オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

Surry Hills” タグの投稿

3ハッツ常連の最高峰の料理、マーク

ウナギのスモークとパルメザン・ニョッキ(デガステーション8コース$160から)

ウナギのスモークとパルメザン・ニョッキ(デガステーション8コース$160から)

和牛とキャベツ(デガステーション8コース$160から)

和牛とキャベツ(デガステーション8コース$160から)

ココナツ、マンゴーとマスタード(デガステーション8コース$160から)

ココナツ、マンゴーとマスタード(デガステーション8コース$160から)

marqui_inw

marque_exw

日本でもお馴染みビル・グレンジャーのビルズ・サリー・ヒルズ店とカイリー・クォンのビリー・クォンというセレブ・シェフ2人が構える店に挟まれたサリー・ヒルズで最も格式のある一流レストラン。シドニーに居るなら絶対試したいファイン・ダイニングのひとつでSMHGFGの3ハット常連でもあり、ニューヨーク・タイムスにも絶賛されている。
ウナギのクモークとパルメザン・ニョッキは、目でも美味しく、そして舌が感動する一品。
和牛とキャベツの一品は10秒間だけ火を入れた和牛の完璧な火加減をほんのりと発酵させたキャベツの酸味が引き立てる。
デザートのココナツ、マンゴーとマスタードも、まさに衝撃の味で、マスタードをデザートに取り入れるというアイディア自体、脱帽だ。
さらに、シグネチャー・ディッシュでもあるソーテルヌ・カスタードは仏ボルドー地方の甘口の白ワイン、ソーテルヌの香り豊かなデザートで、ほろ苦いキャラメル風味の大人のカスタードだ。
8コースのデガステイション・メニュー($160)には、マッチング・ワイン付き(プラス$85)、沢山お酒を飲めない人におすすめなマッチング・ティー付き(プラス$45)もあり、さすが一流店の料金設定だが、ほかに5コース($95)、さらに金曜日のランチは3コース($45)など、比較的お得な価格もあるので記念日などにぜひ足を運んでみたい。

Marque
4/5 355 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 9332-2225
ランチ金12PM~2:30PM(ラスト・オーダー)
ディナー月~金6:30PM~Late、土6PM~Late
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
2 hats, Score 17.5/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


1ハット店の洗練された料理をお手頃価格で、ザ・デヴォンシャー

レッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

レッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダ(ランチ3コース$35)

ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダ(ランチ3コース$35)

フリー・レンジ・チキン($36)

フリー・レンジ・チキン($36)

ヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)

ヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)

ビター・スウィート・チョコレート・ムース&ソルベ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

ビター・スウィート・チョコレート・ムース&ソルベ(デガステイション・メニュー$90/マッチング・ワイン付き$130)

TheDevonshire_inw

TheDevonshire_exw

入り口を入ると壁一面にさまざまな鏡がかけられ、壁と落ち着いたトーンのシックなインテリアが雰囲気抜群の中、ヨーロッパのギャルソンのような綺麗な少年たちがソフトにサーヴィスをしてくれる1ハット店。
デガステイション・メニュー($90/マッチング・ワイン付き$130)からレッド・ペッパー&ヘアルーン・トマト・ガスパッチョの美しさとさわやかな味に酔いしれる。マッチング・ワインは、フランスのサヴォワ産の白で。
ホット・スモークド・キング・サーモンのフェンネル・サラダはランチの3コース($35)の1コース目(メニューは週変わり)。フェンネルと揚げた蕎麦の実のトッピングとサーモンの組み合わせが斬新。
ア・ラ・カルトのメインから、フリー・レンジ・チキン($36)は、トルテリーニがふわふわでコーンの味わいとアスパラガスとの相性が抜群。
デザートのヴァニラ・ハニー・ヨーグルト($16)は、ヨーグルトとマンゴー、ミルク・ゼリー、ブルーベリーとナッツという贅沢な一品。もうひとつのデザート、ビタースィート・チョコレート・ムース&ソルベは一変して大人の味わいで、ほろ苦さと冷たさがたまらない美味しさ。
ランチは金曜のみだが前述の通り3コース$35、「これだけクォリティが高いのに、この金額でいいの?」という驚きの料金だ。
ディナーにおいては、6pm〜8pmでのプレ・シアター・スペシャルもあり、こちらも2コース$47というリーズナブルさ。アントレとメインから一品ずつ選べてお得感たっぷり。

