オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

サリー・ヒルズ” タグの投稿

3ハッツ常連の最高峰の料理、マーク

ウナギのスモークとパルメザン・ニョッキ(デガステーション8コース$160から)

ウナギのスモークとパルメザン・ニョッキ(デガステーション8コース$160から)

和牛とキャベツ(デガステーション8コース$160から)

和牛とキャベツ(デガステーション8コース$160から)

ココナツ、マンゴーとマスタード(デガステーション8コース$160から)

ココナツ、マンゴーとマスタード(デガステーション8コース$160から)

marqui_inw

marque_exw

日本でもお馴染みビル・グレンジャーのビルズ・サリー・ヒルズ店とカイリー・クォンのビリー・クォンというセレブ・シェフ2人が構える店に挟まれたサリー・ヒルズで最も格式のある一流レストラン。シドニーに居るなら絶対試したいファイン・ダイニングのひとつでSMHGFGの3ハット常連でもあり、ニューヨーク・タイムスにも絶賛されている。
ウナギのクモークとパルメザン・ニョッキは、目でも美味しく、そして舌が感動する一品。
和牛とキャベツの一品は10秒間だけ火を入れた和牛の完璧な火加減をほんのりと発酵させたキャベツの酸味が引き立てる。
デザートのココナツ、マンゴーとマスタードも、まさに衝撃の味で、マスタードをデザートに取り入れるというアイディア自体、脱帽だ。
さらに、シグネチャー・ディッシュでもあるソーテルヌ・カスタードは仏ボルドー地方の甘口の白ワイン、ソーテルヌの香り豊かなデザートで、ほろ苦いキャラメル風味の大人のカスタードだ。
8コースのデガステイション・メニュー($160)には、マッチング・ワイン付き(プラス$85)、沢山お酒を飲めない人におすすめなマッチング・ティー付き(プラス$45)もあり、さすが一流店の料金設定だが、ほかに5コース($95)、さらに金曜日のランチは3コース($45)など、比較的お得な価格もあるので記念日などにぜひ足を運んでみたい。

Marque
4/5 355 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 9332-2225
ランチ金12PM~2:30PM(ラスト・オーダー)
ディナー月~金6:30PM~Late、土6PM~Late
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
2 hats, Score 17.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


1ハット店の洗練された料理をお手頃価格で、ザ・デヴォンシャー

レッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

レッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダ(ランチ3コース$35)

ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダ(ランチ3コース$35)

フリー・レンジ・チキン($36)

フリー・レンジ・チキン($36)

ヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)

ヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)

ビター・スウィート・チョコレート・ムース&ソルベ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

ビター・スウィート・チョコレート・ムース&ソルベ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

TheDevonshire_inw

TheDevonshire_exw

入り口を入ると壁一面にさまざまな鏡がかけられ、壁と落ち着いたトーンのシックなインテリアが雰囲気抜群の中、ヨーロッパのギャルソンのような綺麗な少年たちがソフトにサーヴィスをしてくれる1ハット店。
デガステイション・メニュー($90/マッチング・ワイン付き$130)からレッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョの美しさとさわやかな味に酔いしれる。マッチング・ワインは、フランスのサヴォワ産の白で。
ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダはランチの3コース($35)の1コース目(メニューは週変わり)。フェンネルと揚げた蕎麦の実のトッピングとサーモンの組み合わせが斬新。
ア・ラ・カルトのメインから、フリー・レンジ・チキン($36)は、トルテリーニがふわふわでコーンの味わいとアスパラガスとの相性が抜群。
デザートのヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)は、ヨーグルトとマンゴー、ミルク・ゼリー、ブルーベリーとナッツという贅沢な一品。もうひとつのデザート、ビタースィート・チョコレート・ムース&ソルベは一変して大人の味わいで、ほろ苦さと冷たさがたまらない美味しさ。
ランチは金曜のみだが前述の通り3コース$35、「これだけクォリティが高いのに、この金額でいいの?」という驚きの料金だ。
ディナーにおいては、6pm〜8pmでのプレ・シアター・スペシャルもあり、こちらも2コース$47というリーズナブルさ。アントレとメインから一品ずつ選べてお得感たっぷり。

The Devonshire
204 Devonshire St., Surry Hills
☎ (02) 9698-9427
ランチ金12PM~2:30PM
ディナー火~土6PM~10PM
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
1 hat, Score 15/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


