オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

最新

1ハット店の洗練された料理をお手頃価格で、ザ・デヴォンシャー

レッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

レッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダ(ランチ3コース$35)

ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダ(ランチ3コース$35)

フリー・レンジ・チキン($36)

フリー・レンジ・チキン($36)

ヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)

ヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)

ビター・スウィート・チョコレート・ムース&ソルベ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

ビター・スウィート・チョコレート・ムース&ソルベ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

TheDevonshire_inw

TheDevonshire_exw

入り口を入ると壁一面にさまざまな鏡がかけられ、壁と落ち着いたトーンのシックなインテリアが雰囲気抜群の中、ヨーロッパのギャルソンのような綺麗な少年たちがソフトにサーヴィスをしてくれる1ハット店。
デガステイション・メニュー($90/マッチング・ワイン付き$130)からレッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョの美しさとさわやかな味に酔いしれる。マッチング・ワインは、フランスのサヴォワ産の白で。
ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダはランチの3コース($35)の1コース目(メニューは週変わり)。フェンネルと揚げた蕎麦の実のトッピングとサーモンの組み合わせが斬新。
ア・ラ・カルトのメインから、フリー・レンジ・チキン($36)は、トルテリーニがふわふわでコーンの味わいとアスパラガスとの相性が抜群。
デザートのヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)は、ヨーグルトとマンゴー、ミルク・ゼリー、ブルーベリーとナッツという贅沢な一品。もうひとつのデザート、ビタースィート・チョコレート・ムース&ソルベは一変して大人の味わいで、ほろ苦さと冷たさがたまらない美味しさ。
ランチは金曜のみだが前述の通り3コース$35、「これだけクォリティが高いのに、この金額でいいの?」という驚きの料金だ。
ディナーにおいては、6pm〜8pmでのプレ・シアター・スペシャルもあり、こちらも2コース$47というリーズナブルさ。アントレとメインから一品ずつ選べてお得感たっぷり。

The Devonshire
204 Devonshire St., Surry Hills
☎ (02) 9698-9427
ランチ金12PM~2:30PM
ディナー火~土6PM~10PM
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
1 hat, Score 15/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)

広告

珍しい本格オーストリア料理に注目、ビストロ・ロートリッシュ

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

Bistro L'autriche_inw

Bistro L'autriche_exw

2013年6月にオープンした店。店名にある”ロートリッシュ”は、フランス語で”オーストリアの”という意味だが、なぜわざわざフランス語で”オーストリアのビストロ”という名前をつけたのだろう。謎の答えは単純。オーナーは3人で共同パートナー制で、うちシェフ2人はフランス人とオーストリア人ということなのだ。ちなみにもうひとりのオーナーでフロアを取り仕切るポーリーンはオランダ人。
というわけで同店ではシドニーでは珍しい本格オーストリア料理をはじめ、フランス、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパ各国の家庭料理が楽しめる。内装もヨーロッパ調で、鹿の剥製がどーんと壁にかかっていたり、こちらも鹿の角の形にデザインされたシャンデリアなど、ヨーロッパ田舎風の洒落た雰囲気。中庭もカラフルで居心地のいい空間を演出している。
朝食/ランチメニューはフレンチ・トースト($10.90)、パンケーキ($8.50)、1人用の小型の鉄製フライパンで焼かれそのまま出される熱々メニューが5種($12.90〜$15.90)など、どれもヴォリュームたっぷり。フライパン料理にはパンは添えられず、代わりにいずれもジャガイモの千切りを焼いたロスティがフライパンの底に敷かれ、サクっとフワっとしたロスティは食べ応え充分。
さらにヴォリュームがたっぷりなのはディナー。イェーガー・シュニッツェル($22.50)は20センチ以上に広げた巨大なチキンにたっぷりのマッシュルーム・ソースが。さすがシュニッツェル発祥のオーストリア人シェフ作とあって、シドニーで食べるそのへんのシュニッツェルとは比べ物にならない美味しさ!みっちりとジューシーなチキンにピタっと張り付いた薄い衣はカラッとしている。シュニッツェルはほかも2種類あり、いずれもロスティと赤キャベツのサラダ付き。
ハンガリーの煮込み料理のグヤーシュ($20.50)はカイエン・ペッパーがスパイスになっているが特に辛いわけではなく、牛肉はほろほろ。こちらもロスティが付いてきて大満足。
ドイツ名物ポーク・ナックル($25.90)は自家製のザワークラウトもたっぷり添えられ、皮がパリッパリの骨付き豚の大きさに圧倒される。
日本人にはいずれもかなりヴォリュームなので、例えば3人で行ってアントレとメインを2品ずつシェアするといった食べ方をおすすめ。またはあれこれそろったアントレをタパス感覚でいくつかオーダーして、こちらも単品でオーダー可能なロスティ($5.90)やザワークラウト($5.90)などと楽しんでも。アントレにはカマンベールのフライ($11.90)、マッシュルームのパン粉焼き($11.90)、ビーフ・コロッケ($9.50)、ダック・テリーヌ($13.90/パン付き)などが。サラダもスイスのソーセージ・サラダ($12.90)、チキン・シュニッツェル・シーザー・サラダ($15.90)、フランスのニコイス・サラダ($15.90)など6種。
デザートもすべて自家製で、オーストリア名物のアップル・パイ、アップル・シュトュルーデル($7.50)は、リンゴがゴロゴロはいっており、ホクホクしてあっさりした美味しさ。ほかにもスティッキー・デイツ・プリン($7.50)、クリーム・ブリュレ($6.90)など自家製なのに料金も良心的だ。
金土は予約不可なのでその点だけ注意。

