美味しさ。ほかにもスティッキー・デイツ・プリン($7.50)、クリーム・ブリュレ($6.90)など自家製なのに料金も良心的だ。
金土は予約不可なのでその点だけ注意。

Bistro L’autriche
509 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 8399-2827
月3PM~10PM、火~金10M~10PM、土日8AM~10PM
酒類ライセンスあり、ワインのみBYO可

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)

広告

「グッド・フード・ガイド」エントリーの実力店、バロック・ビストロ

ラ・ルネサンス・パティスリー・フランセーズ系列のレストラン。店の前には広いテラス席もあり、店内は天井が高い歴史的な建物の古びた感じをうまく使った内装で、丸い照明が釣り下がり、透明プラスティックのイスが並びキッチュかつスタイリッシュな不思議空間。オープンキッチンの向こう側にはペストリー・キッチンもあり、4~5人が作業をしている。シェフはビルソンズを筆頭にハット受賞店出身で、オープンしてすぐの2011年度「グッド・フード・ガイド」にすぐにニュー・エントリーを果たした実力の持ち主。
フランス風に”ギャルソン”と呼びたいウエイトレスはとても親切で、食べ方も教えてくれた。イタリア料理のオッソブーコで日本人にもお馴染みの素材を使った「骨髄(Bone Marrow)のロースト」は骨が輪切りにされたものが3つ並んでいて「中の骨髄を小さなスプーンですくい、サワードウに載せ、塩をパラパラかけるのがベストな食べ方」だそう。
「コンフット・ダック」は鴨の脚のコンフィと首肉のソーセージがケール(青汁でお馴染みの野菜)とパースニップのピューレとイチジクともにサーヴされる。
「メカジキ(Swordfish)のパンフライ」は海老のバターとコールラビのピューレ、そして小さなカブやラディッシュが可愛く並んでいる。メカジキはトロの部分が使われ、レアな絶妙な焼き具合。
ランチの後中休みなしでオープンしていて、ロック・オイスターなどの一品料理と一緒にお酒を楽しむこともできるし、マカロン3個とコーヒー($12)、マカロン2個とシャンパン($20)、ケーキ($15)などのスウィーツも楽しめる。また、5PMから7PMまではハッピー・アワーなので夕食前の軽いお酒とおつまみ利用にぜひ。

コンフッ・ダック($36)

骨髄のロースト($18)

メカジキのパンフライド($34)

キッチュかつスタイリッシュな不思議空間

店の前には広いテラス席もあり

店内からの眺め

Baroque Bistro
88 George St. (corner of Hickson Rd.), The Rocks
☎(02)9241-4811
月~土 12PM~Late
酒類ライセンスあり

*2012年4月13日の情報です。(Japaralia May 2012 ロックス特集掲載記事)
Score 14.5/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2011)


2ハット店の独創的なフランス料理、フォー・イン・ハンド

刺身ボニート・ウィズ・ピクルド・キューカンバー&スノウ($26)。フィッシュ・ソースがベイスのドレッシングで、薄切りのキュウリの酢漬けとシャーベット状にしてキューカンバ・スノウを振りかけていただく。冷たく爽やかな春先を感じさせる一品。

ロースト・ラム・ラック、ブレイズド・ショルダー、味噌グレイズド・エッグプラント&チリ・ジャム($36)。日本茄子の味噌漬けが透明なスープに軟らかなロースト・ラム、小さな丸ごとのカブ、フェネルなどとスープに入って出てくる。チリ・ジャム、イタリアン・パセリが添えられている。

ウィンター・クランブル・ウィズ・ヴァニラ・ライス・プディング・アイス・クリーム($16)。熱々のアップル・クランブルの脇に小さなアンティーク調のビンに入ったライス・プディングでできたヴァニラ・アイス。それぞれ単品でも美味しいのに、組み合わせると更に別な美味しさが。

セレクション・オブ・チーズ・フロム・ザ・チーズ・ボード・ウィズ・ハウス・メイド・ラヴォシュ(各$9)