珍しい本格オーストリア料理に注目、ビストロ・ロートリッシュ

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

Bistro L'autriche_inw

Bistro L'autriche_exw

2013年6月にオープンした店。店名にある”ロートリッシュ”は、フランス語で”オーストリアの”という意味だが、なぜわざわざフランス語で”オーストリアのビストロ”という名前をつけたのだろう。謎の答えは単純。オーナーは3人で共同パートナー制で、うちシェフ2人はフランス人とオーストリア人ということなのだ。ちなみにもうひとりのオーナーでフロアを取り仕切るポーリーンはオランダ人。
というわけで同店ではシドニーでは珍しい本格オーストリア料理をはじめ、フランス、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパ各国の家庭料理が楽しめる。内装もヨーロッパ調で、鹿の剥製がどーんと壁にかかっていたり、こちらも鹿の角の形にデザインされたシャンデリアなど、ヨーロッパ田舎風の洒落た雰囲気。中庭もカラフルで居心地のいい空間を演出している。
朝食/ランチメニューはフレンチ・トースト($10.90)、パンケーキ($8.50)、1人用の小型の鉄製フライパンで焼かれそのまま出される熱々メニューが5種($12.90〜$15.90)など、どれもヴォリュームたっぷり。フライパン料理にはパンは添えられず、代わりにいずれもジャガイモの千切りを焼いたロスティがフライパンの底に敷かれ、サクっとフワっとしたロスティは食べ応え充分。
さらにヴォリュームがたっぷりなのはディナー。イェーガー・シュニッツェル($22.50)は20センチ以上に広げた巨大なチキンにたっぷりのマッシュルーム・ソースが。さすがシュニッツェル発祥のオーストリア人シェフ作とあって、シドニーで食べるそのへんのシュニッツェルとは比べ物にならない美味しさ!みっちりとジューシーなチキンにピタっと張り付いた薄い衣はカラッとしている。シュニッツェルはほかも2種類あり、いずれもロスティと赤キャベツのサラダ付き。
ハンガリーの煮込み料理のグヤーシュ($20.50)はカイエン・ペッパーがスパイスになっているが特に辛いわけではなく、牛肉はほろほろ。こちらもロスティが付いてきて大満足。
ドイツ名物ポーク・ナックル($25.90)は自家製のザワークラウトもたっぷり添えられ、皮がパリッパリの骨付き豚の大きさに圧倒される。
日本人にはいずれもかなりヴォリュームなので、例えば3人で行ってアントレとメインを2品ずつシェアするといった食べ方をおすすめ。またはあれこれそろったアントレをタパス感覚でいくつかオーダーして、こちらも単品でオーダー可能なロスティ($5.90)やザワークラウト($5.90)などと楽しんでも。アントレにはカマンベールのフライ($11.90)、マッシュルームのパン粉焼き($11.90)、ビーフ・コロッケ($9.50)、ダック・テリーヌ($13.90/パン付き)などが。サラダもスイスのソーセージ・サラダ($12.90)、チキン・シュニッツェル・シーザー・サラダ($15.90)、フランスのニコイス・サラダ($15.90)など6種。
デザートもすべて自家製で、オーストリア名物のアップル・パイ、アップル・シュトュルーデル($7.50)は、リンゴがゴロゴロはいっており、ホクホクしてあっさりした美味しさ。ほかにもスティッキー・デイツ・プリン($7.50)、クリーム・ブリュレ($6.90)など自家製なのに料金も良心的だ。
金土は予約不可なのでその点だけ注意。

Bistro L’autriche
509 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 8399-2827
月3PM~10PM、火~金10M~10PM、土日8AM~10PM
酒類ライセンスあり、ワインのみBYO可

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)


グラムでケーキやペストリーが買えるヨーロッパ・スタイルのカフェ、クルトシュ

ピスタチオ・クルトシュKurtosh Pistachio($8.50)

ピスタチオ・クルトシュKurtosh Pistachio($8.50)

ケーキcake($4.50/100g、写真はデュオ・ムースとラズベリー・チーズ・ケーキ)。フラット・ホワイト flat white はメッカの豆を使用。($3.50)

ケーキcake($4.50/100g、写真はデュオ・ムースとラズベリー・チーズ・ケーキ)。
フラット・ホワイト flat white はメッカの豆を使用。($3.50)