Bistro L’autriche
509 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 8399-2827
月3PM~10PM、火~金10M~10PM、土日8AM~10PM
酒類ライセンスあり、ワインのみBYO可

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)

スタイリッシュな雰囲気の中で味わう本格中華、四川ガーデン・レストラン

海老とイカのソルト&ペッパー風味($26.90)

海老とイカのソルト&ペッパー風味($26.90)

麻婆豆腐($19.90)

麻婆豆腐($19.90)

スパイシー・ステーキ・フィレ四川スタイル($26.90)

スパイシー・ステーキ・フィレ四川スタイル($26.90)

szechuan_inw

szechuan_ex2w

モダンでスタイリッシュな内装、使用している食器は英国製とエレガントな雰囲気のレストランで、四川、湖南、北京の本格料理が楽しめる。ランチ時にはビジネス・ランチ客で溢れ、夜には間接照明が美しい店内にローカル客が集う。
海老とイカのソルト&ペッパー風味($26.90)は、衣が薄くカラっと揚がっている。絶妙の揚げ具合のおかげだろう、全く油っこくない。海老の中はレアに近いふわふわ加減でイカも軟らい。ソルト&ペッパー風味は通常イカが多い中、海老とイカ2種類のミックスなのが嬉しいが、それぞれのメニューもある。
「メニューには載っていませんが、ぜひ頼んでくださいね。」という麻婆豆腐($19.90)は、日本人のビジネス・ピープルに圧倒的に人気のメニュー。日本人には少し辛口めで、それが逆にあとをひく。絹ごし豆腐のプルプル感がソースとマッチしてご飯がすすむ。
スパイシー・ステーキ・フィレ四川スタイル($26.90)は、ペッパーのピリ辛さと甘めのソースでこちらもご飯がすすむ一品。
ジョンドリー・フィレ($36.90)、スリー・チリ・ポーク($26.90)、ハウス・スペシャル・ダック($29.90)なども人気。
大小さまざまな丸テイブルはそれぞれ8〜10名、10〜12名、12〜14名用。バンケット・メニューは$30、$40、$50と揃っていて、パーティや家族や友だちとの食事に大活躍してくれる。

Szechuan Garden Restaurant
Shop 1 / 599 Pacific Highway, St Leonards
☎ (02)9438-2568
ランチ月~金12pm-3pm
ディナー6pm-10pm
酒類ライセンスあり

*2014年3月の情報です。(Japaralia April 2014 クロウズ・ネスト特集掲載記事)
Score 13.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)

朝昼晩オールマイティに楽しめる店、オリオ

プルド・ポーク・バーガー($19)

プルド・ポーク・バーガー($19)

リングイニ・プッタネスカ($20)

リングイニ・プッタネスカ($20)

タイのグリル($29)