The Devonshire
204 Devonshire St., Surry Hills
☎ (02) 9698-9427
ランチ金12PM~2:30PM
ディナー火~土6PM~10PM
酒類ライセンスあり

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
1 hat, Score 15/20 by SMHGFG2014 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2014)


珍しい本格オーストリア料理に注目、ビストロ・ロートリッシュ

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

イェーガー・シュニッツェル($22.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

ビーフ・グヤーシュ($20.50)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

朝食/ランチ・メニューのファーマーズ・パンは目玉焼きだけではなくスクランブルなど好きな卵の調理法を選べる($15.90)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

アップル・シュトュルーデル($7.50)

Bistro L'autriche_inw

Bistro L'autriche_exw

2013年6月にオープンした店。店名にある”ロートリッシュ”は、フランス語で”オーストリアの”という意味だが、なぜわざわざフランス語で”オーストリアのビストロ”という名前をつけたのだろう。謎の答えは単純。オーナーは3人で共同パートナー制で、うちシェフ2人はフランス人とオーストリア人ということなのだ。ちなみにもうひとりのオーナーでフロアを取り仕切るポーリーンはオランダ人。
というわけで同店ではシドニーでは珍しい本格オーストリア料理をはじめ、フランス、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパ各国の家庭料理が楽しめる。内装もヨーロッパ調で、鹿の剥製がどーんと壁にかかっていたり、こちらも鹿の角の形にデザインされたシャンデリアなど、ヨーロッパ田舎風の洒落た雰囲気。中庭もカラフルで居心地のいい空間を演出している。
朝食/ランチメニューはフレンチ・トースト($10.90)、パンケーキ($8.50)、1人用の小型の鉄製フライパンで焼かれそのまま出される熱々メニューが5種($12.90〜$15.90)など、どれもヴォリュームたっぷり。フライパン料理にはパンは添えられず、代わりにいずれもジャガイモの千切りを焼いたロスティがフライパンの底に敷かれ、サクっとフワっとしたロスティは食べ応え充分。
さらにヴォリュームがたっぷりなのはディナー。イェーガー・シュニッツェル($22.50)は20センチ以上に広げた巨大なチキンにたっぷりのマッシュルーム・ソースが。さすがシュニッツェル発祥のオーストリア人シェフ作とあって、シドニーで食べるそのへんのシュニッツェルとは比べ物にならない美味しさ!みっちりとジューシーなチキンにピタっと張り付いた薄い衣はカラッとしている。シュニッツェルはほかも2種類あり、いずれもロスティと赤キャベツのサラダ付き。
ハンガリーの煮込み料理のグヤーシュ($20.50)はカイエン・ペッパーがスパイスになっているが特に辛いわけではなく、牛肉はほろほろ。こちらもロスティが付いてきて大満足。
ドイツ名物ポーク・ナックル($25.90)は自家製のザワークラウトもたっぷり添えられ、皮がパリッパリの骨付き豚の大きさに圧倒される。
日本人にはいずれもかなりヴォリュームなので、例えば3人で行ってアントレとメインを2品ずつシェアするといった食べ方をおすすめ。またはあれこれそろったアントレをタパス感覚でいくつかオーダーして、こちらも単品でオーダー可能なロスティ($5.90)やザワークラウト($5.90)などと楽しんでも。アントレにはカマンベールのフライ($11.90)、マッシュルームのパン粉焼き($11.90)、ビーフ・コロッケ($9.50)、ダック・テリーヌ($13.90/パン付き)などが。サラダもスイスのソーセージ・サラダ($12.90)、チキン・シュニッツェル・シーザー・サラダ($15.90)、フランスのニコイス・サラダ($15.90)など6種。
デザートもすべて自家製で、オーストリア名物のアップル・パイ、アップル・シュトュルーデル($7.50)は、リンゴがゴロゴロはいっており、ホクホクしてあっさりした美味しさ。ほかにもスティッキー・デイツ・プリン($7.50)、クリーム・ブリュレ($6.90)など自家製なのに料金も良心的だ。
金土は予約不可なのでその点だけ注意。

Bistro L’autriche
509 Crown St., Surry Hills
☎ (02) 8399-2827
月3PM~10PM、火~金10M~10PM、土日8AM~10PM
酒類ライセンスあり、ワインのみBYO可

*2014年1月の情報です。(Japaralia Feburary 2014 サリー・ヒルズ特集掲載記事)