ブレカ Bureka($4.90/100g、写真はサン・ドライド・トマトとスピナッチ&チーズ)。

ブレカ Bureka($4.90/100g、写真はサン・ドライド・トマトとスピナッチ&チーズ)。

kurtosh_in3w

kurtosh_inw

kurtosh_exw

クラウン・ストリートに5カ月前にオープンしたばかりのカフェ。入り口から左側一面にあるのはスウィーツやペストリー、パンが並んだガラス・ケイス。店名でもあるハンガリアン・スタイルの クルトシュは、ハンガリー語で“煙突”を意味し、英語で“チムニー・ケーキ”とも呼ばれる。オーダーが入ってから数分で焼いた焼き立てをサーヴしてくれる。20 センチほどの大きさがある ので、数人で食べても多いくらい。7種類の味は、シナモン、ココナツ、スプリンクル($7.50)、チョコレート、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ($8.50)、チョコレート・ヘーゼルナッツ・スプレッド($9.50)。ショウ・ケイスの上に試食用の切れ端があるので、気軽に味わってから決められる。
ペストリー($4.90/100g)はグラム売りをしていて、重さによって料金が異なる。ブレカというペストリーはごく軽いパイ生地で、バターっぽくもなく、あっさりしていてヘルシー系。
シドニーでは全く新しいスタイルともいえるが、ケーキ($4.50/100g)もグラム売りをしている。ショウ・ケイスには大きな塊のケーキがあり、どんな量でも買えるので、ちょっとずついろいろな種類を楽しむのも、ガッツリ大きなスライスを食べるのも自由。ケーキは10 種類以上あり、すべてがヨーロッパの家庭の味だそう。
コーヒーはメッカを使用。早朝から夜10 時まで毎日営業しているので、朝食、ランチ、おやつ、軽食、ディナー帰りのデザート、夜食まで幅広く利用できる。

Kurtosh

604-606 Crown St., Surry Hills
☎ (02)9319-7701
月~金7AM~10PM、土日8AM~10PM

*2013年1月11日の情報です。(Japaralia Feburary 2013 サリー・ヒルズ特集掲載記事)


シドニー初のファイン・ダイニング南米料理、モレナ

アミューズ・ブーシュのホウレンソウの春巻き

アミューズ・ブーシュのホウレンソウの春巻き

セヴィーチェ・ペルアノ($25)のソースは洗練された酸っぱ辛さでピンク・スナッパーに合う上品な味

セヴィーチェ・ペルアノ($25)のソースは洗練された酸っぱ辛さでピンク・スナッパーに合う上品な味

セヴィーチェ・アナゾニコ($25)はサーモンにキス・パペというトマトを小さくしたような丸い生チリからプニュッと辛さが口の中に広がり、甘いスウィート・ポテトの付け合わせがまたソースの辛さを引き立たせる

セヴィーチェ・アナゾニコ($25)はサーモンにキス・パペというトマトを小さくしたような丸い生チリからプニュッと辛さが口の中に広がり、甘いスウィート・ポテトの付け合わせがまたソースの辛さを引き立たせる