タイのグリル($29)

olio4w

olio_inw

olio_exw

セント・レナーズ駅の中庭コンプレックスにあるレストラン。朝昼夜通しの営業で、朝と午後のティー・ブレイクには極上のコーヒーを、金曜日にはライブ演奏を楽しみながらタパスやカクテルなどがオーダーできる。
中庭に面したテイブルが人気で、ビルの谷間のオープン・スペイスでコーヒーや朝食、ランチを楽しむ人々が溢れている。コンプレックス上階にオフィスがたくさんあることからミーティングなどビジネス系の利用も多い。プリペイドのコーヒー・カードがあり、コーヒーのテイクアウェイ客がひっきりなしに来店する。コーヒーはフルボディのダイ・ガブリエル、コスタリカ、パプア・ニューギニア、ブラジルのジャングルで手摘みされた豆のブレンドで、コクが深くリッチな味わい。
料理も本格的なイタリア/地中海の味を堪能させてくれる。キッチンには最新の調理機材がいろいろあって、その中のひとつ、80度の低温で調理した豚肉を使ったプルド・ポーク・バーガー($19)は、甘めのバンズの下側にバター・ミルクに含ませ、その上にチリ・マヨネイズ、抜群に美味しいサラダ、たっぷりのポークが載っている。
リングイニ・プッタネスカ($20)はトマト・ベイスのソースに白アンチョビ、パルメザン・チーズ、黒オリーブ、ケイパーなどが絡まっている。
タイのグリル($29)は、あっさりのタイにトマト・ベイスの煮野菜がトロトロに絡み合い、まろやかにコクのある味に仕上がっている。

Olio
Shop 1, ‘The Forum’, St Leonards Station, St Leonards
☎ (02)9439-8988
月~火7am-4pm、水~金7am-9pm
酒類ライセンスあり

*2014年3月の情報です。(Japaralia April 2014 クロウズ・ネスト特集掲載記事)

24時間煮込んだスープが決め手のフォー、アイ・ラヴ・フォー

 

レア・ビーフ・フォー($11.90)

レア・ビーフ・フォー($11.90)

ilovepho3w

豚のグリルと春巻きのヴァーミセリ($14.90)

豚のグリルと春巻きのヴァーミセリ($14.90)

ilovepho_in2w

ilovepho_exw

スープの味わいをしっかり味わって欲しいので味の邪魔になるスパイスはあまり入れていないという秘蔵のスープは、OX牛の骨を使い24時間煮込んで毎日作っている。店名にもある通り、シグネチャー・ディッシュはフォーだ。まだ肉が赤いうちに運ばれるレア・ビーフ($11.90)と、いろんな部位が入ったスペシャル($14.90)が同店の2大人気フォー。胸を張るのもうなづける抜群の味なのでランチは単体で、ディナー利用の際にも食事のシメにぜひオーダーを。乳児検診所が近くにあるため、ランチ・タイムには赤ちゃん連れのママたちがよく訪れるそう。
フォー以外のメニューももちろん充実しており味も本格的。見た目以上にあっさりといただける豚のグリルと春巻きのヴァーミセリ($14.90)、ヴェトナミーズ・クリスピー・パンケーキ($13.60)も人気のメニュー。
シェイキング・ビーフ・スペシャル($28)は木曜から日曜のディナー・タイムのみのスペシャル・メニュー。角状のアイ・フィレ牛にタマネギとガーリックのソースがたっぷりかかって出て来る。記者を含め3人がその美味しさに驚いたほどの一品で、大人気なのがうなづけるメニューだ。ラップンロールという、自分で巻く生春巻きのメニューも人気。
クロウズ・ネスト店のほか、ノース・シドニーに半年前にオープンしたばかりの姉妹店もある(Berry Square, Shop21A, 77 Berry St., North Sydney)。

I Love Pho
47 Willoughby Road, Crows Nest
☎ (02)8065-1129
ランチ月~金11am-3:30pm
ディナー11am-10pm、土日11am-10pm
酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可)

*2014年3月の情報です。(Japaralia April 2014 クロウズ・ネスト特集掲載記事)

2011年ベスト・バー・ワイン・フード賞受賞、ブラッドウッド

ブレイズド・ポークのサラダ($21)

ブレイズド・ポークのサラダ($21)

