オーストラリア(シドニーとちょっとメルボルン)のグルメ情報

12月, 2012 のアーカイブ

シドニー初のファイン・ダイニング南米料理、モレナ

アミューズ・ブーシュのホウレンソウの春巻き

アミューズ・ブーシュのホウレンソウの春巻き

セヴィーチェ・ペルアノ($25)のソースは洗練された酸っぱ辛さでピンク・スナッパーに合う上品な味

セヴィーチェ・ペルアノ($25)のソースは洗練された酸っぱ辛さでピンク・スナッパーに合う上品な味

セヴィーチェ・アナゾニコ($25)はサーモンにキス・パペというトマトを小さくしたような丸い生チリからプニュッと辛さが口の中に広がり、甘いスウィート・ポテトの付け合わせがまたソースの辛さを引き立たせる

セヴィーチェ・アナゾニコ($25)はサーモンにキス・パペというトマトを小さくしたような丸い生チリからプニュッと辛さが口の中に広がり、甘いスウィート・ポテトの付け合わせがまたソースの辛さを引き立たせる

カウサ・デ・パルポ・ア・ラ・プランチャ($24)は軽く炙ったタコとマッシュ・ポテトにクマリ・ペッパーという緑色の楕円形の生チリがアクセント

カウサ・デ・パルポ・ア・ラ・プランチャ($24)は軽く炙ったタコとマッシュ・ポテトにクマリ・ペッパーという緑色の楕円形の生チリがアクセント

本日の魚料理($35)はバラマンディと貝、ホウレンソウ、アスパラがムール貝とアサリのソースと絡み合いまろやかでほんの少しピリ辛のバランスが絶妙

本日の魚料理($35)はバラマンディと貝、ホウレンソウ、アスパラがムール貝とアサリのソースと絡み合いまろやかでほんの少しピリ辛のバランスが絶妙

ピスコというペルーのブドウで作られたアルコール度数22度のリキュール

ピスコというペルーのブドウで作られたアルコール度数22度のリキュール

ヘッソシェフのAlejandro Saraviaさん

ヘッド・シェフのAlejandro Saraviaさん

morena_exw

morena_in2w

バーク・ストリート側に入り口があるが、コンプレックス・ビル全体の中庭側に大きく面した南米料理レストラン。オーナーのサメッドさんが建築家で斬新かつスタイリッシュな心地良い空間を提供、洗練されたインテリア、そしてシドニーでは唯一のピスコ・バーにもなっているオープン・キッチンがある。もうひとりのオーナー・シェフでペルー出身のアレハンドロさんは30 歳。ペルーを中心にコロンビアやアルゼンチンなど南米の料理について語り出したら止まらない情熱家。ラテン・アメ リカのファイン・ダイニングはフランス料理に近いサーヴィスを提供しているといい、同店ではそれを再現してアミューズ・ブーシュと自家製のパンはサーヴィスでサーヴされる。店内の客のほとんどが食前酒として飲むのは、ピスコというペルーのブドウで作られたアルコール度数22度のリキュール。レモンやカシスでミックスされたサワーのカクテルが15 種類、中にはコカの葉をピスコに漬け込んだコカ・ピスコというメニューもあり。そのほか、チリ産も含め料理に合うワインもそろっている。
料理は酸味と辛さが特徴。チリやペッパーの種類が豊富で味の幅が広いのに驚かされる。アミューズ・ブーシュのホウレンソウの春巻きはキャラメライズド・オニオン・チリ・ソースがポイント。セヴィーチェ・ペルアノ($25)のソースは洗練された酸っぱ辛さでピンク・スナッパーに合う上品な味。セヴィーチェ・アナゾニコ($25)はサーモンにキス・パペというトマトを小さくしたような丸い生チリからプニュッと辛さが口の中に広がり、甘いスウィート・ポテトの付け合わせがまたソースの辛さを引き立たせる。カウサ・デ・パルポ・ア・ラ・プランチャ($24)は軽く炙ったタコとマッシュ・ポテトにクマリ・ペッパーという緑色の楕円形の生チリがアクセントで、今回紹介の中でも特に素晴らしい味わい。本日の魚料理($35)はバラマンディと貝、ホウレンソウ、アスパラがムール貝とアサリのソースと絡み合いまろやかでほんの少しピリ辛のバランスが絶妙。キヌア・ザ・マザー・グレイン($32)は赤、黒、黄のキヌアが酸味を持たせて炊かれていて上品な味に仕上 がっている。
デガステイションは2種類。6コースのテイスト・オブ・ペルー($115、マッチング・ワイン付き$150)、5コースの南米ジェネラル($85、マッチング・ワイン付き$115)。 全員ペルー人のスタッフはフレンドリーなだけでなく、誠意を感じさせる素晴らしいサーヴィスを提供してくれる。

Morena
15/425 Bourke St. Surry Hills
☎ 0405-902-896
ランチ(金~日)12PM~3PM、ディナー(火~日)6PM~Late
酒類ライセンスあり