カウサ・デ・パルポ・ア・ラ・プランチャ($24)は軽く炙ったタコとマッシュ・ポテトにクマリ・ペッパーという緑色の楕円形の生チリがアクセント

カウサ・デ・パルポ・ア・ラ・プランチャ($24)は軽く炙ったタコとマッシュ・ポテトにクマリ・ペッパーという緑色の楕円形の生チリがアクセント

本日の魚料理($35)はバラマンディと貝、ホウレンソウ、アスパラがムール貝とアサリのソースと絡み合いまろやかでほんの少しピリ辛のバランスが絶妙

本日の魚料理($35)はバラマンディと貝、ホウレンソウ、アスパラがムール貝とアサリのソースと絡み合いまろやかでほんの少しピリ辛のバランスが絶妙

ピスコというペルーのブドウで作られたアルコール度数22度のリキュール

ピスコというペルーのブドウで作られたアルコール度数22度のリキュール

ヘッソシェフのAlejandro Saraviaさん

ヘッド・シェフのAlejandro Saraviaさん

morena_exw

morena_in2w

バーク・ストリート側に入り口があるが、コンプレックス・ビル全体の中庭側に大きく面した南米料理レストラン。オーナーのサメッドさんが建築家で斬新かつスタイリッシュな心地良い空間を提供、洗練されたインテリア、そしてシドニーでは唯一のピスコ・バーにもなっているオープン・キッチンがある。もうひとりのオーナー・シェフでペルー出身のアレハンドロさんは30 歳。ペルーを中心にコロンビアやアルゼンチンなど南米の料理について語り出したら止まらない情熱家。ラテン・アメ リカのファイン・ダイニングはフランス料理に近いサーヴィスを提供しているといい、同店ではそれを再現してアミューズ・ブーシュと自家製のパンはサーヴィスでサーヴされる。店内の客のほとんどが食前酒として飲むのは、ピスコというペルーのブドウで作られたアルコール度数22度のリキュール。レモンやカシスでミックスされたサワーのカクテルが15 種類、中にはコカの葉をピスコに漬け込んだコカ・ピスコというメニューもあり。そのほか、チリ産も含め料理に合うワインもそろっている。
料理は酸味と辛さが特徴。チリやペッパーの種類が豊富で味の幅が広いのに驚かされる。アミューズ・ブーシュのホウレンソウの春巻きはキャラメライズド・オニオン・チリ・ソースがポイント。セヴィーチェ・ペルアノ($25)のソースは洗練された酸っぱ辛さでピンク・スナッパーに合う上品な味。セヴィーチェ・アナゾニコ($25)はサーモンにキス・パペというトマトを小さくしたような丸い生チリからプニュッと辛さが口の中に広がり、甘いスウィート・ポテトの付け合わせがまたソースの辛さを引き立たせる。カウサ・デ・パルポ・ア・ラ・プランチャ($24)は軽く炙ったタコとマッシュ・ポテトにクマリ・ペッパーという緑色の楕円形の生チリがアクセントで、今回紹介の中でも特に素晴らしい味わい。本日の魚料理($35)はバラマンディと貝、ホウレンソウ、アスパラがムール貝とアサリのソースと絡み合いまろやかでほんの少しピリ辛のバランスが絶妙。キヌア・ザ・マザー・グレイン($32)は赤、黒、黄のキヌアが酸味を持たせて炊かれていて上品な味に仕上 がっている。
デガステイションは2種類。6コースのテイスト・オブ・ペルー($115、マッチング・ワイン付き$150)、5コースの南米ジェネラル($85、マッチング・ワイン付き$115)。 全員ペルー人のスタッフはフレンドリーなだけでなく、誠意を感じさせる素晴らしいサーヴィスを提供してくれる。

Morena
15/425 Bourke St. Surry Hills
☎ 0405-902-896
ランチ(金~日)12PM~3PM、ディナー(火~日)6PM~Late
酒類ライセンスあり

*2012年12月29日の情報です。(Japaralia August 2013 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
Score 14/20 by SMHGFG2013 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2013)


1ハット受賞の新和食レストラン、梅

炙ったホタテのカルパッチョCarpaccio Seared Scallop($19)

炙ったホタテのカルパッチョCarpaccio Seared Scallop($19)

クリスタル・ベイ・プラウンのグリル Grilled Crystal Bay Prawns($19)

クリスタル・ベイ・プラウンのグリル Grilled Crystal Bay Prawns($19)

ストロベリ&クリーム Strawberries & Cream($15)

ストロベリ&クリーム Strawberries & Cream($15)

ume_inw

ume_exw

昨年6月にオープンするや、なんと6 月末が審査の2013年度シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイドで初登場にして1ハットを受賞した話題店。壁に大きく描かれた梅の絵柄のスプレー・ペイントが印象的。
フロア担当のヒロコさんの夫で弱冠28 歳のオーナー・シェフのカービーさんは、テツヤズでシェフ修行をスタート、ロンドンとカナダ・ヴァンクーヴァーのミシュラン・ファイン・ダイニングを経てシドニーに戻り、12 年度1ハット受賞の日本食店Koi で働き始めるや7カ月でヘッド・シェフになったという経歴の持ち主。懐石料理が大好きだという。
季節ごとに年4回変わるメニューはいずれもハット受賞がうなずける繊細さ。ホタテを薄くスライスしてサッと炙り、焦がしバターじょうゆとオーストラリアのネイティヴ野菜フィンガー・ライムで味付けした炙りホタテのカルパッチョ($19)はシグネチャー・ディッシュ。クリスタル・ベイ・プロウンのグリル($19)は火の入れ加減が素晴らしく、ベイビー・サン・ローズと塩麹に漬けたチャット・ポテトが味にメリハリをつけている。TV 番組「シドニー・ウイークエンダー」でも紹介されすっかり有名になった繊細なデザート、ストロベリー&クリーム($15)は、下に置かれたイチゴのゼリー・スライスが未体験の食感と美味しさ!
デガステイション・メニューは8コース$80 とお得で、それぞれの料理も素晴らしいがデザートの抹茶プリンのファンが多いという。

Ume
478 Bourke St., Surry Hills
☎ (02)9380-7333
ランチ(金~土)12PM~2:30PM(ラスト・オーダー)
酒類ライセンスあり

*2012年12月28日の情報です。(Japaralia Feburary 2013 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
☆ワン・ハット Score 15/20 by SMHGFG2013 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2013)


ファイン・ダイニング級のカジュアル店、イーツ・イタリアン・ピッツェリア

プロシュートとロケットのピッツア($21)

プロシュートとロケットのピッツア($21)

アンティパスト・ミストAntipasto Misto($13)

アンティパスト・ミストAntipasto Misto($13)

パンナ・コッタPanna Cotta($10)