Mr Colin Fassnidge

店内

エリザベス・ストリートをハーグレーブ・ストリートから2ブロック奥に行ったサザーランド・ストリートとの角、落ち着いた雰囲気の住宅街にあるバブに隣接した店。店内はモダンなイカの墨絵が大きくかかっているが、建物やイスなどレトロ感が強い。
5年前に現在のシェフ、コリン・ファスニッジ氏に変わって以来、賑わいのある店に。ポークやラム、巨大な魚もホールで仕入れるているのが特徴というから度肝を抜かれてしまう。1頭丸ごとの豚を使ったホール・ロースト&スタッフド・サックリング・ピグ・ウィズ・アカンパニメント(1人$80/10名から25名まで)も大人気で、こちらは48時間前までに予約が必要。
カツオの刺身入りサラダのオントレは、フィッシュ・ソースがベイスのドレッシングで、薄切りのキュウリの酢漬けとシャーベット状にしてキューカンバ・スノウを振りかけていただく。冷たく爽やかな春先を感じさせる一品。メインは日本茄子の味噌漬けが透明なスープに軟らかなロースト・ラム、小さな丸ごとのカブ、フェネルなどとスープに入って出てくる。チリ・ジャム、イタリアン・パセリが添えられている。さらにデザートは、熱々のアップル・クランブルの脇に小さなアンティーク調のビンに入ったライス・プディングでできたヴァニラ・アイス。それぞれ単品でも美味しいのに、組み合わせると更に別な美味しさが。素材、組み合わせ、独創性に抜群のセンスが光っている3種。
ワインもチーズもフランス産、オーストラリア産と充実している。「シティよりも住宅街にあるのでファンシーな料理が安く食べれるよ」とシェフ。発表が迫った次回シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイド賞での評価も楽しみな店。(取材後1ヶ月、2011年度は2ハット受賞)

Four in Hand Dining Room
105 Sutherland St., Paddington
☎(02) 9362-1999
ランチ/火~日12PM~2:30PM、ディナー/火~土6:30PM~9:30PM、日6:30PM~8:30PM
酒類ライセンスあり

*2010年8月12日の情報です。

★★2 Hats, Favourite Pub, Score 16/20 by SMHGFG2011


丁寧なサーヴィスの本格的な1ハット店、ビストロ・モンカー

カリフラワー・サラダ・ウィズ・グリーン・ビーンズ、ビートルート・リーヴス、セロリ&ウォルナッツ。レイズン&ヴェルジュース・ヴィネグレット($23)。ヴェルジュースとヴィネグレットがカリフラワーにパセリとともに浸されてある。軟らかな豆、ビートルートの葉、ヴィクトリア州から仕入れているフレッシュなウォルナッツ、ぷくぷくしているレイズン、すべての調和が優しくとれた一品。

ローステッド・バラマンデイ・フィレット、コンフィット・トマト・ウィズ・バジル。ポテト&オニオン・ガレット、バタード・キャベジ&スイート・コーン・ヴルーテ($42.50)。バラマンデイは皮がパリパリで中はとろけるような軟らかさ。スウィート・コーンのソースにフレッシュなバジル・オイルとトマトのコンフィが爽やかさをもたらす。感動に涙が出そうにさえなる一品。

サーロイン・カフェ・ドゥ・パリ(オントレ$41.50)。7種類のフレッシュ・ハーブと数種類のスパイスの香り漂うソースが肉に載った堂々の一品。5年前に出版された彼の料理本にレシピも公開させている。

エヴァズ・チョコレート・ケーキ($17.50)。マンジャリというカカオ64%のチョコから作られた、ほろ苦く、すべてが口の中で溶けていく一品。上に載ったチョコ・スティックのパリパリと口の中で崩れる感じもたまらない。

店内

Mr Damian Pignolet

ウラーラの交差点、郵便局のクイーン・ストリートを挟んで向かいにあるザ・ウラーラ・ホテルの一部にある1ハット店。丸みのある木の天井と白黒の強い絵が特徴の店内は、かなり広々としていて、気持ちのいい空間。
1993年オープン以来、シェフ、デイミアン・ピニョレ氏が腕を振るっている。インタビューに応じてくれた同氏は常に最高の食材を突き詰めている姿勢も含め、料理に対する愛情がその説明や取り分けてくれる仕草からもうかがえる。
アントレのカリフラワー・サラダはヴェルジュースとヴィネグレットがカリフラワーにパセリとともに浸されてある。軟らかな豆、ビートルートの葉、ヴィクトリア州から仕入れているフレッシュなウォルナッツ、ぷくぷくしているレイズン、すべての調和が優しくとれた一品。メインのバラマンディのフィレは、皮がパリパリで中はとろけるような軟らかさ。スウィート・コーンのソースにフレッシュなバジル・オイルとトマトのコンフィが爽やかさをもたらす。感動に涙が出そうにさえなる一品。
彼のシグネチャー・ディッシュのサーロイン・カフェ・ドゥ・パリは7種類のフレッシュ・ハーブと数種類のスパイスの香り漂うソースが肉に載った堂々の一品。5年前に出版された彼の料理本にレシピも公開させている。エヴァズ・チョコレート・ケーキはマンジャリというカカオ64%のチョコから作られた、ほろ苦く、すべてが口の中で溶けていく一品。上に載ったチョコ・スティックのパリパリと口の中で崩れる感じもたまらない。
年に4~5回変わる通常のメニューのほかに日替わりの本日のメニュー(日付入り)も。ブッキングを取らないシステム。満員の場合は、隣接しているウラーラ・ホテルでゆったりと飲みながら待つのも楽しい。