*2012年12月29日の情報です。(Japaralia August 2013 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
Score 14/20 by SMHGFG2013 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2013)

広告

1ハット受賞の新和食レストラン、梅

炙ったホタテのカルパッチョCarpaccio Seared Scallop($19)

炙ったホタテのカルパッチョCarpaccio Seared Scallop($19)

クリスタル・ベイ・プラウンのグリル Grilled Crystal Bay Prawns($19)

クリスタル・ベイ・プラウンのグリル Grilled Crystal Bay Prawns($19)

ストロベリ&クリーム Strawberries & Cream($15)

ストロベリ&クリーム Strawberries & Cream($15)

ume_inw

ume_exw

昨年6月にオープンするや、なんと6 月末が審査の2013年度シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイドで初登場にして1ハットを受賞した話題店。壁に大きく描かれた梅の絵柄のスプレー・ペイントが印象的。
フロア担当のヒロコさんの夫で弱冠28 歳のオーナー・シェフのカービーさんは、テツヤズでシェフ修行をスタート、ロンドンとカナダ・ヴァンクーヴァーのミシュラン・ファイン・ダイニングを経てシドニーに戻り、12 年度1ハット受賞の日本食店Koi で働き始めるや7カ月でヘッド・シェフになったという経歴の持ち主。懐石料理が大好きだという。
季節ごとに年4回変わるメニューはいずれもハット受賞がうなずける繊細さ。ホタテを薄くスライスしてサッと炙り、焦がしバターじょうゆとオーストラリアのネイティヴ野菜フィンガー・ライムで味付けした炙りホタテのカルパッチョ($19)はシグネチャー・ディッシュ。クリスタル・ベイ・プロウンのグリル($19)は火の入れ加減が素晴らしく、ベイビー・サン・ローズと塩麹に漬けたチャット・ポテトが味にメリハリをつけている。TV 番組「シドニー・ウイークエンダー」でも紹介されすっかり有名になった繊細なデザート、ストロベリー&クリーム($15)は、下に置かれたイチゴのゼリー・スライスが未体験の食感と美味しさ!
デガステイション・メニューは8コース$80 とお得で、それぞれの料理も素晴らしいがデザートの抹茶プリンのファンが多いという。

Ume
478 Bourke St., Surry Hills
☎ (02)9380-7333
ランチ(金~土)12PM~2:30PM(ラスト・オーダー)
酒類ライセンスあり

*2012年12月28日の情報です。(Japaralia Feburary 2013 サリー・ヒルズ特集掲載記事)
☆ワン・ハット Score 15/20 by SMHGFG2013 (The Sydney Morning Herald Good Food Guide 2013)


ファイン・ダイニング級のカジュアル店、イーツ・イタリアン・ピッツェリア

プロシュートとロケットのピッツア($21)

プロシュートとロケットのピッツア($21)

アンティパスト・ミストAntipasto Misto($13)

アンティパスト・ミストAntipasto Misto($13)

パンナ・コッタPanna Cotta($10)

パンナ・コッタPanna Cotta($10)

eatsitalian_exw

eatsitalian_inw

テイラー・スクエアをフリンダース・ストリートに入ってすぐのバス停目の前に2カ月前にオープンしたばかり。トスカーナ 地方出身のオーナー・シェフ、ルカさんが本場イタリア式のピッツァを提供。イタリア製の粉を使ったハンドメイドの生地は、他店では未体験なほど軽くて伸びがあり上品な味わい。それに厳選された素材を載せ、最後にエクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルをふりかけてサーヴされる。
ピッツァはトマト・ソースをベイスにした“レッド”と、モッツァレラ・チーズがベイスの“ホワイト”、中に具を挟み折り畳んだ状態の“カルゾーニ”の3つのスタイルが、日替わり2種を含み計19 種類のメニューで楽しめる。プロシュートとロケットのピッツァ($21)は、あっさりとサラダ感覚で、でもしっかり食べ応えのあるヴォリューム。
アンティパスティ(アントレ)とサラダは3種類ずつ。アンティパスト・ミスト($13)は水牛のモッツァレラと甘めのトマトの相性抜群のカプレーゼ、プロシュート、ピリ辛のサラミ、サン・ドライド・トマト、そして手作りのブレッド・スティックの盛り合わせ。黒板に書かれたホームメイド・ラザニア($16)もそそられるメニュー。
ドルチェ(デザート)3種も手作り。パンナ・コッタ($10)は日替わりソースでストロベリーだったりイチジクだったり、ダーク・チョコとアーモンド・スライスだったり。
ファイン・ダイニング級の厳選素材を使いつつ、料金設定は完全リーズナブルで好感が持てる。さらに、コーケージなしのBYOという貴重な店だ。

Eats Italian Pizzeria
24 Flinders St., Darlinghurst
☎ (02)8964-9954
火~日6PM~Late 月休
BYO

*2012年12月18日の情報です。(Japaralia Feburaly 2013 サリー・ヒルズ特集掲載記事)