パンナ・コッタPanna Cotta($10)

eatsitalian_exw

eatsitalian_inw

テイラー・スクエアをフリンダース・ストリートに入ってすぐのバス停目の前に2カ月前にオープンしたばかり。トスカーナ 地方出身のオーナー・シェフ、ルカさんが本場イタリア式のピッツァを提供。イタリア製の粉を使ったハンドメイドの生地は、他店では未体験なほど軽くて伸びがあり上品な味わい。それに厳選された素材を載せ、最後にエクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルをふりかけてサーヴされる。
ピッツァはトマト・ソースをベイスにした“レッド”と、モッツァレラ・チーズがベイスの“ホワイト”、中に具を挟み折り畳んだ状態の“カルゾーニ”の3つのスタイルが、日替わり2種を含み計19 種類のメニューで楽しめる。プロシュートとロケットのピッツァ($21)は、あっさりとサラダ感覚で、でもしっかり食べ応えのあるヴォリューム。
アンティパスティ(アントレ)とサラダは3種類ずつ。アンティパスト・ミスト($13)は水牛のモッツァレラと甘めのトマトの相性抜群のカプレーゼ、プロシュート、ピリ辛のサラミ、サン・ドライド・トマト、そして手作りのブレッド・スティックの盛り合わせ。黒板に書かれたホームメイド・ラザニア($16)もそそられるメニュー。
ドルチェ(デザート)3種も手作り。パンナ・コッタ($10)は日替わりソースでストロベリーだったりイチジクだったり、ダーク・チョコとアーモンド・スライスだったり。
ファイン・ダイニング級の厳選素材を使いつつ、料金設定は完全リーズナブルで好感が持てる。さらに、コーケージなしのBYOという貴重な店だ。

Eats Italian Pizzeria
24 Flinders St., Darlinghurst
☎ (02)8964-9954
火~日6PM~Late 月休
BYO

*2012年12月18日の情報です。(Japaralia Feburaly 2013 サリー・ヒルズ特集掲載記事)


イタリア各地の味をイタリア・ワインと楽しめるハット受賞店、ヴィニ

サリー・ヒルズのデヴォンシャー・ストリートとホルト・ストリートの角、ホルト側に位置する小ぢんまりとした店。ランチもディナーも予約は取らないが、連日6:30PMの時点で満席となる人気ぶり(火曜日のみ予約可能。また、8~12名のプライヴェイト・ファンクションも予約を受け付けてくれる)。待ち時間用に、グラッドストン・ストリートを挟んで隣には「121BC」というワイン・バー(火~土5PM~)とワイン・ショップ(月~土1PM~9PM)があり、400本ものイタリアのワインが並ぶ。また、シティにある「Berta」という系列店では木曜日は季節の素材の4コース・ディナー($55)が楽しめるという。
こちらサリー・ヒルズ店では「リージョナル・ディナー」といって、イタリアの各地の料理を週替わりで食べられる。本場イタリアや、シドニーのテツヤズでも働いたことがあるというオーナー・シェフ、アンドリューのアイディアと味はずば抜けている。
「ビーフ・カルパッチョ」は素材を生かした味付けで優しい味。「ラム肉のロトロ」は手打ち麺にラム肉の煮込みやキャベツ、赤ピーマンなどのたっぷりの野菜を巻き込んだ一品で、ローズマリーが控えめに主張した、こちらも優しい味つけ。「リコッタ・パンナコッタ」はエスプレッソ・カラメル・ソースと大きくクラッシュされたアーモンドの組み合わせの甘くない大人のデザートで、見事な美味しさ。

ビーフ・カルパッチョ($15)

ラム肉のロトロ($19)

リコタ・パンナコッタ〜エスプレッソ・カラメル・ソースとアーモンド添え($10)

一面の黒板にメニューがある店内

サリー・ヒルズのデヴォンシャー・ストリートとホルト・ストリートの角、ホルト側に位置する

Vini
3/118 Devonshire St.(on Holt St.), Surry Hills
☎(02)9698-5131
ランチ火~金12PM~3PM、ディナー火~土6PM~10:30PM
酒類ライセンスあり

*2012年2月9日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
One Hat★ Score 15/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)