Bistro Moncur
The Wollahra Hotel, 116 Queen St, Woollahra
☎(02) 9327-9713
ランチ/火~日12PM~3PM、ディナー/月~土6PM~10:30PM、日6PM~9PM
酒類ライセンスあり

*情報は2010年8月11日時点です。

★1 Hat, Score 15/20 by SMHGFG2011


ファイン・ダイニング級の美食をカジュアルに、バーリントン・バー&ダイニング

NSW州リベリナ産の穀物飼育の牛を使ったスコッチ・フィレ(220g$35、450g$52)

ヒラマサのグリル($30)

チキン・レヴァー・パフェ($15)

ランドウィックの2ハッツ受賞店バルザックのオーナーだったリーラさんが、女性シェフジャッキーさんと4年前にオープンしたビストロ調のバー&ダイニング。ジャッキーさんはベイザース・パヴィリオン(バルモーラル・ビーチ)、ガーフィッシュ(キリビリ店)のあと、サブ・ソロ(シティ)ではヘッド・シェフを務めていた経歴の持ち主。
店内は木の温もりのあるテイブルと椅子、アイヴォリーの壁が温かで上品な雰囲気。ファイン・ダイニングみたいに肩肘張らずに美味しいものを食べて欲しいというリーラさんの思いが反映され、リラックスできる雰囲気ながら味のレヴェルはかなり高い。ランチは3種類から選べるお得な25ドルの週替わりメニューがあり、さらに気軽に楽しめる。
ディナー・メニューは「オックステイル・ボーギニオン・パイ」($32)などの定番人気メニュー以外は季節ごとに変わる。一番人気の「チキン・レヴァー・パフェ」はものすごくスムーズな舌触りにエレガントな味付けで、食事以外にもバーでのおつまみにも最適だ。合わせるワインもリーラさんへ相談してみよう。
メインの「ヒラマサのグリル」は、フランス南部の干しダラ、ガーリック、クリームなどを混ぜてピューレーにしたプロヴァンス料理のブランダードの上にヒラマサが美しく盛りつけられている。その周りにあるレモン・オイルで合えたフェネルがまた美しく美味。
こちらも定番メニューの「NSW州リヴェリナ産の穀物飼育の牛のスコッチ・フィレ」はチップスが鉄板の上にホカホカのまま盛りつけられていて、ステーキの上にはハーブ・バター・ソースの「カフェ・ドゥ・パリ」に赤ワイン・ソースをかけていただくが、ちっともクドくなくて肉の美味しさが堪能できる味。「洋梨のタルト」など6種類あるデザートもそそられる。

Burlington Bar and Dining
6 Burlington St., Crows Nest
☎(02) 9439-7888
ランチ(月~金)12PM~、ディナー(月~土)6PM~
酒類ライセンスあり

Score 13.5/20 by SMHGFG2011


チーズ、オイル、チョコでフォンデュ三昧、シー・ジェイズ・フレンチ・レストラン

アントレ・サイズのチーズ・フォンデュ(オイル・フォンデュ付きのフォンデュ・セット1人名$35/オーダーは2人より)

オイル・フォンデュ、セッティング(海老は$3プラス)

オイルにじゅっと入れて30秒、ぷりっぷりの海老が出来上がった瞬間

フォンデュ・セットの付け合わせのサラダ

キルシュ・リキュールが入りさらにダークを使うから甘すぎない、チョコレート・フォンデュ(1人$11.90)