ベイクド・バラマンディ($32)

ベイクド・バラマンディ($32)

ブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)

ブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)

bloodwood_ex2w

bloodwood_inw

bloodwood_in2w

2011年度SMSGFGでベスト・バー・ワイン・フード賞受賞の本格店。看板が古いドアをカットしたもので、独特のおしゃれな雰囲気を漂わせている。中は入り口にバーがあり、奥の2階がダイニング・ルーム、そしてその奥にテラス席があり、下には個室がある。天井に使い古した戸と裸電球がぶら下がっていたり、壁から鋭角な電球が突き出していたり、プライヴェート・ルームの仕切りに空のボトルを使用したりと斬新なデザイン。インテリア・デザイン・エクセレンス・アワードのベスト・ホスピタリティ&サステナブル賞を受賞したデザイン。
独創性満点なメニューの中でも、一番人気はゴルゴンゾーラ・ソースをディップして食べるポレンタ・チップス($9)。ひよこ豆のパンケーキのソッカ($18)の人気も高い。ブレイズド・ポークのサラダ($21)はいきなり口のなかにポークがとろけて驚く。チリの効いた自家製のマヨネイズとキュウリ、クレソンと青リンゴがさわやかなサラダだ。ベイクド・バラマンディ($32)は味噌と水菜をソテーして、ブロッコリーナや自家製ベイビー・ロータス・ルート・ピクルスと合わせた一品。日本人には懐かしくもありながら、それでいて新しい味。
デザートでは大人の味のブラッドウッド・クリスマス・トライフル($14)がおすすめ。エッグノッグとチェリー、パウンド・ケーキとポート・ワイン・ゼリーにヨーグルト・マスカポーネという抜群の組み合わせ。フレンドリーなスタッフがそれぞれの料理に合うワインもすすめてくれるので、ぜひトライしてみたい。

bloodwood
416 King st, Newtown
☎ (02)9557-7699
■月・水~木5PM~Late、金土12PM~Late、日12PM~10PM
◇酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia January 2014 ニュータウン特集掲載記事)
Score 14/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)

カフェで食べる最高級のパイとスイーツ、ブラック・スター・ペストリー

ストロベリー&ウォーターメロン・ケーキ($7)

ストロベリー&ウォーターメロン・ケーキ($7)

カネル($3.50)

カネル($3.50)

ラム・シャンク&レッド・ワイン($7.80)

ラム・シャンク&レッド・ワイン($7.80)

オーナー・パティシエ、クリストファー

オーナー・パティシエ、クリストファー

blackstarpastry_ex

ニュータウン、オーストラリア・ストリートのローカル裁判所の目の前にある小ぢんまりとした店。ひっきりなしの来店客を前に、「5年前ににオープンした時はこんなに流行るなんて思わなくて」と控えめに語るオーナー・パティシエ、クリストファーは、ファイン・ダイニングのキー、その後の2ハッツのフレンチ・レストランのクロウズでの5年働いた経歴の持ち主。
同店の一番人気はストロベリー&ウォーターメロン・ケーキ($7)。真ん中にはいったスイカのスライスがあっさりしていて未体験の美味しさ。
ケーキだけではなく、ペストリー、パン、パイ、キッシュなど全部手作り。ラム・シャンク&レッド・ワイン($7.80)はワインの香りのラムが唸るほど美味しく、まわりのペストリーが極上のパリパリ感。リーキとゴート・チーズのキッシュ($6.20)も香り高くコクがある味わい。それでいて食後のヘヴィー感はゼロ。
パンもビートルートとウォールナッツのパン、スイートポテトとラヴェンダーなどアイデア抜群。いずれも通い詰めてすべてトライしたくなる店だ。
いろいろ試して新作ケーキを考えるのが好き、というクリストファー。1月にはローズベリー店もオープンすることになっている。(住所:Cnr Dunning Ave & Hayes St, Rosebery)。そこは店のスペイスもより広く、炭火の釜もあるという。そこでまた新作を考えたい、というのは彼の新作を待っている同店のファンにとって何よりの朗報だ。

black star pastry
277 Australia St, Newtown
☎ (02)9557-8656
■7AM~5PM

*2014年1月の情報です。(Japaralia January 2014 ニュータウン特集掲載記事)