身体と舌に優しい味わい、オーガニックなカフェ、オー・カフェ・サリー・ヒルズ

オーガニック食材卸業12年、サリー・ヒルズのクラウン・ストリートに店を構えて8年のカフェ。ウールワースに買い取られたマクロ・ホールフーズというヘルス系のスーパー・マーケットやカフェに長年卸していて、現在でもホールフードやグリーブ・マーケットにも卸している。いずれもオリジナルのオーガニックのチャツネ、ペスト、ジャムなども販売している。
ライト・グリーンの外観の店には客がひっきりなしに訪れる。早朝から夕方まで営業するスタイルなのに、閉店間際のギリギリまで食べにくる常連も多い。すべてのメニューには、ヴィーガン(動物性を一切摂らない菜食主義)、グルテン・フリー、デイリー・フリー(乳製品なし)を表示してあるので安心して食べることができ、グルテン・フリー・ミューズリや、ヴィーガン・フレンチ・トーストなどのメニューがある。またメキシカン、バリ、タイ、モロッコなど幅広い世界の味を楽しめるのも特徴。
人気メニューのひとつ「オーガニック・エッグ&ベーコン・ロール」は、甘辛い自家製のズッキーニ・チャツネとカリカリ・ベイコンが新鮮なトマトなどの野菜とともに味わい深いバンズに挟まれていて美味。グルテン・フリーの「アリのバリ風フライド・ライス」は豆腐とブロッコリー、キャベツ、ニンジンなどのたっぷり野菜のチャーハンで自家製の爽やかな辛さのサンバル・チリ入りの甘いソースをかけると味が引き立つ。やはりグルテン・フリーの「ヴェトナム風フィッシュ・サラダ」はマンゴー、紫キャベツ、ニンジン、パセリなどの野菜がピーナッツ、ゴマなどとよく和えてあり優しい味のサラダ。モリモリ食べたいヘルシー系メニューが充実したカフェだ。

オーガニック・エッグ&ベーコン・ロール($8.50)
Organic Egg and Bacon Roll $8.50

ヴェトナム式フィッシュ・サラダ、グルテン・フリー($20)
Vietnamese style shredded fish salad with cabbage, carrot, mango, mint, coriander, peanuts & nuoc mam (sweet & sour sauce) $20.00 g/f

アリーのバリ風炒飯、グルテン・フリー($17.50)
Ali’s Balinese fried rice, vegetables, tofu, garlic, chilli & fried egg $17.50 (gluten free)

O Cafe Surry Hills

487 Crown St., SURRY HILLS
☎(02)9319-4009
月~土7:30AM~4:30PM、日8:30AM~3:30PM

*2012年2月9日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集)


ファイン・ダイニンング級タパスをカクテルやワインと、エミロウ・タパス・バー

黒の外観に真っ赤な店内、通りより一段高い位置にある正面入り口前のテラス席からはバーク・ストリートを見下ろす形になる。洗練されてはいるが同時にカジュアルな雰囲気の造りが、オーナー・シェフのクリスがスペインでよく通っていたバル(タパス・バー)に似ているという。
タパスといっても同店ではモダンかつファイン・ダイニング級のクォリティのものを提供している。しかもオリジナリティに溢れていて、特別メニューの16時間煮込んだという「ポーク・ベリー」は、フレンチ・スタイルの極めの細かいスムーズな人参のピューレをソースに、グリルして焦げ目をつけカラメライズドさせたイチヂクを添え、まるでフランス料理のような豪華さ。味も絶品で、煮込んだために油もそぎ落とされ胃にも優しい。
シグネチャー・デイッシュの「ズッキーニ・フラワー」は中に詰められたクリーミーで酸味のあるゴート・チーズとトリュフ・ハニーの濃厚さにとろけてしまう。ほかにも人気のブラック・ガーリック・キング・プロウン、マトウダイと豚のほほ肉のグリルに、イカ墨のパエリア($33)などパエリアも3種。
デザートも極上だ。「チョコレート・タルト」は濃厚で甘くなくビートのチップとオレンジの皮が味のポイントになり、添えられたピーナッツ・バターのアイス・クリームも最高。
カクテルにもひと工夫ある。焦がしパイナップルのダイキリ($18)はここでしか飲めないオリジナル。ポーク・ベリーとマッチするとすすめてくれた。
月曜は全てのカクテルが$14、木曜はパエリアとサングリアで1人$25、金曜はデガステイション・メニューとマッチング・カクテルまたはワインが$99、など毎日スペシャルがあるのも楽しい。
金土は絶対に予約が必要だが、夜遅くまで営業しているのが嬉しい。また、シーフォースにワイルド・バンチ・フード&ワインという系列店もある。

Burnt Pineapple Daquiri 18

Stuffed zucchini flowers w goats cheese & truffle honey 23

Pork belly w spiced carrot & honey puree 30

Chocolate tarte w beetroot & peanut butter icecream 14

Emmilou Tapas Bar
413 Bourke St., Surry Hills
☎(02)9360-6991
ランチ(金土)12PM~5PM、ディナー(月~土)6PM~深夜
酒類ライセンスあり

*2012年2月2日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集)
Score 13/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)