ニュートラル・ベイ、ミリタリー・ロード沿いのシー・ジェイズでは特にこの季節、アントレにチーズで、メインにオイルで、そしてデザートにチョコで3通り楽しめるフォンデュがおすすめ。オイルでは同店なら海老も選べる、という期待度大のメニューだ。
スイスだけでなくイタリアを含む周辺フランス語圏の代表的な料理チーズ・フォンデュは、エメンタール・チーズとグリュイエル・チーズに白ワイン、キルシュ・リキュールを専用のフォンデュ鍋で暖め、一口大の角切りにしたバゲットを串に刺したものを絡ませて熱々のうちに食す。同店では、そのチーズの「熟成具合が命」と言う。サプライヤーから一度に大量に仕入れるのではなく、熟成具合がいつも同じような仕入れに気遣っているという。さらにナツメグ、粒コショウの香りが美味しさを引き立たせる。フォンデュは日本の鍋同様、ひとつの鍋をみんなで囲み、語らいながらゆっくり食事をするのに適したメニューではないだろうか。
チーズ・フォンデュを味わった後は、オイル・フォンデュの登場。ビーフ、チキン、海老を串刺しにし、オイルの中へ入れる。ビーフはレアなら30秒、ミディウムなら1分程。チキンは約2分。海老は、油の立てる音をききながら、わくわくしながら30秒。熱々のうちに、スパイシー・トマト、マスタード、ガーリック、スウィート・チリの4種類のホームメイド・ソースにつけていただく。350度という高温のオイルにくぐらせるのに、食感は決してオイリーではないのが不思議だ。
チーズとオイルのフォンデュ・セットを堪能した後は、食感が爽やかな果物の種類も豊富な、チョコレート・フォンデュで決まり。巷で流行っているチョレート・フォンデュのように胸焼けしそうな甘ったるさがなく、ほんのりリキュールが効いたダーク・チョコに季節の果物をくぐらせ、ゆっくりとつつく。身体の芯まで温まるひとときを、大切な人と過ごす、素敵なフォンデュ・ナイトだ。
同店はほかにもフランス料理の各ディッシュがそろっていて、40人までのバースデイをはじめ各種パーティも請け負っている。アクセスはウィンヤード駅からバス246、247、248、249などでミリタリー・ロードまで。

CJ’s French Restaurant
Shop 4, 99-111 Military Rd., Neutral Bay
☎(02) 9908-1161
火~土6PM~11PM
酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可)


クラシックなフランス料理とワインを堪能 タステヴィン・ビストロ&バー

デュオ・オブ・ローステッド・ダック・ブレスト($32)

ニョッキ・ア・ラ・パリッシエンヌ・ソウテッド($17)

フランベッド・グラン・マニエ・クレイプ・スゼッテ・ウィズ・クレメ・フルーチェ・アイス・クリーム($14)

外観

ヴィクトリア・ストリートをキングス・クロス駅方面から歩いてすぐ、左手タイガー・ベイカーズというカフェの右側の階段を上に登ると、手前にエレガントな雰囲気のレストラン、奥にワイン・バーがあい、オーナー・シェフでフランスとイタリアのソムリエでもあるアレックス氏が極上の笑顔で迎えてくれる。
ひと昔前と違って最近ではシドニーでも珍しくなくなってきた、本格的かつクラシックなフランスの味を提供しているレストラン。ワイン・バーでは鴨のてリーヌやフランス産チーズの盛り合わせなどを食べながらワインを楽しめる。
取材には丁度パンが焼き上がり、極上の香りを漂わせていた。「夕方6時には焼きたてのパンが楽しめますよ」と日本人シェフのヨシさん。「ファイン・ダイニングのような雰囲気でありながら、料金は高くないビストロのメニューですので、気軽に来て頂けると思います」とも。
上品でクラシックではあるが、今風に表現しているメニューの数々、まずメイン、鴨は2種類の部位を使っている。低温で調理した軟らかい鴨の皮をもう一度パリパリに焼き上げる胸肉は、真ん中がレアな感じを楽しめる。そして、足はよく焼いてあるがこちらも軟らかく、同じ鴨で2度楽しめるメニューだ。同店のシグネチャー・ディッシュ、フランスのニョッキはシュー・クリームの生地で出来ている。だからなのか、ふわふわの柔らかさがあっさりだけどコクのあるクリームと一体化している。ディジョン・マスタードを使っているそう。女性に大人気でリピーターも数多い。
テイブル上でフランベしてくれるクレイプも大人気だ。大人のオレンジの味と、フランスのサワー・クリームで作られたアイスクリームがたまらない。
ランチも狙い目。本格的にオントレ、メイン・コースのロースト・ポーク、ビーフ、フィッシュ、またはラムが良心的な料金で食べられる。
ワインはアレックスに相談して。日本語が必要な場合はヨシさんが答えてくれるので安心。客はレストラン業界が多く、フランス人も多いとのこと。客層から味への信頼が伺われる。

Tastevin Bistro & Wine Bar
Level 1, 292-294 Victoria St., Darlinghurst
☎(02)9356-3429
ランチ 金~日12PM~3PM、ディナー 水~月6PM~Late
酒類ライセンスあり

Score 13.5/20 by SMHGFG2011