伝統的なタイのストリート・フードを洗練された空間で、ムウム・マアム

サリー・ヒルズのデヴォンシャー・ストリートからホルト・ストリートに入った一角にお洒落な美味しいレストランが何軒も並ぶ。そこに1年程前オープンし、またたく間に「シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイド」にニュー・エントリーを果たしたタイ料理店がこちら。インテリアはイタリアのデザインの影響を受けていて、長いテイブルがどんと店の中央に位置する。壁の一面にはアートが描かれ、反対側はオープン・キッチン。入り口脇にある器械はココナツ・クラッシャー。料理に使うココナツ・ミルクは生のココナツを器械を使って採取するという。すべてのチリ、カレー・ペイストなどのスパイスも自家製だというこだわりよう。
いわゆるオーストラリアで食べるタイ料理とは違い、伝統的なタイのストリート・フードを提供、素材も昔からタイ料理に使われてきたものしか使わない。同店によると、ニンジンやブロッコリーなどが入ったタイ・カレーはオーストラリアに合わせてあるんだそう。例えば「タイ北部のクリスピー卵麺の入ったビーフ・カレー」は、オーストラリアではここだけのメニュー。3時間煮込んだカレーにも新鮮なココナツ・ミルクを加え、しゃぶしゃぶ風にいただくあっさりカレーだ。
「グリーン・パパイヤ・サラダ」は、タイのストリートでは単体ではなく鶏肉と一緒にサーヴされるという。ウズラは軟らかく既に味がついているが甘辛のソースに浸けるとさらに味に深みが出て美味しくなる。
タイのデザートの代表格「スティッキー・ライス」はココナツ・ミルクに浸り、マンゴーとはタイ・エッグ・カスタード・ジェラートを添えて出される。同店で使用しているジェラートは系列店「ジェラート・メッシーナ(www.gelatomessina.com)」の自家製。オリジナルのトロピカルなフレイヴァーのジェラートがそろい、パンダン・ココナツ・ソルベ、ソルティ・パーム・シュガー・カラメル(1スクープ$3.90、2スクープ$7、3スクープ$10)など見逃せない味。
4名からオーダーできるお得なバンケット・メニューもあり、いずれもライスとデザートが付いて料理7種類だと1人$39、9種類で同$59、長いテイプルの同店の造りはパーティーにも最適だ。
カレーの辛さを和らげてくれるトロピカルなカクテルもおすすめで、辛い料理に最高の組み合わせのカクテルが「新鮮なライチとスコッチ・カラメルのラム・カクテル」。
同店Facebookを開いて「いいね(Like it!)」をクリックすると、毎月2人にディナーが当たるキャンペーンを実施中。日替わりのランチのスペシャルもFacebookでチェックできるとのこと。

アントレ3種を写真用に盛り合わせてくれた。ソルト・ペッパー豆腐($12)、スモークド・トラウトのベタル・リーフ(各$4)、ダック生春巻き(3ピース$12)

タイ北部のクリスピー卵麺の入ったビーフ・カレー($17)

ターメリックでグリルしたウズラとグリーン・パパイヤ・サラダ($21)

スティッキー・ライスとマンゴー、タイ・エッグ・カスタード・ジェラート($12)

Muum Maam
Shop 1/50 Holt St., Surry Hills
☎(02)9318-0881
ランチ(月~金)11:30AM~3PM、ディナー(月~土)6PM~10:30PM
酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可)
*2012年2月1日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集)

New Entry, Score 13/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)


元ビリー・クォンのヘッド・シェフの店、バー・エイチ

「シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイド」2012年度でニュー・エントリーを果たした、「お洒落で静かなカジュアル・バー」がコンセプトの店。黒が基調の店内、赤い箸がテイブルに並び、カリビアン・ミュージックが流れる。壁一面のワインは、リストに実に50種類ものスパークリング、白、ピンク、赤とあり、ほかにカクテルやビールもそろえている。オーナー・シェフのヘイミッシュ・インガムは、全豪でその名を知られる中国系セレブ・シェフ、カイリー・クォンのレストラン、ビリー・クォンで10年間ヘッド・シェフを務めた実績を誇る。
料理はモダン中華。味は間違いなく中華なのに油こさがなく、生の素材を生かした料理が多い。ヘイミッシュにシグネチャー・ディッシュを尋ねたところ「『タイム・アウト』誌や『トラベラー』誌でも紹介されたように、刺身かな」と。「ヒラマサの刺身」は皿に敷き詰めた刺身の上にエノキ、オイスター、キクラゲと3種類のキノコが和えてあり、たまりじょうゆとオリーブ・オイルで味つけ。日本人にとっては「刺身」と言われると反論したくなるかもしれないが、要するにカルパッチョ風の一品だと思えばいい。「生イカと大根のサラダ」は、こちらもイカの刺身を使っていて、漬けた大根との相性が抜群。味付けはクラゲの和え物を思いださせるようなロースト・ガーリックとしょうゆベイスの味付けで、日本人の舌にもよく合う美味しさ。「蒸し魚」は取材の日は身の詰まった淡白なスナッパー(タイ)。中華しょうゆベイスで基本的中華の美味しさを洋風でモダンな盛り付けで堪能できる。
ア・ラ・カルトのほかヘイミッシュ・バンケット($75)もあり。また、ヘイミッシュは月に1~2度の頻度でクッキング・クラスも開催しており、3コース・メニューと3種類のマッチング・ワイン付きで受講料は$165。日程は公式サイトでチェックを。

生イカと大根のサラダ($21)

ヒラマサの刺身(1人$8/写真は2人前)

蒸し魚(時価)

 

 

Bar H
80 Campbell St Surry Hills
☎(02)9280-1980
火~土6PM~Late
酒類ライセンスあり

*2012年1月31日の情報です。(Japaralia March 2012 サリー・ヒルズ特集)
New Entry, Score 14.5/20 by SMHGFG2012 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2012)


サリー・ヒルズにある和食フュージョン、モンキー・マジック

AMUSE BOUCHE (set menu $55)

EDAMAME with pink salt sprinkles (set menu $55)

assorted sashimi (set menu $55)

soft shell crab sushi roll (set menu $55)

SALT AND PEPPER CUTTLEFISH with mizuna, bean sprout, coriander and garlic mayonnaise (set menu $55)

CHICKEN PRAWN SHU-MAI with fresh bamboo, water chestnut, ginger, spicy ponzu sauce and green pea (set menu $55)

PAN SEARED OCEAN TROUT with green pea ragout, asian green and black pepper sauce (set menu $55)

BLACK SESAME CREME BRULEE with fresh strawberry and biscotti ($12)

サリー・ヒルズのクラウン・ストリートに位置する。ニューヨーク調の店内は照明を落としたアーバンな雰囲気。月〜木曜までは20%割り引き実施中。

Monkey Magic
3 & 4/410 Crown St., Surry Hills
☎(02)9358 4444


本格だしと自家製麺の最強のコンビ、小町

鍋焼きうどん($16)

ザーサイ・ラーメン($15.50)

ぎょうざ($7.50)

サリー・ヒルズのクリーブランド・ストリートとクラウン・ストリートの角、サリー・ヒルズ・ショッピング・センター斜め前ある小町は、自家製麺を使ったラーメンとうどんが大人気。ほかにも和食全般を取りそろえている。もともと同店の前身は90年代にシティのど真ん中にあった「麻生十番」というレストランで、当時からのファンだという人も多い。
今回は今の季節にぴったりの鍋焼きうどんを紹介してくれた。細めの上品な麺はしこしこ感と同時にふわふわ感ががあり、つるつると軽い口あたりもなめらかだ。その麺がしっかりとしたうどんだしに最高によく合う。ぶりぶりの海老の天ぷら、半熟の落とし卵、肉厚のシイタケも幸せ気分を盛り上げてくれる、本格的な日本の味。
一方のラーメンは、ザーサイ・ラーメンが出された。一度食べたらはまってしまう人も多いとのことで、なるほどシイタケ、タケノコ、そして豚挽き肉とサーザイが互いの味を引き立て合い、自慢の麺との相性もばっちり。
さらに、こちらも特筆するに値する餃子の皮も同様に自家製なので、日本人好みにごく薄い皮に仕上がっていて、つるつるシコシコしているのが驚きだ。シドニーにも自家製麺の店はほかにあれど、餃子の皮まで自家製にしている店はなかなかない。中の肉もジューシーで、百点満点!
麺類はラーメンは9種、うどん8種、焼きそば2種、焼うどん3種。しょうゆとみりんでいくらを漬け込んだ自家製いくら焼うどん($18.50)は、そそられるメニュー。
5時までは味噌ラーメン+餃子(5個)が$14.50、きつねうどん+寿司ロールも$14.50という、超お得なディールがあるので、ぜひ試してみて。
なお、同店の自家製麺はテイクアウXウィ用に生麺だけでの購入も可能。同店の麺を家で美味しく食べるためのちょっとした秘訣も教えてもらえる。

Komachi
426 Cleveland St., Surry Hills
☎(02)9319-6554
日月水木11:30AM~10PM、金土11:30AM~11PM 火休
BYO
http://www.komachi.com.au